上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑

先日ちらっと紹介したアムシールのファンタジーですが、

やっとまともに打つことが出来ましたので、正式にレビューします。

まず最初に言っておきますが、



凄いラバーでしたヾ(@^▽^@)ノ



補助剤時代に戻れるラバー、というべきでしょうか。

ノングルーに対応しきれない自分のへたっぴさとも相まって、

「卓球ってこんなに楽だったっけ?」と思えるようなすんばらすぃ?ラバーだと断言しておきます☆


先日、アムシールを「フランスのメーカー」と書きましたがドイツの間違いでした(;´▽`A``

スイマセンm(_ _ )m

その、アムシールのラバーが結構いいレベルにあることは、

以前紹介した粒高ラバー・センセーションでもお分かりかと思います。

今回は中国市場を見据えたものであろう、粘着ラバーのファンタジーです。

アムシールは2008年創設の新興ブランドだけに、

全てのラバーにITTFの新管理番号が入っています。

ファンタジーは「89?002」ですね。

ということは最新の粘着ラバーであるともいえます。

正直言って、日本の粘着ラバーはここ何年か、技術的に停滞していますね(-"-;A

それに比べて中国ラバーの進化は凄まじいものがありますが、

では他国はどうしたんだ!という中でのひとつの答えを、

このファンタジーが答えてくれるような気がします。


マニアック卓球用具王国・アバロン


さて、ファンタジーですが外見的には日本の粘着ラバーのように見えます。

併し恐らく、中国製なのではないかなと推測されます。

スポンジはドイツ製で、ハードミディアムスポンジとミディアムソフトスポンジの設定がありますが、

入手したものは多分、ミディアムソフトスポンジです。

バルク品でパッケージがないため、感触での判断しか出来ませんが…。

トップシートは非常に透明感があり、軟らかい。

粘着は微粘着で、日本の粘着ラバーと似たような感触かな。

TSPの粘着ラバーの粘着質に似ていると思います。


マニアック卓球用具王国・アバロン


ファンタジーのロゴ部分アップ。

センセーション同様、「amsir」のロゴがなかなかユニークなデザインでレア感たっぷりです♪

「choose your best」の文字もあり、まさしく僕もそう思うよ。

大手ばっかりが用具じゃねえ!

飛ぶ鳥を落とす勢いの同郷・アンドロに追いつき追い越してくれえええええ!!!


マニアック卓球用具王国・アバロン



ラバー側面。

スポンジはオレンジ色で、凄く軟らかいです。

では腰砕けかといえば、さにあらず。きちんと復元する弾力があります。

見た目にもドイツ製とは思えないんだけどね。

何も言わなければ、日本製スポンジだと思ってしまうくらい。

軟らかいんだけどきめが細かいから、そう思ってしまうんでしょうな。

粒は中国ラバー同様、やや太めで縦目になってます。


先日のインプレッションでも書いたことだけれど、

球突きをしてみて驚くのは、食い込みがあることです。

やっぱりドイツスポンジだからか?

併しドイツスポンジにありがちな、食い込みっぱなしではなくボールをしっかり弾き出す感覚です。

「食い込みがある」というのは、単にソフトというわけではなくて、

補助剤を使ったラバーのような食い込み方をするということ。

ノングルーのドイツラバーでは、食い込んでそのままスポンジが潰れ切ってしまうような、

コシのない気持ちの悪い食い込み方をするものが多いけれど

(プライド30°とかその代表)、

ファンタジーは全然感覚が違いますね!

なので本当にドイツスポンジなのか、今でも疑いたくなるくらいです(笑)。

まあ、流石にスピードグルーを使ったとまでは言えませんけどね(^▽^;)

だがこの感覚は素晴らしい!の一言に尽きます。

そして粘着ラバーなのにかなり弾みます。

裏面には「コクトーマン」こと国套?を貼っていますが、

国套?より遥かに弾む。

郭躍藍鯨には流石に及びませんが、粘着ラバーというよりテンションラバー級の弾みですよ奥さん(* ̄Oノ ̄*)

というか多分、スポンジがテンションなのでしょう。

食い込んだ時に若干、金属音が鳴ります。


前回はスポンジの貼り付きの悪さで、

ラケットから剥がれてしまいロクに試すことが出来ませんでしたが(苦笑)、

今度はしっかり貼りつけての試打です(^-^)/

もう、わくわくして仕方ないんですけどね!

