上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
かつて並行市場を大いに賑わせた、伝説の2枚のラバー。
片や、

世界初の已打底(疑惑の某日本製は除く)

で粘着離れしたスピード、カウンターと一世を風靡した、元祖大ヒットラバー。
片や、

テナジー64を超えた猛烈なスピード

と凄まじいカタパルトエフェクト、けたたましく鳴る大爆音、日本で5枚しか存在しない幻のスーパーラバー。
あの感覚が忘れられず、いまださまよっている人はいると思いますが、
1番問題なのは何より、それらの現行モデルが

当時と別物

になってしまっていること(◎_◎;)
それはそれでアリなのだが、元祖を追い求めている人のコレジャナイ感を払しょくするのは難しい。
しかし、大元とは異なる別のメーカーがついに成し遂げた!
難民ユーザーへのファイナルアンサー!
なおかつ、プラボールに対応して帰ってきたよ!
それが、タットルの

サウスポール!

3IMG_7437.png

ノースポール!

3IMG_7438.png

であります(`・ω・´)!
名前は姉妹ながら中身は全く異なるものの、共に伝説のラバーを再現した存在として、
今回同時にレビューしちゃいます(*´ω`)
それにしても、何故

タットルなんだろ(爆)。

そもそも

再現する気があったかは不明(爆)。

まあコンセプトは不明ながら、開発意欲があってなおかつまともな品質管理をしているからこそ、なしえたことだよねw
倒産しちゃったり迷走を繰り返すメーカーじゃ、やっぱり無理だ←

まずサウスポール。

3IMG_7251.png

3IMG_7253.jpg

デザインがイマイチロゴ買いするようなものではないけど、無難。
ロゴだけ見てると、ハイパーな性能は期待出来ないねw
まあコテコテの中国デザインにされるよりはいい。
ただタットルは中国製の中でもかなり品質が良く、製品不良は少ない。
シートはつやっとしていて微粘着。
流石にテンキョクよりは粘着あるけど、だいぶ薄い方だとは思う。

3IMG_7252.png

それよか、サウスポール最大のポイントは

シートの厚さ!

粒の低さ!

ブラックスポンジ!(赤はスポンジ色が違うかも)

あの伝説ラバーほどシートが厚くて粒が低いとまでは言えないものの、
最近の中国ラバーとしては異例の構造。
いやもうこれ、パッと見あのラバーを思い出しちゃうでしょw
伝説のアレ、今も販売はしているわけだけどもはや完全に別物で、
軽量化をするためにシートが薄くなってしまった。
結果、擦ることも出来ず弾くことも出来ず、どうにもならない中途半端なラバーに。
確かに軽くはなったけど、何がやりたいのかさっぱりで、一気に下火になりました。
以来、代替品を求めてさまよっていた人は多いんじゃないでしょうか。
某3は元の形に近いんだけれど、一瞬で真っ白になってしまう極悪品質で、
到底使える代物ではない上に性能自体も昔より落ちているのがね…。
そこに目をつけたかどうかは分からないけれど(爆)、
何はともあれ代替できるものが登場したわけですよ\(^o^)/!
サウスポールの特徴は、シートが厚めにもかかわらず

軽い!

硬度が38度程度で、已打底なのに膜がないという不思議な設計なのもありますが。
カット後、まず50gは行かないと思う。
わたしゃ某ラバーだと、39度以上しか使ってないので余計に重かったのかもだけど(;^ω^)、
55g以上は覚悟しないといけなかったからね!
球突きしてみると、硬度が高くないので少し食い込みがある。
手持ちで現存している某ラバーは40度で、そりゃもうカチコチですよwww
これだとプラではきついので、サウスポールは妥当な硬度かと。
とはいえ、中国ラバーにソフトなラケットは禁物なので、だいぶハードめのラケットを選びました。

元々スピードには定評のあるタットル。
弾みで不満を覚える人はないでせう。
粘着としてはかなり速い。
で、まず打ってみて分かるのが

弾道の低さ!

プラボールになってから、特に中国ラバーは上に飛びすぎるものが多くて、
性能が良くても弾道が合ってないものが多かった。
昨年「いいよ!」と言ったラバーでも、弾道は上向きでオーバーミスになりやすいものが殆ど。
それがサウスポールでは、劇的に改善されている!
シェイク選手には真っすぐ飛びすぎかな?と思うものの、
前陣で戦うことを考えればこの弾道は至極妥当。
何より、最近の超スピーディな打球点に対応するなら、こういう球筋でないとダメでしょう。
じゃあよくある槍弾道なの?というとさにあらず。
低く飛んで、

エンド間際で急激に沈み、ボールが伸びる!

スピード重視であるにもかかわらず、中国ラバーらしいクセ球を披露してくれるのもポイント。
これだけ低く飛んで伸びると、相手もさぞかし取りにくいんじゃないかと思う。
某ラバーもそういう弾道だったよね、

あっちは棒球も多かったけど(爆)。

次に来る感覚としては、已打底ならではの食い込み。

セミオートマで入るフォアハンド!

バチッバチッとやや已打底らしい感覚で食い込みながら、
適当に振ってもボールが勝手に入ってくれる。
中国ラバーは大抵、全部自力で振らないと球が入らないけれども、
サウスポールならある程度はアシストしてくれます。
なので、「セミオートマ」なのですw
流石にドイツラバーほどオートではないので、状況によっては自力で打たないと入らないボールもある。
食い込み量も、ドイツ製ほどじゃないしね。
それはともかく食い込みがあるということは、基本的な打ち方が当て打ちになります。
普通の擦り専用な中国ラバーに比べたら、軟らかめになるし直線弾道なので、
下に落ちないように面を立てる必要があるかと。
慣れてしまえば難しくないものの、ルーパーな人には向かないかな(´-∀-`;)
じゃあ擦るのは苦手?と言ったら、そんなことはない!

シートが厚いおかげ

で、微粘着の割にサービスやツッツキ、擦るドライブも案外いけます。
猛烈な回転というのは無理なものの、スピン量が足らないということはないはず。
しっかり振り切ればループドライブも出来るし、ツッツキも切れる。
やや似通ったタットルの粘着ラバーが別にあるけれど、
そちらはシートが薄くて擦るのがイマイチだった。
サウスポールはそこが改善されているので、スピード重視にもかかわらず引っ掛かりも及第点です。
ま、しかし基本的には私が良く言う、

バスタードソードでぶった切る

ようなどっこーんと飛んでいくラバーだけどねwww
そういうラバーって簡単に取られやすいんだけど、何故かサウスポールは

球が重め

です。
シートが厚いおかげかもしれぬ。
元々弾みが良い上に食い込むので、

後ろに下がっても飛ばせます!

中陣くらいなら盛り返せると思う。
プラ以降、中国ラバーは殆ど中陣から負けずに返せるラバーがなかったけど、
サウスポールは飛ばせるので下げられても安心。
前で打ちあうだけでなく、意図的に大きいラリーに持ち込んでもいいんじゃないかな。
某ラバーがヒットした要因として、フラット系技術のやりやすさもあったと思うけど、
サウスポールでも当然健在。
中国ラバーとしては異例の

スマッシュ、フラット、カウンターの打ちやすさ!

