上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
※只今アバロンは休止中です。
今回は仮営業による更新なので、コメレスは復帰後行います。



マニアック卓球用具王国・アバロン

「そこのお前、おれの名前を言ってみろ」

マニアック卓球用具王国・アバロン

「もう1度チャンスをやる、おれの名前を言ってみろ」

マニアック卓球用具王国・アバロン

「おれはウソが大嫌いなんだよっ!!!」←人は騙すくせに?

いやあ、キャラ被っちゃいましたスイマセン(;^ω^A
ジャギも好きなものでw
見ないやつは人生の損失、北斗の拳の中でもきってのイロモノでありながら名場面を飾るともいえる、
南斗紅鶴拳・妖星のユダ。
天座が北斗の拳で1番好きなキャラですwwwwwwwww
基本的にもーふぉーキャラが好きなんですよね?、面白いし個性があるので。
ユダは島田さんの声も好きなんですが、その毒々しい配色も凄まじいwwwww



ユダについてはこの動画でお勉強してくださいねっ♪


赤い髪


パープルのリップ


ピンクのアイシャドウ(;^_^A


うむ、確かに美しいですなwwwwww
張郃とガチホモ決戦をさせてみたいなあ?????≧(´▽`)≦←ヤメロ
さて、そんなユダが修羅の国・中国に渡り名を上げたと聞き、早速駆けつけましたよー!

マニアック卓球用具王国・アバロン Σ(;) ノワッ?

何か見えたwwwwww
修羅の国でユダがどう美しく変わったか、そりでは全貌をお見せしましょーーー♪

マニアック卓球用具王国・アバロン

ユダは修羅の国の羅将(違)・許紹発センセーの軍門に降り、
ラバーとしてパワーアップしたよーですwwwwwwwww
已打底でありながら、あまりにも注目度が薄い999LSZ竜巻風已打底が、
ぬわんと新バージョンとなって帰ってきますたーーーーーヾ(@°▽°@)ノ
今から起こる怪現象(爆)からは想像もつかない、何故かロッククライミングの絵が描かれているパッケージです(^_^;)
仮にも「風」なんだからヒューイ ハンググライダー辺りにでもしておけばいーのに。
しかも紙パッケを真空パックで包むなんて…何か退化してねーか;?
因みに買ったのは赤ですよんw

マニアック卓球用具王国・アバロン

裏面は…パ、パッパパパパパーパパパパパッ!←イッパツマンwww


パープルスポンジ( ̄□ ̄;)!!


ぬわんと史上初、赤ラバーにパープルスポンジを搭載しちまいましたーーーwwwwwwwwww
想像するからに毒々しいwwwwwwwwwwwww
藍鯨?で一世を風靡したパープルスポンジも、ついに究極の美(大嘘)へ到達したよーです( ̄ー ̄;

マニアック卓球用具王国・アバロン

わざと画像を暗くしてますが、実際の色合いは本当にこれくらいなんですよf^_^;
パープルスポンジを無理矢理重ねることで、ダークレッドとも言えるよーな色になっちまいましたw
併し、流石はフレンドシップクオリティ。
ラバー自体は日本製ラバーを思うほど綺麗な作りです。

マニアック卓球用具王国・アバロン

スポンジ面も、今までと変わらず透明でテカテカした補助剤の膜がありますねー。
ただ今となっては海夫の品質神話が揺らぎ始めただけに、手抜きなくハイクオリティで仕上げに一切の妥協がないフレンドシップは、
非常に好感の持てるものとなっています。
パープルスポンジの色合いは、比較的明るくてコクトーマンの完全パープルと比べたら、
スミレ色と言ってもいいくらいのものですが。
あれと同じにしちゃうと、流石にトップシートがヤヴァいですかねwwwww

マニアック卓球用具王国・アバロン

さて、フィルム剥がしてみますた。
すっばらしいいいいいいい!!


