上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
ここはfriendship729spに関する、ブログやツイッター等のリンクを表示するエリアです。

天座澪一ツイッター(全年齢):https://twitter.com/amakurareiichi
friendship729spツイッター(全年齢):https://twitter.com/friendship729sp
マニアック卓球用具帝国・アバロン(FC2・全年齢):http://amakurareiichi.blog60.fc2.com/
地図から消えた村…皆稀村(アメブロ・全年齢・だめんばー限定):http://ameblo.jp/friendship729sp/
水着澪ラヴラヴ日記Ⅴ~Mio’s pigg is so cute!!(アメブロ・全年齢):http://ameblo.jp/amakura-mio/
天座澪一プロフ(全年齢):http://twpf.jp/amakurareiichi
澪つくし(ライブドアブログ・R18):http://miotsukushi.xxxblog.jp/
スポンサーサイト
06/04|friendship729spポータルエリア||TOP↑
かつて並行市場を大いに賑わせた、伝説の2枚のラバー。
片や、

世界初の已打底(疑惑の某日本製は除く)

で粘着離れしたスピード、カウンターと一世を風靡した、元祖大ヒットラバー。
片や、

テナジー64を超えた猛烈なスピード

と凄まじいカタパルトエフェクト、けたたましく鳴る大爆音、日本で5枚しか存在しない幻のスーパーラバー。
あの感覚が忘れられず、いまださまよっている人はいると思いますが、
1番問題なのは何より、それらの現行モデルが

当時と別物

になってしまっていること(◎_◎;)
それはそれでアリなのだが、元祖を追い求めている人のコレジャナイ感を払しょくするのは難しい。
しかし、大元とは異なる別のメーカーがついに成し遂げた!
難民ユーザーへのファイナルアンサー!
なおかつ、プラボールに対応して帰ってきたよ!
それが、タットルの

サウスポール!

3IMG_7437.png

ノースポール!

3IMG_7438.png

であります(`・ω・´)!
名前は姉妹ながら中身は全く異なるものの、共に伝説のラバーを再現した存在として、
今回同時にレビューしちゃいます(*´ω`)
それにしても、何故

タットルなんだろ(爆)。

そもそも

再現する気があったかは不明(爆)。

まあコンセプトは不明ながら、開発意欲があってなおかつまともな品質管理をしているからこそ、なしえたことだよねw
倒産しちゃったり迷走を繰り返すメーカーじゃ、やっぱり無理だ←

まずサウスポール。

3IMG_7251.png

3IMG_7253.jpg

デザインがイマイチロゴ買いするようなものではないけど、無難。
ロゴだけ見てると、ハイパーな性能は期待出来ないねw
まあコテコテの中国デザインにされるよりはいい。
ただタットルは中国製の中でもかなり品質が良く、製品不良は少ない。
シートはつやっとしていて微粘着。
流石にテンキョクよりは粘着あるけど、だいぶ薄い方だとは思う。

3IMG_7252.png

それよか、サウスポール最大のポイントは

シートの厚さ!

粒の低さ!

ブラックスポンジ!(赤はスポンジ色が違うかも)

あの伝説ラバーほどシートが厚くて粒が低いとまでは言えないものの、
最近の中国ラバーとしては異例の構造。
いやもうこれ、パッと見あのラバーを思い出しちゃうでしょw
伝説のアレ、今も販売はしているわけだけどもはや完全に別物で、
軽量化をするためにシートが薄くなってしまった。
結果、擦ることも出来ず弾くことも出来ず、どうにもならない中途半端なラバーに。
確かに軽くはなったけど、何がやりたいのかさっぱりで、一気に下火になりました。
以来、代替品を求めてさまよっていた人は多いんじゃないでしょうか。
某3は元の形に近いんだけれど、一瞬で真っ白になってしまう極悪品質で、
到底使える代物ではない上に性能自体も昔より落ちているのがね…。
そこに目をつけたかどうかは分からないけれど(爆)、
何はともあれ代替できるものが登場したわけですよ\(^o^)/!
サウスポールの特徴は、シートが厚めにもかかわらず

軽い!

硬度が38度程度で、已打底なのに膜がないという不思議な設計なのもありますが。
カット後、まず50gは行かないと思う。
わたしゃ某ラバーだと、39度以上しか使ってないので余計に重かったのかもだけど(;^ω^)、
55g以上は覚悟しないといけなかったからね!
球突きしてみると、硬度が高くないので少し食い込みがある。
手持ちで現存している某ラバーは40度で、そりゃもうカチコチですよwww
これだとプラではきついので、サウスポールは妥当な硬度かと。
とはいえ、中国ラバーにソフトなラケットは禁物なので、だいぶハードめのラケットを選びました。

元々スピードには定評のあるタットル。
弾みで不満を覚える人はないでせう。
粘着としてはかなり速い。
で、まず打ってみて分かるのが

弾道の低さ!