ドライブじゃなくて、そっちを主体にする人もいるんじゃないw
弾く感覚の強いラバーなので、違和感なくフラット打ち出来ます。
弱点としては、

ショートでちょっと浮いてやりにくい(-_-;)

軟らかいラバーの方がショートはよく入るけど、サウスポールはそこまでぷにぷにではないので、
どうしても浮きます。
まあ、慣れるしかないかも。
シェイクの人には関係ないねw

タットルには少し前に出たラバーで、性能はいいんだけどシートが薄く、
スピン性能に不満を覚えるあるラバーがあった。
「シートさえ厚ければ最高なのに」と思ったところへ、サウスポールは救世主のごとく舞い降りたわけですよw
しかもブラックスポンジを引っ提げてwww
あの伝説のラバーも、シートを薄くして軽量化し、代わりにスピンを犠牲にしたので大失速した。
某緑スポンジのドイツラバーも、シートの厚いアレをなくすべきではなかったと思う。
サウスポールはスピン重視のラバーではないですが、
ボールを捉える感覚は薄シートのラバーと比べて段違いで、やはり中国ラバーはこうあるべきと納得。
プラ以降、私の主なラバー変遷はまず「粘着は死んだ」というところから始まり(爆)、
ドイツラバー→ナルワンブラック→HKゴールド→タイチソフト已打底→AKレッド→888-1と来て、
ようやく満足出来るラバーが出たかなと。
サウスポール、得点をつけるならば

88点\(^o^)/

スピン量が惜しいので、90点はいかないw
因みに、結構推していたHKゴールドがサウスポール比で言うと、68点(爆)。
888-1も75点くらいw
もし、サウスポールが一部のタットルラバーで採用されている、特許技術を使ってスピンを上げていたら、

100点出したと思う←

何で搭載しなかったんだー!
マジで勿体ないわ!
なお、サウスポールは中国ラバーとしては「スティフ」くらいの硬度なので、
ラケットはハードなものをオヌヌメしまふ。
ややハードくらいだとダメかな、最初それくらいのラケットに貼りましたが、
いい球筋が出なかったのでラケットとの相性は重要です。
その代わり、中国ラバーの定説とも言うべき薄ラケでなくても合わせられるというメリットがあるので、
私なんざ

6.5mm5枚合板(但し焼きラケ)

に貼ってますw
あの伝説ラバーも6mm超えラケットと相性よかったし、やっぱり似てますな。

さてお次はノースポール。

3IMG_7254.png

中国製って非粘着と言いつつ、結構ぺたぺたするものが多いけれど、
ノースポールはおおよそ非粘着といってもいい。
完全非粘着とは言えないものの、バックに貼っても指が気になりませんwww
むしろ気になるのはこっち!

3IMG_7257.png

うおおおおい!
シートのテンションが強くて端が浮きかけてるやんけwww
かつての

某ラバーX25(爆)

も、こんな感じで端が浮いてくるラバーでした(´-∀-`;)
某ラバーみたいに粒が浮くような見た目ではないものの、
相当強力にテンションがかかってるのは間違いない。
なので、しっかり接着の後、

クリッキープレス必須でーす!!

持ってないなら、本を重ねて1日圧着しませうw
シートの雰囲気からしてあのラバーにそっくりで、いやがおうにも期待は高まるwww

3IMG_7255.png

スポンジは残念ながら、某ラバーと同じイエローではなく、淡いピンクのような色合い。
サウスポールと共に、

モニカテンションスポンジ

というらしいんだけど何じゃそれw
今回貼ったのは37度で、ややぷにぷにした感じながら、
某ラバーほどの食い込みまではいかず。
もっと硬度の低いバージョンないかな~と思ってます。

そして実打してびっくり。

「まるで○○○○やんけ!!」(全部伏字www)

たまたまラケットを弾むやつにしていたのですが、
それと相まって豪速でバキンバキンとグルーを疑うレベルの爆音を鳴らしながら、
普通では入らないようなボールが簡単に入る!
スピンや打球点を無視してテキトーに打っても入る。
サウスポールはセミオートマと言いましたが、ノースポールは

自動運転レベルwww

あーもうなんつーか、グルー時代に戻ったみたいな感覚w
ノースポールで打っていると、難しいことを考えなくても入るので

頭が悪くなります←

相手のスピンを殆ど無視して横殴りにひっぱたけば、ことごとく入る。
さっきから「入る」しか言ってないwww
要するに、フラット系打法が非常に得意で、手打ちでさえなければスマッシュは百発百中、
ショートもバカバカ鉄壁で返せるどころか、プッシュ倍増しで返せますね。
ドイツラバーで言えばいわゆるビッグスラム系なわけだけど、
ドイツラバーと違うのは中国製らしい

シートのむっちり感、ボールの威力、

そういうものを感じながら打てます。
ビッグスラム系って確かによく入るけど、底を打ってるような頼りなさと復元力の弱さ、
不安定さを感じることが多いと思う。
ノースポールはドイツぷに系ほどソフトではないものの、
代わりに押されない力強さを感じるわけです。
当然、強気に押していけるしフォアハンドでも使えるコシがあります。
片側にドイツ製ぷにラバーを貼って打ち比べてみたけれど、
スピードは同じくらいながらやっぱり「ちょっとなー…」と威力不足、
頼りなさを感じてしまう。
じゃあノースポールは非粘着なので、スピンが弱いかと言えばさにあらず。
但し、

擦り打ちは完全に無理ですwww

擦り打ちするとスリップしてボールが落ちます(´-∀-`;)
合成ゴム系ドイツラバーと同じようなものなので、チキータは苦手な類。
ドライブを打つときは、必ず

食い込ませて打ちませう(/・ω・)/

下回転やナックルをドライブするときでも、
食い込ませなければならないので擦り打ちしか出来ない人には向いてないですが、
食い込ませてドライブが打てる人ならそれほど問題ではないでしょう。
スピン自体がそんなに劣るわけではない証拠に、

サービスも案外いけるよ!

下手なスピード重視の中国ラバーよりは切れるんじゃない?
併し、ツッツキは流石に少し浮きますね(-_-;)
短く止めるのも難しいので、そこら辺は我慢。
全体的に言って、

上回転には猛烈に強く下回転にやや弱い

のは確かです。
それでも、プラではセルロイド時代ほど下回転が重要ではないので、
台上を除けばそれほど致命傷にならないとは思います。

流石にあのX25を完全再現というわけにはいかなかったけれど、

X55、X70、X30程度には再現されてるwww

伝説のラバーと比べ、ラバー単体でのスピードは劣る(といってもドイツスピンと同程度)ので、
「あの豪速」を再現するには

ファスト級ラケット

が必須です。
とにかくスピードの出るラケットに貼ってやれば、物凄い勢いで往復ビンタ出来る

狂人になれること間違いなしwww

普通、スピードの出る組み合わせってコントロールが難しく、
ミスが増えるものだけど、ノースポールは豪速セットにしてもミスが出ない。
これは凄いよね!
てか、

フォアサウスバックノース

で完璧じゃね(爆)?
私の感覚では、ノースポールをバックで使うならもう少しだけソフトな方がいいんだけど、
これでも十分と思う人はいるでしょう。
とにかくよく入るので、

たっきゅんが楽しくなること間違いなし(*´ω`)!