美しい…(爆)。


真に日本製と見紛う綺麗さですよこれは。
ラバーに傷でもつけようものなら、


「おれの顔に傷がああああああああ!!!!」


とユダ様に怒られちゃいますねwwwwww
赤なだけあって(?)、粘着は殆どありません!
人によっちゃあ非粘着と思ってしまうかも。
併し僕はこーゆー粘着ラバー、好きだなあ。
というか赤粘着好きなんだよね、個人的に。

マニアック卓球用具王国・アバロン

ついに来ますたラバー側面ヽ(゚◇゚ )ノスゴーイ
見事に






テーレッテー♪
このラバーを使えば、まぢで血粧嘴が打てそーな気がしますwwwwww
ノーマルは全然面白くなかったけど、新バージョンはこれだけで持ってる価値があるwwwwwww
冗談はさておき、以前の竜巻風は非常にソフトで裏面でないと使えないよーな、
ぷにぷにのラバーでした。
新バージョンはと言うと、まず目に付くのがシートの異様なまでの粒の低さ!
殆ど粒見えない(^▽^;)
シートとスポンジをそのまんまくっつけちゃってると言ってもいーよw
しかもシートがやや厚いと思います。
スポンジ自体はコシがありながらも軟らかい感触ですが、どう考えても食い込まなさそー…。
球突きしてみると、結構弾みがありますね。
已打底ならではのスポンジのたわみに加えて、シートの弾力も感じられる。
ゴキッ、ゴキッと深く食い込んだノーマル竜巻風に比べると、明らかに食い込みが減ってます。
ペンドラにとってはむしろ大歓迎(・ω・)bグッ!

ではでは、南斗紅鶴拳の真髄を確かめましょーヽ(゜▽、゜)ノウヒャヒャ
何か今回ノリノリだなwww
フォア打ちはせずいきなりフリーで打ったのですが、案の定。
粒が極端に低い為に全く食い込みがありませーーーんwww
打つたびにカチーンカチーンと非常に硬質な打球音で、ドライブがどんどん決まる(*^-^)b
スポンジは已打底効果で軟らかいのですが、シートのたわみが全然ないので全体として超ハードです。
粘着がほぼなかったシートですが、ゴム質自体がとてもいいのでがっちりボールを掴まえ、
回転量が多く確実に球が沈んで相手コートにドライブが入りますね。
とても硬いシートがボールを確実に掴まえ、ソフトなスポンジがパワーをためて放つ感じ、分かりますかね?
粘着が少なく厚いシートといえばボムもそーだったりするのですが、あっちはゴム質が安っぽくてテカテカしているので好みじゃない。
それに引き換え、このユダラバー(笑)はゴムの品質感を感じられるので多量の粘着は無用っすね♪
中陣からでも飛距離を出せる上に結構真っ直ぐ飛ぶので、やはりペンドラに持って来いのラバーと言うべきでしょう。
あまり慣れてなくても手に伝わる感触がしっかりしているので、「こう打てば入る」というのが分かりやすい。
今まで、フレンドシップ系ではギャンブラーのレイス辺りが最速ではなかったかと思いますが、
999LSZ竜巻風已打底パープルスポンジは藍鯨?已打底に近い弾みを持っています。
厳密にはやや劣るんだけど、遜色ない。
スポンジもシートも、これだけ弾力を感じたフレンドシップラバーは初めてっすよo(〃^▽^〃)o
そう、シートの弾力もあるのでフレンドシップ系の弱点だった、スマッシュもフツーにばちこーんと打てます!
ショートは可もなく不可もなくですが、プッシュの威力がやや弱いかな…粒が低いので弾くときにぽよんと浮いてしまう感じがする。
まあ慣れれば打てるでしょうけど。
サービスは特別凄いわけでもなく、無難に出せるけど安定感があるので、品質ムラでインフォメーションが分かりにくい藍鯨などよりずっと健全なのでは。
しかーし!
完璧と思われたユダの拳にも致命的な弱点がwwwwwwwwwwwwww
実は…全く食い込みのないシートの為に、相手のサービスに対して異常なまでに反応してしまうorz
おかげでレシーブはボロボロです(x_x;)
これには参った;;;;;