プラボールになってから、特に中国ラバーは上に飛びすぎるものが多くて、
性能が良くても弾道が合ってないものが多かった。
昨年「いいよ!」と言ったラバーでも、弾道は上向きでオーバーミスになりやすいものが殆ど。
それがサウスポールでは、劇的に改善されている!
シェイク選手には真っすぐ飛びすぎかな?と思うものの、
前陣で戦うことを考えればこの弾道は至極妥当。
何より、最近の超スピーディな打球点に対応するなら、こういう球筋でないとダメでしょう。
じゃあよくある槍弾道なの?というとさにあらず。
低く飛んで、

エンド間際で急激に沈み、ボールが伸びる!

スピード重視であるにもかかわらず、中国ラバーらしいクセ球を披露してくれるのもポイント。
これだけ低く飛んで伸びると、相手もさぞかし取りにくいんじゃないかと思う。
某ラバーもそういう弾道だったよね、

あっちは棒球も多かったけど(爆)。

次に来る感覚としては、已打底ならではの食い込み。

セミオートマで入るフォアハンド!

バチッバチッとやや已打底らしい感覚で食い込みながら、
適当に振ってもボールが勝手に入ってくれる。
中国ラバーは大抵、全部自力で振らないと球が入らないけれども、
サウスポールならある程度はアシストしてくれます。
なので、「セミオートマ」なのですw
流石にドイツラバーほどオートではないので、状況によっては自力で打たないと入らないボールもある。
食い込み量も、ドイツ製ほどじゃないしね。
それはともかく食い込みがあるということは、基本的な打ち方が当て打ちになります。
普通の擦り専用な中国ラバーに比べたら、軟らかめになるし直線弾道なので、
下に落ちないように面を立てる必要があるかと。
慣れてしまえば難しくないものの、ルーパーな人には向かないかな(´-∀-`;)
じゃあ擦るのは苦手?と言ったら、そんなことはない!

シートが厚いおかげ

で、微粘着の割にサービスやツッツキ、擦るドライブも案外いけます。
猛烈な回転というのは無理なものの、スピン量が足らないということはないはず。
しっかり振り切ればループドライブも出来るし、ツッツキも切れる。
やや似通ったタットルの粘着ラバーが別にあるけれど、
そちらはシートが薄くて擦るのがイマイチだった。
サウスポールはそこが改善されているので、スピード重視にもかかわらず引っ掛かりも及第点です。
ま、しかし基本的には私が良く言う、

バスタードソードでぶった切る

ようなどっこーんと飛んでいくラバーだけどねwww
そういうラバーって簡単に取られやすいんだけど、何故かサウスポールは

球が重め

です。
シートが厚いおかげかもしれぬ。
元々弾みが良い上に食い込むので、

後ろに下がっても飛ばせます!

中陣くらいなら盛り返せると思う。
プラ以降、中国ラバーは殆ど中陣から負けずに返せるラバーがなかったけど、
サウスポールは飛ばせるので下げられても安心。
前で打ちあうだけでなく、意図的に大きいラリーに持ち込んでもいいんじゃないかな。
某ラバーがヒットした要因として、フラット系技術のやりやすさもあったと思うけど、
サウスポールでも当然健在。
中国ラバーとしては異例の

スマッシュ、フラット、カウンターの打ちやすさ!

ドライブじゃなくて、そっちを主体にする人もいるんじゃないw
弾く感覚の強いラバーなので、違和感なくフラット打ち出来ます。
弱点としては、

ショートでちょっと浮いてやりにくい(-_-;)

軟らかいラバーの方がショートはよく入るけど、サウスポールはそこまでぷにぷにではないので、
どうしても浮きます。
まあ、慣れるしかないかも。
シェイクの人には関係ないねw