中学生辺りにノースポール使わせたら、ミスが少なくなって下手なラバーより勝てることもあるんじゃない?
あとは練習量が少なくて、どうしてもミスが出てしまう社会人の人。
ノースポールなら確実にミスを減らしてくれます。
欠点としては、擦れないとか下回転に弱いとかそんなことよりも、
プレイが単調になりがちなので後半慣れられる可能性があること。
ま、猛打にものを言わせて

さっさと勝ってしまえばよろしwww



アバロン提携並行ショップ「卓球中国ラバー専門店MASAKI」 アバロン提携並行ショップ「卓球中国ラバー専門店MASAKI」 アバロン提携並行ショップ「卓球中国ラバー専門店MASAKI」

↑日本で唯一の取扱店、お求めはこちらで!↑

スポンサーサイト
09/11|タットル||TOP↑
性能と名前に何の関係があるのかは分かりませんが、
名前が名前だけに折角なら名前通り2015年内にレビューしましょうかw
というわけで今回は


2015デース!


名前だけ見てると、何のことかと思ってしまうwww
中国人にとって、商品名なんてどうでもいいんですかね。
別に、2015年がプラ元年ってわけでもないしなあ。
敢えて言うなら2015年に発売されたと、そのくらいか。
ただ、ラバー名はともかくパッケージは割とまともなのよねん。

20151015182507433.jpg

何でこのデザイン性をラバー名にも発揮しないwww
パッケに書いてある「蘭色火焔」とは「青い炎」の意味。
ここでいう蘭とは、藍(中国で言う青)のこと。
だからって、ブルーファイアと性能が同じってわけではないですぞ(^▽^;)!
私としては、江戸川乱歩の「黄金の怪獣」に出てくる25カラットのブルーダイヤ・青い炎を思い出しますが。
今までの季節シリーズもプラ以降に発売されたラバーではありますが、
開発がそれ以前だったと思われるので今回の2015が、
タットルで初めて正式にプラボール対応とアナウンスされたラバーになります。

20151014124713567.jpg

シート表面。
相変わらずロゴデザインはイマイチである(;^ω^)
品質は中国製ということを考えれば、ムラもなく非常に綺麗です。
以前のタットルラバーに有った溶剤臭さはなく、無臭に近い。
粘着はというと、見た目は全然なさそうに見えるんですが意外とじわり感のある粘着。
強粘着とまでは言わないまでも、微粘着の中ではペタペタ感を感じる部類だと思います。

20151014124713683.jpg

ラバー側面。
パッケ通りのスポンジですが、青というよりは水色ですな、こりゃ。
ちょっとエアロックを思い出すw
パッケには日本海綿と書いてあるけれど、重量や質感からして


違うと思われる(爆)。


テキトーだなをいwww
普通の中国製、38度じゃないですかねw
シートは日本やドイツより厚いものの、中国製としては普通。
粒は細く低い設計で、バランス型とも言えるかも。
最近は粒の高い中国ラバーもありますが、そこまでは高くない。
併し、藍鯨ほど低くはないです。
従って、「面で捉えることも出来るけど弾きもそれなりにある」感じになるんじゃないでしょうか。
あくまで設計上の印象ですが。
軟らかめのラバーと聞いていたけれども、実際に触ると違いますね。
スポンジが一般的な中国製の硬度だし、指で押してもシートの変形が少な目。
なので、最初は裏面で使おうと思ってましたが急遽、表面で使うことにしましたw
球突きすると、弾みはかなりあります!
中国製でもトップクラスのスピードを持つ、スターウッドのナルワンブラックと遜色ないレベル。
勿論ドイツラバー辺りと比較したら遅いですが、粘着ラバーとしたら弾みますね。
食い込みはさほど感じられず、やや鉄板っぽい印象でパーンと弾く飛び方です。
回転をかけると、安っぽいスリップ感は感じられずしっかり引っかかります。
ただ勝手に回転がかかるレベルではないので、自力でかける必要はあるけれど。
微粘着としては強めの粘着ながら、やはり新品時ではタットルらしい粘着感で、
もう少し粘りが欲しい。
ええ、タットルラバーのお約束で、


TSPドライ+TSP粘着保護フィルム+1か月www


熟成期間を与えてやるといいんじゃないでしょうかwww
もっとも、新品でも最近のテンキョクよりはマシですわよ。
キョウヒョウもかなり粘着が弱くなってるけど、テンキョクは粘着性を感じられないレベルだしなあ。

えー、それでは実打デース!
ラケットは、ハードな薄い素材ラケに貼ってみました。
基礎打ちをしてみると、結構なスピードで真っ直ぐ飛んでいきます。
スピード重視のドイツスピンよりは劣るけれど、
プラ対応のスピン系とどっこいくらいなんじゃないでしょうかねえ。
球離れがとても早く、槍弾道。
もうちょっとボールを捉えてくれてもいいんじゃないかと思いますが、
プラになってオーバーミスが多いので、これくらい低い方のがオーバーも少なくなるかな(;^ω^)
言ってしまえば、


ブラパ系の弾道ですハイ。


ブラパ系最新のスターウッド・ナルワンブラックと比較すると、
ナルワンが36度で食い込みが大きいのに対し、2015はスポンジがそれよりも硬く、
あまり食い込まずに飛びます。
プラでは軟らかい方のがコントロールしやすい反面、
摩擦力が低いと回転をかけられないため、コントロールしやすいけどボールが落ちるラバーもありますが、
2015はコントロールと摩擦力がギリギリで踏みとどまっているかなと(^▽^;)
これ以上硬かったらプラでは無理、併しそのおかげで引っ掛かりがある。
ナルワンはソフトな分、面で捉えることが出来ずボールが落ちてしまう症状がありますゆえ、
その差はとても大きい。
ドライブを打ってみると、慣れない内は球離れの早さゆえにボールが落ちてしまうこともありますが、
慣れればシートの引っ掛かりを利用してちゃんと打てるようになります。
半分は擦る感触、もう半分は食い込ませる感触、


当て擦り(爆)


が必須ですwww
当て擦りとは、芯に当てながら擦るようなイメージ?
藍鯨みたいなぶち当てる打ち方だと棒球連発www
あくまでブラパ系なので、ちゃんと回転をかけないと球が曲がってくれない。
かといって、キョウヒョウみたいに擦ってチョリドラみたいなのも難しいので、
その中間の打ち方が必要になります。
ま、テンキョクを使えている人なら大体同じように打てるんじゃないでしょうかねえ。
ペンホルダーであれば、


馬林を真似れば間違いないwww


当て擦りが出来れば、非常に低い弧線を描いてドライブが決まります。
ボールの伸びはもう少し欲しいところだけど、プラでは滅多に見ない弾道なので相手としてはとても取りにくい。
そういう意味では、中国ラバーの真骨頂じゃないでしょうか。
回転量に関しては、当然そんなに多くはないです。
擦りを多めにしてやれば、相手のオーバーミスも誘えるくらいではあります。
もうちょっと球が重いといいんですけど、あっけなく返されるほどスカスカではないので一安心。
ナルワンブラックは回転量が少なすぎて、ことごとく打ち返されますからねwww
2015の特性を分かって、使いこなせる人であれば時々凄いボールが打てることもあります。
スピードドライブが鋭い反面、ループドライブは若干やりにくい。
併し、出来ないことはないです。
ナルワンだと絶望的だったのでwww
馬林みたいに、ひょいっとすくい上げるような低いループであれば擦って打てるはず。
ただ放物線を描くような高いループは無理なので、
とにかく球離れの早さを克服しながらループの練習をしてみてください。

因みに、打球感はパキパキ系ですwww
ブラパはパキパキしないけど、そこがブラパとの違い。
うーん、打った人がどれだけいるか分かりませんが、


鋭科特ラバーの打球感に近いですかねえ(^_^;)


火麒麟とかあそこら辺の打球感に近い。
そのおかげで引っ掛かりを保っているともいえるし、
鈍い打球感のプラボールにおいて、球離れが早いながらも打っている感触を得られるのもあります。
特に貢献しているのがカウンター。
長らく、中国ラバーと言いつつカウンター出来るラバーが出てこなかったように思いますが、
藍鯨やブラパ以来久々のカウンターラバー登場!