で、2度目の試打となりましたがやっぱり食い込みます!弾みます!

使ってるラケットが大した弾みじゃないので、総合的に物凄く弾むとまでは言えないのですが、

弾むラケットに貼れば一撃必殺も可能だと思います( ・д・)/??=≡(((卍

そしてドライブがバシバシ決まる!

食い込んでのドライブは命中率がかなり高いです。

ノングルーにありがちな、食い込ませきれずにオーバーミスとかが全くない。

スウィートスポットが広く、もしインパクトが弱くても勝手に食い込んで飛んでいってくれる、

補助剤使用のような楽の出来るラバーだと思います!

食い込んで、ズドーンと射出されるあの感覚です。

粘着があるおかげで、台のギリギリでしぶとく球が沈んで入ってくれる。

食い込みがあるので、サイドを狙うのもお手の物です(°∀°)b

藍鯨ほどは飛ばないにしても、藍鯨の棒球感に悩まされているそこのアナタ(笑)、

ファンタジーは棒球が一つも出ないですよwww

弾みといい、スピンのかかり具合といい、食い込み具合といい、



スピンアートを先に体感しちゃってるような感触(笑)?



いや、スピンアート使ったことないけどね、当たり前ながら(;^_^A

ドライブの回転量は、微粘着なので物凄いというほどでもないけれど、

十分な量はかかってると思います。

表面の粘着以上に、食い込みによる引き攣れでスピンが増してる感じです。

だから相手がスピン量を間違えることが多い。

弾みがいいので、粘着ラバーでも中陣の引き合いが出来ますよ!

ショートでも、食い込んで相手のスピンを封じ込めてしまうので、

中国ラバーのように相手のスピンに敏感で、上に弾き飛ばしてしまうことがないです。

粘着ラバーとしては、相当相手のスピンに鈍感かと。

食い込むので飛ばしきれず、時々ネットに落とすときもありますが微々たるものです。

結構弾むのに、台上処理は物凄く短く決まりますo(^▽^)o

硬いラバーなら短く決まるのが当たり前なんだけど、

ファンタジーはソフトなのに短く止められる、稀有なラバーのひとつです。

フリックも違和感なく行えるし、ツッツキは鋭い。

あ?こりゃいいわ♪藍鯨より全体的にいいと思ってます。


あまり気にするほどでもないのですが、

完璧なラバーかと言われれば、わずかに弱点はあります。

まずは、サービスあまりかかってないです(苦笑)。

ドライブは引き攣れもあってスピンがかかるのですが、

サービスは中国ラバーと違いスポンジが軟らかいので、

薄く捉えてスピンをかけるのが難しい。

勝手に食い込んでしまってボーンと飛んでいってしまいます。

短く出すことは出来ますが、あまり切れてないですね。

次に、少し球が軽いです。

スカスカということはないけれど、中国ラバーのようなクセ球にはならないし、

フツーのドイツラバーの球威と変わりません。粘着ラバーにしてはね。

あと、最大の弱点であるのが、スマッシュが打てない(T▽T;)!

ソフトなので食い込みが大きく、スマッシュを打とうとしてもミス連発です><

球離れ遅ええええええ?。

これは藍鯨のようにはいかないな?。

でも、全然ダメというほどでもないので、

球離れの遅さに慣れれば多少はスマッシュも打てるのかなと思います。

少なくとも、手首で弾くプッシュは出来るので、スマッシュも可能でしょう、きっと。


そんなわけで、いたく気に入った僕はファンタジーに乗り換え決定ですー(≧▽≦)

全体的な性能と食い込みの感触の良さでは、今年No.1でしょう!