タットルには少し前に出たラバーで、性能はいいんだけどシートが薄く、
スピン性能に不満を覚えるあるラバーがあった。
「シートさえ厚ければ最高なのに」と思ったところへ、サウスポールは救世主のごとく舞い降りたわけですよw
しかもブラックスポンジを引っ提げてwww
あの伝説のラバーも、シートを薄くして軽量化し、代わりにスピンを犠牲にしたので大失速した。
某緑スポンジのドイツラバーも、シートの厚いアレをなくすべきではなかったと思う。
サウスポールはスピン重視のラバーではないですが、
ボールを捉える感覚は薄シートのラバーと比べて段違いで、やはり中国ラバーはこうあるべきと納得。
プラ以降、私の主なラバー変遷はまず「粘着は死んだ」というところから始まり(爆)、
ドイツラバー→ナルワンブラック→HKゴールド→タイチソフト已打底→AKレッド→888-1と来て、
ようやく満足出来るラバーが出たかなと。
サウスポール、得点をつけるならば

88点\(^o^)/

スピン量が惜しいので、90点はいかないw
因みに、結構推していたHKゴールドがサウスポール比で言うと、68点(爆)。
888-1も75点くらいw
もし、サウスポールが一部のタットルラバーで採用されている、特許技術を使ってスピンを上げていたら、

100点出したと思う←

何で搭載しなかったんだー!
マジで勿体ないわ!
なお、サウスポールは中国ラバーとしては「スティフ」くらいの硬度なので、
ラケットはハードなものをオヌヌメしまふ。
ややハードくらいだとダメかな、最初それくらいのラケットに貼りましたが、
いい球筋が出なかったのでラケットとの相性は重要です。
その代わり、中国ラバーの定説とも言うべき薄ラケでなくても合わせられるというメリットがあるので、
私なんざ

6.5mm5枚合板(但し焼きラケ)

に貼ってますw
あの伝説ラバーも6mm超えラケットと相性よかったし、やっぱり似てますな。

さてお次はノースポール。

3IMG_7254.png

中国製って非粘着と言いつつ、結構ぺたぺたするものが多いけれど、
ノースポールはおおよそ非粘着といってもいい。
完全非粘着とは言えないものの、バックに貼っても指が気になりませんwww
むしろ気になるのはこっち!

3IMG_7257.png

うおおおおい!
シートのテンションが強くて端が浮きかけてるやんけwww
かつての

某ラバーX25(爆)

も、こんな感じで端が浮いてくるラバーでした(´-∀-`;)
某ラバーみたいに粒が浮くような見た目ではないものの、
相当強力にテンションがかかってるのは間違いない。
なので、しっかり接着の後、

クリッキープレス必須でーす!!

持ってないなら、本を重ねて1日圧着しませうw
シートの雰囲気からしてあのラバーにそっくりで、いやがおうにも期待は高まるwww

3IMG_7255.png

スポンジは残念ながら、某ラバーと同じイエローではなく、淡いピンクのような色合い。
サウスポールと共に、

モニカテンションスポンジ

というらしいんだけど何じゃそれw
今回貼ったのは37度で、ややぷにぷにした感じながら、
某ラバーほどの食い込みまではいかず。
もっと硬度の低いバージョンないかな~と思ってます。

そして実打してびっくり。

「まるで○○○○やんけ!!」(全部伏字www)

たまたまラケットを弾むやつにしていたのですが、
それと相まって豪速でバキンバキンとグルーを疑うレベルの爆音を鳴らしながら、
普通では入らないようなボールが簡単に入る!
スピンや打球点を無視してテキトーに打っても入る。
サウスポールはセミオートマと言いましたが、ノースポールは

自動運転レベルwww

あーもうなんつーか、グルー時代に戻ったみたいな感覚w
ノースポールで打っていると、難しいことを考えなくても入るので

頭が悪くなります←

相手のスピンを殆ど無視して横殴りにひっぱたけば、ことごとく入る。
さっきから「入る」しか言ってないwww
要するに、フラット系打法が非常に得意で、手打ちでさえなければスマッシュは百発百中、
ショートもバカバカ鉄壁で返せるどころか、プッシュ倍増しで返せますね。
ドイツラバーで言えばいわゆるビッグスラム系なわけだけど、
ドイツラバーと違うのは中国製らしい

シートのむっちり感、ボールの威力、

そういうものを感じながら打てます。
ビッグスラム系って確かによく入るけど、底を打ってるような頼りなさと復元力の弱さ、
不安定さを感じることが多いと思う。
ノースポールはドイツぷに系ほどソフトではないものの、
代わりに押されない力強さを感じるわけです。
当然、強気に押していけるしフォアハンドでも使えるコシがあります。
片側にドイツ製ぷにラバーを貼って打ち比べてみたけれど、
スピードは同じくらいながらやっぱり「ちょっとなー…」と威力不足、
頼りなさを感じてしまう。
じゃあノースポールは非粘着なので、スピンが弱いかと言えばさにあらず。
但し、

擦り打ちは完全に無理ですwww

擦り打ちするとスリップしてボールが落ちます(´-∀-`;)
合成ゴム系ドイツラバーと同じようなものなので、チキータは苦手な類。
ドライブを打つときは、必ず

食い込ませて打ちませう(/・ω・)/

下回転やナックルをドライブするときでも、
食い込ませなければならないので擦り打ちしか出来ない人には向いてないですが、
食い込ませてドライブが打てる人ならそれほど問題ではないでしょう。
スピン自体がそんなに劣るわけではない証拠に、

サービスも案外いけるよ!