カウンターはネ申デース\(^o^)/!!


食い込み系ではなく、弾くカウンターですが低い弾道とパキパキの打球感によって、
何球でも弾き返せます。
オーバーミスしがちなプラボールにおいて、これは珍しいこと。
自分で打っていくのはいいけれど、カウンターがイマイチ…という人は多いんじゃないでしょうか?
2015ならカウンターが容易です!
それはつまり、相手の回転の影響を受けにくいということでもあります。
回転力がさほど多くないことの裏返しでもあるけれど(;´∀`)www
それと共に、ペンホルダーであればショートが非常にやりやすい。
ショートの精度は、


プラ以降No1です!


弾きの良さと食い込みの少なさ、回転の影響が少ないことが相まって、
相手の強ドライブでも弾き返すことの出来るショートが決まります。
弾みがあるので、そういう意味でのオーバーミスはあり得ますが、
回転に負けることはないでしょう。
その反面、サイドスピンショートはあまり曲がらないですかね。
スマッシュは当然打ちやすいです。
とはいえスピードドライブがあるので、スマッシュはオマケ程度に。

難点はサービスで、必要十分な回転量はあるんですが豊富とは言い難いので、
回転をかけるのが苦手な人には向かないです。
但し、スピンが少なすぎて打たれてしまうほどでもないので、そこは合格点。
サービスが得意な人なら、エースも狙えるはず。
ある種の鋭さは感じます。
問題なのが球足の長さで、サービスが長くなってしまうのでネットにかかりやすいんですよね;
短く出せるように練習しないといけないですが、サービスの長さはトップクラス(爆)www
ツッツキも切れるとは言い難いですが、ソフトなラバーではないのでしっかり回転をかければ、
浮いてしまうことはないです。
そこら辺、KTLではないので引っ掛かり自体はちゃんとあります。

そんなわけで、棒球さえ克服出来ればプラ以降のオーバーミスを解消出来る、
なかなか優れた中国ラバーです(*´▽`*)
スピード系中国ラバーは、プラになって明らかに使いにくくなっていますが、
2015はその中では何とか踏みとどまっている部類。
ペンホルダーの中国ラバー使いにとっては、救世主になれるんじゃないでしょうかね。
シェイクでも、弧線よりスピードを重視する人なら使ってもいいと思いますよw
特にカウンター重視の人ね。
カウンタースタイル自体、プラではやや不利な感じはありますが、
それはラバーが進化してないからかもしれない。
プラに見合ったカウンター性能を得られれば、やっていけるのかもしれないです。
ま、あとは最近のラバーとしては


値段が安い


のも嬉しい要素ではないかと\(^o^)/
パッと見、


エアロック


なのも優越感が…ないかwww
合わせるラケットは、やはりそう軟らかいラバーではないので薄い板厚が好ましいです。
弾き重視なら中芯アユース、少しでも食い込みが欲しいなら中芯桐。
アコースティックカーボンとかいいんじゃないでしょうかね?
あと新発売のトルネードキング!
ニッタクばかりですがw
ああ、ハッドロウVRでもいいか。
そんなところ。
10/15|タットル||TOP↑
今回はついに!


アバロン初プラ打ち用具レビュー


ですよー\(^o^)/
ボールはまあねえ、基本的なものだから。
今後は全て、プラボールで打ったレビューになっていきます。
過去の用具の再評価は、「プラ評価」の注釈をつけます。
その記念すべき初のプラレビューは、いきなり現れたプラ向け表ソフトの決定版!


おヴぉ方Summer3C


デース!
いやあ、あまりにも素晴らしいので表ソフトに転向したくなっちゃいます(^▽^;)
打球点が直らないと無理ですがwww
現状、プラ完全対応表ソフトはニッタクのビュートリー1点のみ。
あとは「運が良ければ」というわけですが、私の印象としては、


ラクザポは悪くないかな(ポwww)?


と思いマース。
スピンかかるし、スポンジがスーパーソフトなので食い込みも確保出来る。
というわけで、アバロン公認として、日本製、ドイツ製とそれぞれ1点ずつは確保。
じゃあ、


中国製は?


となるわけですよ。
中国表といえば、スピンはかかるがスポンジが硬く、弾みが弱い。
プラで使うにはスピードと食い込みの面で非常に厳しい面があります。
併し、ビュートリーもラクザポも当然ながら、値段が高い!
裏ソフトよりマシとはいえ、中国製に比べたら倍ですからね。
パチスマトップスピードはどうなのか分かりかねるが、並行品に比べたら勿論高い。
何とか2000円台の並行品で!
と思っている人はいるでしょう。
そこで登場したのが、プラボールに照準を合わせてきたタットルの


季節シリーズ


なわけですよ。
あ、これ私の命名なので、使用する際には著作権が発生します(大ウソwww)♪
スプリング、サマー、オータム、ウインター。
その中で、表ソフトなのがサマー3C。

420150125214428717.jpg


現状、並行品で1番まともなのがエアーのパナメーラで、
スピンはいいが弾みが全然足りないと言った具合のため、
そこをどれだけ克服しているかがカギとなります。

タットルの従来品では、他社同様接着剤の被膜で已打底効果を出していましたが、
2014年モデルから何と!


被膜なしの已打底ラバー


に進化しました\(^o^)/!
ついに中国も、テナジーレベルまで来たか。
ブルーファイアなども同様の疑惑はあるけれどもwww
更に凄いのが、タットル已打底はメーカーいわく、


1年持続


らしーですよ奥さん!
ホントかどうかは知りませんがwww
いずれにしてもこれにより、国内公認接着剤が使えると共に、
軽量な已打底ラバーの登場と相成りました。

420150125220633154.jpg

420150125220633257.jpg

まずはシート。
「内能」と書いてあるのでテンションラバーには間違いないですが、
シートに突っ張り感は全くなし。
スポンジだけがテンションなのか、已打底だから内能なのかは分かりかねる。
ただ、シートを見ると粒に殆どバリがなく、品質感は非常に良いです♪
円柱形の横目と典型的な中国表で、最も特徴的なのが布目の強さ。
かなりしっかり入っているので、パナメーラ以上のスピン性能が期待出来ます!
逆に気になるのが、


タットルロゴのおでき(爆)。


何じゃこりゃ?
他のラバーでも同様のデザインで、王冠の頭らしいんですけど正直目障り。
性能には関係ないですけどね~(^▽^;)
デザインはサイテー。

420150125220633337.jpg

スポンジは36度とのことですが、裏ソフトの36度より明らかに気泡が大きいです。
とはいえ気泡スポンジってわけじゃないですけどね。
触ってみると、36度なのに軟らかく、パナメーライエロー32度と同程度か、
わずかに硬めなくらい。
ここら辺、確かに被膜なし已打底が効いていると感じる瞬間であります。
ラバーの重量ですが、カット後35g程度か。
硬度からして特厚40gが標準なので、それを考えると軽いですね。
球突きしてみると、おおお、よく弾む!
ただ、ぶっ飛びってわけではなく一般的な中国已打底ラバーのレベルにやっとなったというところ。
ここら辺、シートの薄い表ソフトゆえに仕方ない面はあります(-_-;)
併し!
まず何よりパナメーラを超えたという点で評価出来ます。


ニッタク換算で13くらい?