それでも邪魔な食い込みがなく、ペンドラのスウィングに適した素敵ラバーということで物凄く気に入りましたね(≧▽≦)
ノーマルとあまりにも違うのでびっくりですがwww
ブラパがなかったら、多分本職にしていましたねこのラバーは。
ブラパがあるので残念ながら採用はしませんが…というか現時点で入手が非常に困難というのもあります。
何気にレアラバーなのよ、ユダ様はwww
999LSZ竜巻風已打底パープルスポンジの最大の特徴は、硬質な打球感と弾み。
食い込みが欲しい人には向きませんが、それでもスポンジがカチコチのラバーと比べたら使いやすさはあるし、赤ラバーの特徴が出ていると言ってもいーのでは。
已打底でない999LSZは硬いそーですが、やっと本家の味に戻ったと言うべきか(笑)?
何より、フレンドシップクオリティで藍鯨に近い性能を得られると言うのはデカいっすね。
品質が高い分クセ球にはなりにくいものの、十分中国ラバーしてますよ。
イロモノな外見に似合わず超好印象のラバーでした(*^ー^)ノ
…というか、僕がどんだけハードなラバーを好むかよく分かったので、フツーの感覚の方は真似しないよーに気をつけてくだしあwwwwwwwww
スポンサーサイト
09/19|シュシャオファ||TOP↑
中国では色んな方が卓球ブランドを作っているのです。
日本で言えば「松下浩二」という卓球用品があるようなもので(笑)。
併し、世界チャンピオンならいいですよ。
知名度も高いのでイメージは沸きますが、中堅クラスの選手だと
「あんた誰?」状態になってしまいます(;^_^A
中堅でも李振恃(リ・ツェンス)や謝賽克(シェ・サイク)は分かるんですけど…。
併し許紹発(シュシャオファ)さんは分かりませんでしたorz
色々探してみましたら、許紹発さんがプレイされている動画を見つけましたよw



なんでも、75年世界大会のベスト16戦、ユーゴスラビア(当時)のエース・シュルベックと対戦しているところだそーで。
裏ソフトの前陣ドライブ型、きっと世界初の中国ラバー、729を使っているに違いないw
ショートの威力は低いけれど、フォアドライブの打球点の早さといいサービスといい、
30年前とは思えない技術レベルの高さですな?ヾ( ̄0 ̄;ノ
僕なんかが対戦してもスコンスコンにやられてしまいそうですwww
もう1つ、許紹発が紹介されている動画をドゾ。



コーチ、あるいは監督としての氏の業績、並びに裏面打法を開発するに至った経緯のドキュメンタリーのようです。
ううむ、これを見る限りでは、僕が無知なだけでそーとー偉大な人物ということになりそうです;
裏面打法は李富栄(リ・フーロン)のアイディアだと聞いていたけど、
実際には許紹発も開発に加わってそうですね。
確かに80年代後半の中国速攻の2人は、何故ここまで?というほどショートミスが多かった。
あれでは世界で勝てない、そう思ったのでしょう。
興味深いのが、裏面打法の公式デビューとされる92年の中国・パナソニックオープンで、
劉国梁が北朝鮮のリ・グンサンを破っているのを初めて動画で見ましたo(^▽^)o!
このシーン、TSPトピックスの写真で見ていたんですよね。
ただ、この大会で劉国梁は松下雄二に負けてるんですけど(苦笑)。