ただですね…僕が入手したのはあくまでバルク品で、

正規のパッケージではないので、少々品質が劣ります;

というのは、使用していてトップシートの端の方が剥がれてきちゃったんですよ!(´Д`;)

真ん中は大丈夫なので打球に支障はないですが、

購入したタオバオでのショップでも「接着がイマイチなので安くしてます」みたいな、

B級品であることを記載していますからね。

剥がれても、また圧着してやればくっつくというホールマークぶり(笑)ですが、

どーも気になるな???。

ま、大量に購入して維持してやるしかないですね。

バルク品なので激安ですし、じゃあドイツから市販品を輸入するかと言われると、

かなり高いので無理ぽです…orz

トップシートやスポンジ自体の品質、性能は問題ないですよ。

接着が弱いだけです。

それでも、冗談抜きでいいラバーだと思っていますヾ(@^▽^@)ノ

WRMに、アムシール商品の輸入をお願いしてみようかな(笑)。

ファンタジーの通常売価が35ユーロほどなので、

4500?5000円くらいにはなってしまいそうだけどね。

高い…でもそれだけの価値があるラバーですよ!

剥がれてもよければタオバオでバルク品をどぞwwww

そちらは750円ですからwwwwwwwwwww


スポンサーサイト
09/01|アムシールコメント(0)トラックバック(0)TOP↑

ドイツのメーカー・アムシール

(正確な読み方は知りませんが、取り敢えずこう読むのではないかとw)。

ここもまた、2008年に創設されたようで、

ラケット、ラバーは勿論ボール、接着剤、ユニフォーム、シューズ、

バッグ、ネットアセンブリなどあらゆる用具を揃えた、

新進気鋭かつ本格的な総合メーカーです。

日本もそろそろ、新しいメーカーが発足しないですかね?


そのアムシールのラバーで、今回紹介するのは、

センセーションという粒高ラバー。

アムシールには3種類の粒高ラバーがあって、

ハッキリ言ってどう性能が違うのかは分かりませんが(苦笑)、

このセンセーションが1番スタンダードなようです。

例によってバルク品なので、パッケージはありません。

パッケがあれば、性能もそれなりに分かるのにな…(-。?;)


マニアック卓球用具王国・アバロン


外観。

多分中国製なのではないかと思いますが、

粒のバリはなくそこそこ綺麗に出来ています。

若干、シートとスポンジの貼り合わせでしわの寄ってるとこがありますが。

ホントはカット用に使いたかったんですけど、

ラバーの幅が157mmくらいしかなくて、

僕の持ってるカット用ラケットでは、幅が160mmだったので貼れませんでした(´;ω;`)


マニアック卓球用具王国・アバロン


拡大してみると、粒の状態が分かりますかね?

横目で粒が細長く、布目も割としっかり入ってます。

触った感触でも粒は軟らかすぎず硬すぎず、丁度いい感じです。

アムシールのロゴデザインは結構いいですよね(≡^∇^≡)

シートの厚さは、生ハムというほど薄くはないです。透けないですから。


マニアック卓球用具王国・アバロン


更に拡大。

スポンジがあまり見えないので申し訳ないですが、

アムシールの粒高の中でも唯一設定されている、

0.3mmの超極薄スポンジです(°∀°)b

メッチャ薄いわこれ!

これでカットしたら重そうだな?(笑)。

球突きをしてみると、スポンジ付きにしては結構弾みが抑えられていて、

ブロックがよさそうな感じがします。

スピンはあまりかからないですね、ごく適度な摩擦力で、

コントロールもよさそう。


さて、待望の試打ですo(^▽^)o

粒形状からして何だかよさそうな気がするし、

わくわくしながら打ってみました♪

まずはペン粒のブロック。

やはりというか、スポンジが噛んでいるだけにOXと比べると変化が少なくなってしまうのですが、

スポンジ付きということを考えたら、弾みは抑えられていると思います。

特別大きく変化が起きるという感じはしないですが、

粒が倒れすぎずコントローラブルにそつなく扱えます。

あー…日本のラバーで言ったら、ファントムに近いかなという印象。

粒形状も似てますしね!