ハモンドFAスピードが14、ビュートリーが13.5なのでそれより若干下という印象。
中国表としてはトップレベルなのは間違いないです。
スピンをかけてみると、これが素晴らしい!
がっつりかかります!
特にニッタクプラならシュルシュルかかる。
スポンジが軟らかめなのにこのスピン量は、大いに評価していいです。
これならプラでも戦える!
期待して実打ちをしてみましたよ(^o^)丿

フォア打ちしてみると、うむ…弾むけど思ったより飛ばないかな(;^ω^)?
パナメーラとは比較になりませんが、もっとボーンと飛んでほしいところ。
合わせたラケットは、ミッドファスト程度のカーボンラケット6.5mm。
これだと、球足が短くなってしまう上に何となくボールに押されてしまう感が…。
レスポンスが足りない印象。
セルロイドだったらこれで全く問題ないはずなのですが、流石プラボール!
まさに


硬式界のラージボールですぜwww


あくまで今回、「プラレビュー」なのをお忘れなくwww
これでは困るので、非常に弾む8.5mm7枚合板に貼り替えて打ってみました。
すると、


最高デース(・∀・)イイネ!!


ラケットに補助されてる面はあるにせよ、ハイスピードに打つことが出来ます!
このスピードならプラでも、中国表でもいける!
何より、食い込みがあるのでドイツ、日本表と大差ない感覚。
パナメーライエローは食い込むものの、復元力が弱くてボールがボトボト落ちてしまいましたが、
サマー3Cはその面も概ね解決。
食い込むがコシもあるため、ボールが落ちずしっかり飛んでくれます。
この時点で既に万歳www
細かく言うと、弱く打った時はあまり食い込まないですが、
ハードヒットすると金属音を鳴らしながら食い込んでスマッシュ!
このバランスが、ボールコントロールをするギリギリの軟らかさなんでしょう。
お次にドライブですが、これまた裏ソフトみたいにガンガンドライブが打てます!
厳密には裏ソフト程引っかかるわけではないですが、スピンピップス同様高弾性ラバー並みのスピンを実現。
しかも、擦るわけではなく食い込ませてのドライブ!
逆を言えば、硬い中国表より擦るドライブはやや苦手ですが、そういう場面はフラットで打てばいいんじゃない?
そもそも表ソフトでスピンによるオーバーミスを誘えることに感動www
勿論、サービスも切れます。
表ソフトのサービス、しかもプラで相手のレシーブを弾けるとは!
切れますな~これ。
ツッツキも浮いたりせず、普通に打てます。
なのでニッタクは勿論、ニッタク以外のやや滑るプラボールでも問題なくいけると思う。
ナックルボールに関しては、当然裏ソフトより自然に出るものの重い球質というわけではないです。
裏より回転がかかってない、という程度のもの。
相手としてはやりにくいほどではないでしょうね。
逆に、相手のスピンの影響もそれなりに受けるかも。
プラなので、セルロイドのようなことはないですがレベルの高い選手と対戦すれば、
ブロックでオーバーミスをする可能性はあります。
回転の影響を受けるがゆえに、表ソフトとしては台上が特別やりやすいわけではない。
これは回転系ならどれでもなので、仕方ないですけどね。

ま、何はともあれ正直欠点らしい欠点はほぼなく、
現時点では完全無欠のプラ対応表ソフトと言っていいでしょう。
値段も安く、已打底は1年続く!?
対象ユーザーは、


スピンピップススピード


なんつーラバーが欲しい人(*´▽`*)
どうしてもプラだけに、回転系ではファストクラスのラケットでないとスピード不足になりますが、
それさえ用意出来れば弱点はほぼなし!
敢えて言うなら、これはこれとして私はスピード系のが好みなので、
円柱+台形で縦目のスピード系表バージョンがあったらな~と思います(´▽`)
ないけどさ;
相変わらず中国は変態な国で、どう考えても売れそうにない半粒ラバーをボンボン出しまくる!
お願いだから普通の表ソフト出してくれませんかね?
最近じゃ回転系表を探すのも大変ですぜ旦那。
サマー3Cは勿論表ソフトとしてハイレベルなのですが、私の感覚だともうちょい弾いてほしいかな。
少し球を持ってしまうので(プラのせいかもしれないが)、カウンターやスマッシュがナチュラルに出てこないです。
あ、もちろん慣れれば打てますけどね!
所詮裏ユーザーの一夜漬け表なので、表ユーザーであれば気にならないと思いマース。
カウンタースマッシュが決まった時はかなり爽快ですよー\(^o^)/
サマー3Cに合うラケットとしては、

バーサル



ラージペンZLC

ヒノカーボン

スペランサー

等々、厚くてなおかつクッションがあり、弾むラケットがお薦めですね。
そもそもプラでは、7mm以下だと少し押される印象があるので、
厚ラケのが相性はよいと思います。
01/25|タットル||TOP↑
※現在アバロンは仮休止中です。
更新は最低限なのでご了承ください。


皆様へお願い…ヤフーウォレットをお持ちの方は、募金ブログパーツから震災復興の為に募金をお願いします!!


ラバー提供元:ttiss

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ 広告゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

こだわりの卓球ショップ!
tti selectshopでは、マニアなラバーをラインナップしています。
只今ttissでは、地震により被災した方への助力とするため、チャリティセールを実施しています!
「チャリティ」カテゴリーの商品をお買い上げいただくと、送料無料&売り上げの3割が寄付されます!!
対象は省ブル・省NEO&エアーラバー!!
卓球界が支援出来ることを、ttissと共に行いましょう!
また、イルミナ代替として通用するラバーが、中国から参上予定!!
ttissではそのスーパーラバーの予約を受け付けています。
詳しくは、ttissに問い合わせてみてくださいね?☆

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ 広告゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚


震災への助力、関心は保ちつつ、アバロンも営業を再開せねば。
東海地震が起こると言われて何十年…その間にどれだけの大地震が、他の地域で起こったと思う!
研究家は一体何をやってるのか、あまりにも的外れである。
愛知は非常に平和だ…ありがたいことだが怒りが込み上げてくる。
無論、天災は人智を超えるものであり誰しも限界を超えるものには成す術がないのだが。
東海ばかりにこだわっているのが異常なのである。
今は復興の為にやれることをやるしかない。
関東以西の地域ではまず、平穏な日常を送ること。
大げさな節電情報を流さず、食料の買占めをやめ、出来る限り普通に過ごせば問題は起こらない。
どっかの誰かみたいに、おかしなブログやサイトをコピペして不正確な情報を撒き散らすのはやめなさい。
1番確実に効果を及ぼすのは、募金です。
然るべきサイト・機関で1円でも多く募金を行いましょう。


さて、気分だけでも明るくしましょうねーwwwwwwwwwwww
ついに、ついに…


キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!