下手なスピード重視の中国ラバーよりは切れるんじゃない?
併し、ツッツキは流石に少し浮きますね(-_-;)
短く止めるのも難しいので、そこら辺は我慢。
全体的に言って、

上回転には猛烈に強く下回転にやや弱い

のは確かです。
それでも、プラではセルロイド時代ほど下回転が重要ではないので、
台上を除けばそれほど致命傷にならないとは思います。

流石にあのX25を完全再現というわけにはいかなかったけれど、

X55、X70、X30程度には再現されてるwww

伝説のラバーと比べ、ラバー単体でのスピードは劣る(といってもドイツスピンと同程度)ので、
「あの豪速」を再現するには

ファスト級ラケット

が必須です。
とにかくスピードの出るラケットに貼ってやれば、物凄い勢いで往復ビンタ出来る

狂人になれること間違いなしwww

普通、スピードの出る組み合わせってコントロールが難しく、
ミスが増えるものだけど、ノースポールは豪速セットにしてもミスが出ない。
これは凄いよね!
てか、

フォアサウスバックノース

で完璧じゃね(爆)?
私の感覚では、ノースポールをバックで使うならもう少しだけソフトな方がいいんだけど、
これでも十分と思う人はいるでしょう。
とにかくよく入るので、

たっきゅんが楽しくなること間違いなし(*´ω`)!

中学生辺りにノースポール使わせたら、ミスが少なくなって下手なラバーより勝てることもあるんじゃない?
あとは練習量が少なくて、どうしてもミスが出てしまう社会人の人。
ノースポールなら確実にミスを減らしてくれます。
欠点としては、擦れないとか下回転に弱いとかそんなことよりも、
プレイが単調になりがちなので後半慣れられる可能性があること。
ま、猛打にものを言わせて

さっさと勝ってしまえばよろしwww



アバロン提携並行ショップ「卓球中国ラバー専門店MASAKI」 アバロン提携並行ショップ「卓球中国ラバー専門店MASAKI」 アバロン提携並行ショップ「卓球中国ラバー専門店MASAKI」

↑日本で唯一の取扱店、お求めはこちらで!↑

09/11|タットル||TOP↑
プロフィール

friendship729sp

Author:friendship729sp
性別:男性
誕生日:6月4日 8時頃
血液型:O型
お住まいの地域:愛知県







自己紹介:Yahoo!知恵袋卓球カテ元1位、「friendship729sp」のIDは当時使用していたラバー名が由来。
「天座澪一」は同人用HN。
アバロンはかつて存在していた自クラブで、旧アバロンウェブサイトは用具レビューの先駆けであった。
既に公式大会を引退、趣味で並行用具等を試す日々。
プレイスタイルはサービス主体(爆)の前陣ドライブ攻守型。
ヘッダーのおにゃのこはアバロンマスコットキャラ・七瀬巳優(みゆう)。

好きな選手(引退含む、順不同):韓陽、オヤマ、マツモト、金擇洙、キム・ソンヒ、王晧、松下大星、于沈童、楊影、劉国梁、田崎俊雄、グルッバ、小山ちれ、ハラホバ、郝帥、孔令輝、クランパ、ホーマン、邱貽可、馬文革、ビルト、李倩

使用ラケット:双魚・中国玘2中国式
使用ラバー:タットル・ノースポール・赤・37度・MAX
イーケント・ラド・黒・MAX(暫定)


使用ラケット2:スターウッド・ルイス55中国式
使用ラバー2:タットル・55A・黒・38度・MAX
デアウインド・レイヘ・赤・45度


※ご用のある方は、ブログテーマ「メールフォーム」からご連絡ください。








安心・安全・低価格
アバロン提携並行卓球ショップ
↓「卓球中国ラバー専門店MASAKI」↓

アバロン提携並行ショップ「卓球中国ラバー専門店MASAKI」


にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ
にほんブログ村



ブログパーツ
最新の記事一覧
ブックマーク
ブロとも申請フォーム
ブログテーマ一覧
ブログ内検索
アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。