英語で発音するなら「ウォンド」のが正しいかな?

まあメンドくさいのでワンドにしておきますがw

NEOや藍鯨など、テンション中国ラバーが活況な中国ラバー市場ですが、

その中においてあくまで地味であり続けるグローブ社(笑)。

それに業を煮やしたのか、ジュウイックは独自に999API出しましたけどwww

「何を出しても変わり映えしない」とさえ言えるラインナップで(苦笑)、

その中では



パッケージが



なかなかカッコいい(ラバーじゃないのかよ!?)のが今回の「魔仗」こと、

マジックワンドですヾ(@^▽^@)ノ


マニアック卓球用具王国・アバロン


炎の燃え上がる、この「魔仗」の文字に惹かれて買いますたw

ファンタジー世界を彷彿とさせるネーミングもよいですな!

「ワンド」とは魔法使いなどが持つ、短めの杖のことです。

柄が長いと「ロッド」になります。

実はグローブのラバーの中でも、非常に手に入れにくい1品だったりします。

理由は分かりませんが。

名前からして、変幻自在の粘着プレイを予感させます。

粘着プレイとかいうと、何かエロいイメージが沸くんですが(#⌒∇⌒#)ゞ


マニアック卓球用具王国・アバロン


で、肝心のラバーはというと…地味(爆)。

あーグローブ臭が漂うわ?(;^_^A

あまりにも小さく、目立たないロゴ。

せめて「藍鯨」くらいの大きさには出来なかったのだろうか?

おかげで魔法の杖を買うというよりは、単なる平たいゴムを買ってる印象が…

(そのまんまやんけ)。

表面の粘着も微粘着です。

999同様、これと言って特徴の見当たらない風貌になってますね;

品質はとてもいいです。

傷一つなくピカピカですし、むしろ日本で売ってる999CHNなんかよりよいですよ。


マニアック卓球用具王国・アバロン


ラバー側面。

スポンジは白で少し軟らかめ、LKTの激流みたく、少しぶよぶよした感じのものです。

粒は縦目になっていますが、それによって打球感や飛び方が変わるというほどでは…f^_^;

球突きしてもまあまあ弾むという程度。

軟らかめの打球感で、テンションみたいなぶっ飛びや金属音もなく、

かといって凄まじい摩擦力があるわけでもありません。

ホントにコンサバだな?;;;

おい!「ひのきのぼう」ってあだ名つけてもいいか(笑)?

999CHNやブルースポンジよりは弾む印象です。

なので、グローブのラバーの中では弾む方ということで(苦笑)。


実際に打ってみましたが、ホントにフツーの中国ラバー。

日本製粘着より少し弾む感じの、ソフトな打球感です。

スピンもそこそこ、何をやってもそこそこ(笑)。

特徴ってあるのかをいwww

あ、裏面で使うって手はありますね。

ソフトなので裏面でも中国ラバーを使いたい人にはいいと思います。

重量もそんなに重くないですしね。

でもこれだったら、いっそ中国ラバーらしさのある999のがいいです。

まあ僕は「魔仗」の文字に惹かれたんでいいですがwww

補助剤使ったら化けそうな予感はするけどなー。

多分バック面専用のラバーなんですよねこれ。

せめて打球音だけでも特徴があれば面白いのですが、

非テンションではそれさえも叶わずorz


11/12|グローブコメント(1)トラックバック(0)TOP↑

そもそも999というラバーって、どこが元祖なんでしょうね?

今となっては今回のグローブもそうだし、メーカー自体999(三九)って名前のもあるし、

シュシャオファや、他にも山ほどOEM供給されてます。

それでも、1番有名な999はやっぱり、グローブでしょうね('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*)ウンウン

日本ではジュウイックが販売し、偉関選手が使用していたので知名度が抜群です。

最初に999を見たのは、ある地元のスポーツ用品店でした。

当時ジュウイックなんて知らなかった僕は、初めて見る999に驚き、

その場で買っちゃいましたwスポンジは薄だった気がするけれど。

他にもスピンスピールやカイザなど、未知のラバーがあってビックリしましたね(笑)。

当時のジュウイックなんて、エコロエフェクトもなかったし誰も知らないよ、

間違いなく(^▽^;)


カンケーないけど、ヤフー知恵袋で頻繁に現れるある中学生の女の子が、

質問で「安くてよい粘着ラバーはありますか?」との問いに僕が

「999CHNがオススメですよ」と答えたところ、実際に購入して気に入ってくれたようで、

他の質問でその子がひたすら、999CHNをアピールしまくってますね(*^▽^*)