ファントムの粒を少し硬くした感じです。

ですから、やや硬めのラケットに貼ってやらないと変化が出ないですが、

生ハム系以外では攻撃力の高い粒高が多い中国粒高において、

とてもバランスのよさが目立ちます。

ブロックにせよ、ツッツキにせよ変に浮いたりしません。

粒が細いので、フォアハンドの攻撃がちょっとだけやりにくいかな?

本職の方なら問題なく打っていけるでしょうけどw


オマケで、というかこちらのが可能性を感じるのですが、

バックカットでの切れ味も試してみました。

0.3mmの超極薄スポンジと、細めの粒がどれだけ生きるか…

ということなんですか、やっぱり予想通り!

よく切れますねこれ(=⌒▽⌒=)

低く、切れたカットが飛んできて球質が重いです。

フェイントロング?ほど簡単に切れるわけではないですが

(あれは粒が軟らかいので…)、

しっかりスウィングしてやれば、きちんと切れます。

38mmボール時代の、糸を引くような粒高カットを彷彿させる感じですねо(ж>▽<)y ☆

懐かしいわ?☆

ホールマークのフラストレーションでのカットは、

太くて硬い粒でのパワフルな重さが印象的でしたが、

センセーションは日本製粒高のような繊細な感覚のカットになります。

何より、スポンジがお気に入り( ̄▽+ ̄*)

敢えて言うなら、あまりクセのある球にはならないので、

慣れられると取られやすいかなと思います。


世界に数ある粒高の中でも佳作だと思いますよ、これ。

OXも入手してペン粒をもう1度試してみたいところですが、

かなり困難だな?…。

というか、幅160mmまで取ってくださいよ(苦笑)。あと3mmなんだからさ?。

僕は好きですね、このラバー。買ってよかったw


07/03|アムシールコメント(2)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

friendship729sp

Author:friendship729sp
性別:男性
誕生日:6月4日 8時頃
血液型:O型
お住まいの地域:愛知県







自己紹介:Yahoo!知恵袋卓球カテ元1位、「friendship729sp」のIDは当時使用していたラバー名が由来。
「天座澪一」は同人用HN。
アバロンはかつて存在していた自クラブで、旧アバロンウェブサイトは用具レビューの先駆けであった。
既に公式大会を引退、趣味で並行用具等を試す日々。
プレイスタイルはサービス主体(爆)の前陣ドライブ攻守型。
ヘッダーのおにゃのこはアバロンマスコットキャラ・七瀬巳優(みゆう)。

コンセプト:私は懐古厨でもレア好きでもない、変なものが好きなんだよwww
そこんとこ勘違いされませぬよーに( 一一)

傾向:ペンドラなので、概ね硬めの用具に対する評価が高め。
以前はスピード重視の傾向があったが、プラ以降はスピンを重視、弾みは二の次。

好きな選手(引退含む、順不同):韓陽、オヤマ、マツモト、金擇洙、キム・ソンヒ、王晧、松下大星、于沈童、楊影、劉国梁、田崎俊雄、グルッバ、小山ちれ、ハラホバ、郝帥、孔令輝、クランパ、ホーマン、邱貽可、馬文革、ビルト、李倩

使用ラケット:スターウッド・ルイス55中国式
使用ラバー:タットル・55A・黒・38度・MAX
デアウインド・レイヘ・赤・45度・MAX


使用ラケット2:スターウッド・角形中国式試作品
ティバー・レボリューションMX-S・黒・MAX
ヴィクタス・V01スティフ・赤・MAX


※ご用のある方は、ブログテーマ「メールフォーム」からご連絡ください。








安心・安全・低価格
アバロン提携並行卓球ショップ
↓「卓球中国ラバー専門店MASAKI」↓

アバロン提携並行ショップ「卓球中国ラバー専門店MASAKI」


にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ
にほんブログ村



ブログパーツ
最新の記事一覧
ブックマーク
ブロとも申請フォーム
ブログテーマ一覧
ブログ内検索
アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。