何がって、卓球界最強の


エロラバーがですよwwwwwwwwwwwwwwwww


未来永劫有り得ないと思っていた、女王様超えwwwwwwwwwwwwww
これぞアバロンの求める卓球の方向性!!
エロと卓球の融合だああああああああああああああああ(≧▽≦)!!!!!
まずはそのエロすぐるパッケをご覧くだしゃれ????????(///∇//)

 マニアック卓球用具王国・アバロン ン!

素 晴 ら し ひ (///∇//)

スーパーボディをお持ちの、褐色のおねいさんwwwwwwwwwwww
しかもトップスはただの布切れ!?的デザインビキニwwwwwwwwwwww
ショーツはヴィクトリアズシークレットのようにせくしいですなvvvVVV
ほぼポロリ寸前の超絶谷間が覗く、澪たん並みのお椀形超美乳は、まさに弩級。
敢えて言おう!!


卓球史上最大の革命であると(爆)。


いかにスレイバー、ブライス、ヘナジーの性能が凄かろうと、人間エロに勝る欲はなし('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*)ウンウン
エロとスポーツの融合は必ず成立すると信じてやみませんわ?。
…まあね、そりゃブライスでも当初は同様のコンセプトがありましたよ。


ドヘンタイ全裸犯罪男がwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


何が「30年 お待たせしました」だ、ホモビデオなんぞ誰も待ってないぞwwwwwwwww
こっちはセクシーとして成立してますから(*⌒∇⌒*)
全国のおとーさん、おかーさん、子供にはこーゆーものを与えないと人間的魅力が増しませんよ(b^-゜)GJ!

このセクシーさはまさに、日本が最も元気だったバブル景気を彷彿とさせますな。
その頃はセクシー真っ盛り、減欲の塊のような現代人とは正反対ですた。
当時非常に流行したセクシーダンスが、ランバダ。
最近でもリバイバルブームがあったので、聞いたことのある人もいるのではないでせうか。
「せくしいなびきにのおねいさん」を見るとやはり、そのランバダを思い出してしまいますねいw
色んなCMで使用されましたが、僕が印象に残っているのはザッボロ サッポロクールドライのCMっす。



次に印象的だったのはダイドーブレンドコーヒーのランバダですかねえ。
R32スカイラインのランバダは、殆ど記憶になく。
このランバダはフランスの「カオマ」という多国籍バンドが唄っているのですが、CMでも後ろで実際に出演してます。
但しこのカオマが唄ったランバダは、実は中国もびっくりの完全盗作で、パクリなんつーレベルではないのですよ;
原曲はボリビアのフォルクローレグループ・ロスカルカスの「ジョランドセフエ」というもので、
カオマはそれを歌詞と曲そのまんま(但しカオマがブラジル出身多数のため、言語はスペイン語からポルトガル語に変更)、
リズムはアップテンポにしていわゆる「ランバダ」と呼ばれるダンスをくっつけて売り出したというわけでごんす。
酷い話ですが、世界中を巡りめぐって日本でもランバダは大ヒット!
盗作と分かっていても、この曲は好きですなあ(´∀`)
因みに「ランバダ」の語源は「鞭を打つ」という「ランバー」から来ていまふwwwwwwwwww


「女王様とお呼び!ピシー!ピシー!」


…あ、何か聞こえた(爆)。



ロスカルカスの名誉の為に、原曲たるジョランドセフエを載せときまふ。
ビミョーに発音が変わっているのが分かりますでしょーか。
何故わざわざ載せたかというと、後半は日本語歌詞だからです。
ロスカルカスは日本とも縁が深く、来日を何度もしているし何より、メンバーの1人は何と、日本人?ヾ( ̄0 ̄;ノ
初代メンバーではありませんが、チャランゴというフォルクローレ楽器の魅力に取りつかれ、
押しかけで志願してついにメンバー入りしてしまった、「ボリビア人よりボリビア人らしい」
宍戸誠さんという方がいるのです。
たまたまTVで宍戸さんのドキュメントを見たのですが、それがまさかランバダ原曲のロスカルカスのメンバーだったとは!!
彼が歌詞を訳したかは知りませんが、超有名な曲が日本語で唄われるなんて素晴らしすぎませんか?
皮肉なことに、ランバダのヒットでジョランドセフエも有名になったという。。。
ボリビアには著作権がないながら、ロスカルカスは裁判を起こしてカオマから権料を取れるようになりましたとさ♪

閑話休題。
この超スーパー超特選(爆)エロラバーの名前は…


ええぶい(大嘘wwwwwwwwwwwwwwwwww)。


もとい「LV」です(何で正式名称をちっこく書くんだよwww)w
併し、どー見てもええぶい。
ええぶいと言ったらこれですか?



「ひったちのっええぶい」wwwwwwwwwwwww
中学生の時、音楽室でこのCMを見たときにはクラス全員で大爆笑wwwwwwwww
当時色んな意味で話題のCMでしたな(`∀´)ウケケッ
ファスターク&アクーダ


エスワン


といい、最近はエロラバーが多くてよい傾向ですな( ̄ー ̄)
パッケのインパクトが凄すぎて、まるでどこぞの


CDつきあくす券


になっちまってますが(笑)、そりでは待望のラバーとご対面?。

マニアック卓球用具王国・アバロン

中身は外とうって変わってフツー(をい)。
メーカーロゴでかっ!!
このロゴ、ピレリの真似だろ絶対(@Д@;!!!
ピレリは好きなメーカーですけどねえ、愛車ekスポーツにはけるタイヤがないのは残念ですが。
ラバー名なんぞどーでもいいと言わんばかりの押しのけぶり(爆)。
確かに、このラバーにとってはどうでもいい気がしてくるwwwwwwwww
ロゴをピレリっぽくしたなら、パッケもモータースポーツっぽくしたらいいのに。
逆を言えば、パッケがあれならラバーにもあのおねーたまをプレスすべきだwwwwwwwwwwwwwww


せめてフィルムがおねーたまとか(〃∇〃)


マニアック卓球用具王国・アバロン

ロゴあーっぷ!
といってもロゴがデカいのであんまり変わりませんf^_^;
シートは非常に透き通っていて、いかにも合成ゴムが多そうな印象。
わずかに黒胡椒(笑)がありますが、日本製と遜色ないくらいの品質感がありますね。
見た目では分かりにくいですが、割とぺったりくっつく感じの粘着があります。
ボールを押し当てると全く滑りませぬ。

マニアック卓球用具王国・アバロン

ラバー側面は、マシュマロのような色合いのホワイトスポンジが目立ちますwwwwww
あるいは、ホールマークの低反発枕ともいうwww
シートが透き通って見えるのが分かりますよねー。
ここまで透明な中国ラバーって今まであっただろうか?
驚異的な合成ゴム含有量かもしれぬ。
シート自体は中国ラバーらしく厚く、粒も低くて密集しています。
さっき「マシュマロ」とか「低反発枕」と称しましたが、実はこのスポンジ…


驚異的にぷにぷに:*:・( ̄∀ ̄)・:*:


なのでごぜえます!!!!!!!!!!!
中国硬度をつけるとしたら…30度を割るんじゃないだろーか;
感覚的にはドイツラバーの35度くらいと同じです。
そーなると、中国硬度では26度Σ(=°ω°=;ノ)ノ!?
それを裏付けるのが、ラバー重量でこれまた驚異的に軽い。
カット後、何とたったの