メッチャ嬉しいんですけどvvv凄くいいとまでは言えないにしても、

2940円であの強力スピンは凄いよね。

パキンパキン言うあの打球音も面白いし(笑)。

ただ、全然飛ばねえ??????????ヽ(;´ω`)ノ


マニアック卓球用具王国・アバロン


さて、入手したのは孔令輝仕様でお馴染み、999ブルースポンジ。

グローブ社の品質は999CHNを見る限り、紅双喜やフレンドシップに比べると少し劣りますが、

このブルースポンジは全く引けを取らない美しさです*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

トップシートには傷ひとつないし、スポンジもしっかりしていて軽量で、

貼り合わせもヘンなところがありません。流石トップ仕様o(〃^▽^〃)o

あ、これ李菊選手も使ってたそうですよ?。


マニアック卓球用具王国・アバロン


ブルースポンジがカッコイイ( ̄▽+ ̄*)キラーン

今回入手したのは38度です。

表面の粘着は、思っていたより少ないかな?

最初は結構あるなと思ったけど、時間が経つとそれほど強力でもない。

ただ、非常にトップシートが軟らかいですね?。

これが孔令輝の必殺ブツ切りツッツキを生み出したんでしょうな!

球突きをしてみて、こちらは予想に反して結構弾みがあります。

まあ、かっ飛ぶというのとは全然違いますが、

普及モデルに比べたら雲泥の差です。


軟らかくてスピンがかかるとくれば、やっぱりカット用での出番でしょう!

ということで、弟にカットで使ってもらいました(-^□^-)

うーん、やっぱり切れますね、カット。よく回転かかってます。

スポンジが厚いので、ストロークよりも台上処理、ツッツキのがいい感じです♪

薄かったら相当重いカットになるんじゃないのかと。

ただ、中国ラバーらしいクセ球じゃないんですよね。

相手も取りやすい球が飛んできます。素直すぎてむしろビックリします(笑)。

カーブロングはやりやすいですよー♪ぐいぐい曲げることが出来ます。

侯英超並み(笑)?スピードは全然ないですけどね。

守備用ラケットだと、弾みが弱くて反撃しても球が遅いのなんのって(;´▽`A``

攻撃選手であれば、特殊繊維ラケットか7枚合板必須かな、と思います。


凄くいいラバーだな、と思いましたが、粘着の性質がちょっと普通です。

誰にでも扱えますが、もっとベタっとした感じの粘着だと、

更にいやらしさが増しますね。

これはまさに、時代を反映した草食系中国ラバーでしょう(;^_^A

むかしのDOやPF4なんて、クセがありすぎて肉食バリバリでしたからね(笑)!

うむ、ヤフー知恵袋のあの子には999ブルースポンジ、

ぜひ使ってもらいたいです(爆笑)。


03/12|グローブ||TOP↑
プロフィール

friendship729sp

Author:friendship729sp
性別:男性
誕生日:6月4日 8時頃
血液型:O型
お住まいの地域:愛知県







自己紹介:Yahoo!知恵袋卓球カテ元1位、「friendship729sp」のIDは当時使用していたラバー名が由来。
「天座澪一」は同人用HN。
アバロンはかつて存在していた自クラブで、旧アバロンウェブサイトは用具レビューの先駆けであった。
既に公式大会を引退、趣味で並行用具等を試す日々。
プレイスタイルはサービス主体(爆)の前陣ドライブ攻守型。
ショートとチキータが得意。

コンセプト:私は懐古厨でもレア好きでもない、変なものが好きなんだよwww
そこんとこ勘違いされませぬよーに( 一一)

傾向:ペンドラなので、概ね硬めの用具に対する評価が高め。
以前はスピード重視の傾向があったが、プラ以降はスピンを重視、弾みは二の次。

好きな選手(引退含む、順不同):韓陽、オヤマ、マツモト、金擇洙、キム・ソンヒ、王晧、松下大星、于沈童、楊影、劉国梁、田崎俊雄、グルッバ、小山ちれ、ハラホバ、郝帥、孔令輝、クランパ、ホーマン、邱貽可、馬文革、ビルト、李倩

使用ラケット:サンフレックス・サイクロプスSAT中国式
使用ラバー:三維・T88-1・黒・39度・MAX
三剣・紅龍ブラックスポンジ・赤・MAX


※ご用のある方は、ブログテーマ「メールフォーム」からご連絡ください。








安心・安全・低価格
アバロン提携並行卓球ショップ
↓「卓球中国ラバー専門店MASAKI」↓

アバロン提携並行ショップ「卓球中国ラバー専門店MASAKI」


にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ
にほんブログ村



ブログパーツ
最新の記事一覧
ブックマーク
ブロとも申請フォーム
ブログテーマ一覧
ブログ内検索
アーカイブ