40g


ですから!
特厚の中国ラバーですよ?
まるでイノーバ並みじゃないですか!!!
うおおおお、おかげでラケットが軽量化出来たずえええええええええええええ!!!
これに匹敵するのって、せいぜいクラックのSPかボムの新モーファくらいしかないのでは。
確かにパッケには「超軽」と書いてありましたが、ここまでとは。
球突きしてみると、おおおお弾むーーーーーーーーーーーーー!!!
ぷよぷよ高反発といえば真っ先にイルミナが思い出されますが、流石にイルミナには及ばないものの、
ブラパは超えていると言っていい。
スポンジのソフトさを考慮すれば、この弾みは並みじゃないでしょう!
フレックスはX25を更に超えるソフトさで、弾みは中国ラバーでも間違いなくトップクラス。
そして何より嬉しいのが、金属音があることo(^▽^)o
球突きするたび「キンキン」と鳴る快音は、旧グルーユーザーを楽しい気分にいざなってくれますねい!
これは、まさかの…


イルミナ代替


になりそーな気配がっ!!!
併しだ…スピンをかけてみてずっこけた。


ボールが後ろに飛んでいくwwwwwwwwwwwww


うおおおおおおおおおおおおおおおおい!!!!!!
回転をかけようとしても、毎回チョリっちゃうんですよ?;;;
これにはびっくり。
どうも、合成ゴムが多すぎてボールを瞬時にグリップしてくれない、
変わった質の粘着があるため引っかかりすぎている、
ソフトすぎて食い込みまくるので面で捉えられないなど、色々要因はありそうです。
間違えないで欲しいのは、スリップするようなアンチシートではないということ。
飛ぶ方向は毎回同じなんですよ、これは要するに、反射角が物凄く狭くて真っ直ぐ飛びまくっている、
スピンに対して猛烈に鈍感とも言えます。
擦るのはかなり難しいですが、食い込ませればスピンはフツーにかかりますた。
ドライブを打てば、引き攣れで問題なく回転をかけられそうです。
いやあ、驚きましたがイルミナ代替としての希望を携え、実打をしてみることにしますた。

うーん、ハーフボレーめちゃ楽ーーーーーーーーーーヾ(@^▽^@)ノ
ここまで裏面で使える中国ラバーは初めてか?
イルミナX25より確実に食い込みが大きく、それでいて真っ直ぐ飛んでくれるのでオーバーミスが少ないです。
イルミナやソフトなドイツラバーは、変形してからの復元が遅くスウィングに連動しなくてオーバーミスがよく出ましたが、
ええぶい(爆)ではそれがない。
シートが厚く、粒が低いのが奏功しているよーです。
ぱっきょんぱっきょん鳴りながらハーフボレー乱れ打ちは、まるで注目度急上昇の宋恵佳たんを彷彿とさせますなvvvVVV
ひっぱたく強打、横殴りドライブもお手の物。
しかも、かなりのスピードです。
イルミナのように相手を押し込めるほど圧倒的なスピードではないものの、ドイツテンション並みのスピードなら余裕で出せますから。
食い込みまくるおかげで、相手のスピンを封殺出来るのでブロック、カウンターはイルミナよりはるかに精度が高く、相手が可哀想なるほど返球出来ますwwwww
反射角が狭すぎて、真っ直ぐ飛ぶためどうしてもボールが落ちやすく、普通のラバーより面を立てて打つ必要がある点には注意。
ストロークに関しては文句のつけようがないほど素晴らしいですなあ?(´∀`)
一方!
台上はというとこれがじゃじゃ馬。
さっきも書きましたが基本的に擦れないので、ツッツキはポーンと浮いてしまいます><
擦ってはダメで、面を立てて食い込ませてツッツキすれば何とか打てますよ(;´▽`A``
ただ、ストップは厳しい…特に切るストップはほぼ無理でしょう。
とはいえ、あれだけストロークが優れてるんだから、台上でガタガタ抜かしてないでさっさとラリーに持ち込めばいい話。
フォアツッツキやストップしてもいいですしねえ。
フリックも擦っちゃダメなので(笑)、食い込ませて打てば一応出来ますが下回転に弱いのは仕方ないかなあ…。
ループドライブもほぼ無理wwwwwwwwwwwwwww
どーしてもやりたいなら、持ち上げるように食い込ませて打てばやれるとは思いますが、回転量は保証しませんorz

とにかく、ええぶいの長所はカウンター、強打、ブロック、スピードドライブ、&爆音( ̄ー ̄)


中国ラバービッグスラム


がついに出た!
と思ってもらえれば分かるんじゃないでしょーかw
バック用中国ラバーもこれほどのものが出るとは…もはやイルミナはどーしよーもない状態なので(;^_^A、
現時点ではこのええぶいが最高峰。
新もーふぁに爆音をプラスしたい人はぜひ買ってくだせえwwwwwwwwww
轟く轟音に誰もが「ドイツラバー?」と勘違いするはず。
いえいえ、中国ラバーですwwwwwwwwwwwwwwwww
新時代の中国ラバーを先取りするならええぶいを買いなよ!
X25以外のダメミナでがっかりした人も、ええぶいならきっと満足出来るはずっす。
イルミナ代替としての性能は保証できますよ、天座の裏面で即採用ケテーイヾ(@°▽°@)ノワーイ
フォアで使うには、擦るドライブが打てないので少し厳しいかもしれませんが…。
全部の打法で食い込ませるつもりがあるのなら、フォアでも使えますよwwwwwwwwwwwww
卓球を終えたあとには、


パッケを眺めてまた(股)元気wwwwwwwwwwwwwwwwww


「使える」ラバーですねっ☆←何にだよwwwwwwwwww
ボインおねーたまパッケですが、ぜひ女性の方にも使っていただきたいですな!
超高性能な軽量ぷにスピードラバーを求めている人には最高ですから。
買ったらパッケは、男性にあげてくだせえ(爆)wwwwwwwwwwwwwww
大人も子供も、おねーさんも(* ̄Oノ ̄*)、みーんなええぶい買っちゃいなよ!


日本をエロ大国にしたい


、それが天座の願いでしゅ。
因みに値段ですが、イルミナとは比較にならないくらい


激安


なのでこれも素晴らしいセールスポイントだと言っておきますw
自分の都合で人を困らせる天才・エアーよりも安定供給、安価で同等の性能を保つええぶいを買うのが賢いのは、
自明の理というものですよ。
儲ける術を自ら失ったエアーには、同情の余地はありませぬな。

最後に、イルミナ代替ラバーが発掘されたことにより、イルミナ同盟は近日中に閉鎖することになりました。
短い間でしたが、ご愛顧いただきありがちょーございましたんm(_ _ )m
リンクをされている方は、リンクの削除をお願いします。
僕の所持している国宝・X25は諸事情により、


被災しましたwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


うおおおおおおおおおお無事返って来てくれえええええええええええええええ。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。
03/15|タットル||TOP↑



の魔力に取り憑かれた者が、ここに1人…。

名を、friendship729spという。

その者、妖刀村正 ストームブリンガー 国套?を操りて戦いに出るも、

やがてそのラバーの魔力にとらわれ、心を失っていったという…。


出典:皆、パープル套(ニナ=パープルトン著)←なぜガンダムネタwww


…冗談はさておき(笑)、

紫の魔力に取り憑かれたのは本当ですw

最近紫づくめですからね。

今回もスーパースクープといたしまして、

タットルの最新ラバー・国套?を紹介します*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆


マニアック卓球用具王国・アバロン


まだまだ販路の少ない国套?、

国家隊用に作られた国仕様ラバーであるという情報があります。

まさか、藍鯨禁止になったとした時の代替案、というわけではないでしょうけど…;

それなので、販売しているどこでもパッケージがありません。

それにしては安いけどね。120?130元ですから。

トップシートは相変わらず綺麗です。

1か所だけ傷があるけど、まあ気にするほどのものでもないし。

粘着は国套?、?と同じですが、今や新鯨に比べたら弱いものになってしまいましたね。

あれです、丁度タキファイアCのような、じとっとした粘着です。

べとっ、ではなく、じとっ(笑)。

TSP粘着シートを剥がすとき、

くっつきすぎて剥がすのにも一苦労、ということはありませんw

日本製の粘着ラバー程度の剥がしやすさです。

そしてロゴデザインは史上最凶のカッコ悪さを維持(^▽^;)

どーしても、キン肉マンに出てきそうな超人をイメージしてしまうのですが(笑)。

↓こんなのwwwwwwww


マニアック卓球用具王国・アバロン


テキトーに描いてみました(笑)。

ペンタゴンに似たような感じを、どーしても受けてしまうのです…

って、僕だけですかコレwwwww


マニアック卓球用具王国・アバロン


今日はぶっ飛んでますね(笑)。

さて、国套?の最大の目玉は、藍鯨?同様のパープルスポンジ!

肝心のスポンジ面ですが、ご覧のとおり。

紫ですっ!!!

そして国套?、?でもあった「国套」の印鑑が押してあります。


マニアック卓球用具王国・アバロン


ラバー側面になると、いやがおうにも盛り上がります(≧▽≦)

紫だぜーいひゅーひゅー!!

あのカッコ悪い国套ロゴも、パープルスポンジとセットならギリギリで許せる(笑)。

やはりパープルスポンジは偉大です。


マニアック卓球用具王国・アバロン


じゃじゃーん!

「郭躍」藍鯨と国套?のパープルスポンジを比較してみましたー☆彡

右が郭躍藍鯨、左が国套?。

海夫のパープルスポンジのが、少し明るい感じですね。

タットル製パープルスポンジは、少し濃い目。

それでも、レアクトー製パープルスポンジに比べたら薄いですけど!

あれは濃すぎだ…orz

エクリプスのパープルスポンジは、逆に薄い。

やっぱりエロさ、セクシーさは海夫が1番です(*⌒∇⌒*)


それはともかく、そのパープルスポンジをぷにぷにしてみましたよ。

従来の国套はスポンジが硬くて、弾みはあるけど旧来の中国ラバーっぽさを残したラバーでしたが、

国套?はというとイメージが覆された?ヾ( ̄0 ̄;ノ



メッチャ軟らかい…



驚いたことに、美乳仕様でした(笑)vvvVVV

中国測定値で、36度くらいでしょうか?

日本換算でプラス5度程度の感触です。

少なくともキョウヒョウ並み、ではないです。

ソフトな7枚合板ラケットに貼ってみましたが、

弾みは国套?、?同様、きちんとあります。

藍鯨ほどではないにせよ、中国ラバーとしてはかなり弾む方。

打球感もやっぱりソフトで、こりゃあいいラバーなんじゃないのかと、

期待が持てますね!


待望の試打!

以前使ったことにある国套?(赤)と比べたら、

スピードは上がっていると思います。

多分、スポンジが軟らかくなって、インパクトに対してスポンジが硬すぎず、

ロスなくエネルギーを伝えられるからでしょうね。

ソフトな分、相手のドライブに対してショートが若干浮いてしまうけれども、

そこは技術でカバーできるレベル。

思ったよりは真っ直ぐ飛ばせますね。

スマッシュも問題なく出来ます。

藍鯨のように、補助剤使用で一気に食い込む感触ではなく、

シートとスポンジで全体的にボールを包み込むような感じです。

タキファイアCソフトみたいな、といえば分かるでしょうか(笑)。

あれを、かなりスピードアップした感じですね☆

ソフトさによる弊害は最小限に抑えられています。

藍鯨ほどサービス、ドライブのエグさはないものの、

十分なスピンがかかるし何より球持ちが丁度よいので、

藍鯨みたいに直線的に飛んでネットミス、ということはなく、

打球点の落ちたボールに対してもしっかり掴んでドライブしていけますo(^▽^)o

ストローク時に球が沈んだりというのは見込めませんが、

結構ドライブが鋭くてサイドを容易に切って狙えます。

国套?はシートの摩擦力でボールをとらえ、擦りドライブをする感じでしたが、

国套?はスポンジの弾力もプラスして飛ばすイメージです。

弾みの不規則さはなく、しっかり飛んでくれるので日本製ラバーのような信頼感もあります。

サービス、台上のやりやすさは言うに及ばず、です。


硬いスポンジが好きなパワーヒッターには向きませんが、

日本製粘着ラバーからもっと弾みの良い中国ラバーに移行したい、

藍鯨のような「グレー」なラバーからクリーンなラバーにしたい(笑)、

そういった方には間違いなくオススメのラバーです(=⌒▽⌒=)

総合力はかなり高いと言えるでしょう。

値段も安いし、日本市場に出回る日も遠くはないはず。

最初はぶっ飛んだ記事でしたが(笑)、

最後は真面目でしたねー。

こいつはイチオシですよ!藍鯨の次にいいラバーだと思います!

安価に紫の魅力に取り憑かれたい人はどーぞwwwwwwww


07/13|タットルコメント(4)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

friendship729sp

Author:friendship729sp
性別:男性
誕生日:6月4日 8時頃
血液型:O型
お住まいの地域:愛知県







自己紹介:Yahoo!知恵袋卓球カテ元1位、「friendship729sp」のIDは当時使用していたラバー名が由来。
「天座澪一」は同人用HN。
アバロンはかつて存在していた自クラブで、旧アバロンウェブサイトは用具レビューの先駆けであった。
既に公式大会を引退、趣味で並行用具等を試す日々。
プレイスタイルはサービス主体(爆)の前陣ドライブ攻守型。
ヘッダーのおにゃのこはアバロンマスコットキャラ・七瀬巳優(みゆう)。

好きな選手(引退含む、順不同):韓陽、オヤマ、マツモト、金擇洙、キム・ソンヒ、王晧、松下大星、于沈童、楊影、劉国梁、田崎俊雄、グルッバ、小山ちれ、ハラホバ、郝帥、孔令輝、クランパ、ホーマン、邱貽可、馬文革、ビルト、李倩

使用ラケット:双魚・中国玘2中国式
使用ラバー:タットル・ノースポール・赤・37度・MAX
イーケント・ラド・黒・MAX(暫定)


使用ラケット2:スターウッド・ルイス55中国式
使用ラバー2:タットル・55A・黒・38度・MAX
デアウインド・レイヘ・赤・45度


※ご用のある方は、ブログテーマ「メールフォーム」からご連絡ください。








安心・安全・低価格
アバロン提携並行卓球ショップ
↓「卓球中国ラバー専門店MASAKI」↓

アバロン提携並行ショップ「卓球中国ラバー専門店MASAKI」


にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ
にほんブログ村



ブログパーツ
最新の記事一覧
ブックマーク
ブロとも申請フォーム
ブログテーマ一覧
ブログ内検索
アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。