さて本題。
その許紹発が自らのブランドで用具を出してるのは、日本の皆さんもご存じですが、
ついに海夫、紅双喜、フレンドシップ以外のブランドからも已打底ラバーが登場しますた!
卓球界の情勢からして、ひとまず已打底は大丈夫、と思ったんでしょうかね?
確かに一段落した感はありますが、そこで中国各社の動きが活発になってきたようです。
許紹発が已打底?
マニアックだなあ?と思うかもしれませんが(笑)、
ラバー自体はフレンドシップと同じ工場で作ってると推測されますので、
729?8省用已打底と関係があると思えば違和感もないでしょうw
そんなわけで手に入れたのが、こちら999LSZ竜巻風已打底でございまーす(^∇^)

マニアック卓球用具王国・アバロン

本人の頭文字「X」を配したパッケージは、かなりカッコいいです(b^-゜)
見ての通りの真空パック、従来の許紹発のイメージとは全然違う一流ブランドの薫りが漂いますな(笑)!
右下に数値が書いてあるけど、これは全く当てにならないので(苦笑)。

マニアック卓球用具王国・アバロン

裏には窓が付いていまする。
硬度は38度で、下に書いてある中国語は「新技術」の意味です。
窓から見て分かる通り、ブルースポンジなのですよキタ━━━(゚∀゚)━━━!!!
これがカッコよくて買ったようなものです(笑)。

マニアック卓球用具王国・アバロン

ドキをムネムネさせながら開封して取り出したラバーでございます。
トップシートは黒、因みに赤だとスポンジはオレンジです。
弾みが違うかは分かりませんw
中国ラバーでよく見る合格証のシール、これはフレンドシップと関係が深い某工場で製造した証と思われます。
藍鯨の厚手な保護フィルムと似たような光り方をしていますが、
こちらはそんな使いまわせるようなフィルムではありまっせーんwww

マニアック卓球用具王国・アバロン

スポンジ面。
かなり鮮やかなブルーですな、この画像は実際の色にだいぶ近いです。
あ、まだフィルム剥がしてないですけど!

マニアック卓球用具王国・アバロン

剥がしますたヾ(@°▽°@)ノ
つやっつやで濃い青色になりましたね、ブルースポンジといったら紅双喜ですが、
あれよりも鮮やかさが増してる気がして僕はこちらのが好きです。
硬度の刻印、藍鯨みたいにスポンジ面へ焼き付けてあるのとは違うので、
フィルムに印刷されてるのかと思ったらそんなことはなかったですね。
スポンジ面が膨張しているのが分かりますw
併し貼るのに一苦労な藍鯨に比べたら、それほど反ってないような!?
皮膜も全然厚くないですね。
やっぱり729?8已打底と同じような仕上げになってるようです。

マニアック卓球用具王国・アバロン

シート表面。
デザインが元の999LSZ竜巻風と変わってるかもしれませんが、
きっとおkなんでしょうなあ。
他にもそーゆーラバーが沢山あるし。
フレンドシップ系の常で、これもやはり微粘着です。
ただ、スリップするほど酷くないというか、粘着の質がいいのは嬉しいですね♪

マニアック卓球用具王国・アバロン

ロゴ拡大。
これで見ても、粘着の境目がうっすらとあるだけ。
ホントに最近は微粘着が流行りだなあ;
もっと強粘着があってもいいのにと思うのは僕だけ(-"-;A?

マニアック卓球用具王国・アバロン

ラバー側面。
うほほほほ来た???????ブルースポンジ(≧▽≦)
これで已打底ってんだから、カッコよすぎてたまらんぜよ!
ところでこれ、見て分かります?
シートの粒が殆ど見えないほど低いんですよ;
そしてシートも薄い。
同じ已打底でも藍鯨はシートが厚かったですが、999LSZは明らかにスポンジが厚いです!
メッチャ厚い!
もしかして、2.2mm超えてるんじゃないの?と思うのですが…。
シートと粒が薄いので、トータルでは4mmですね。
スポンジをぷにると、藍鯨と同じようなもちもち感が出ています(笑)。
それにしても軟らかいですね、わ?いおっぱいスポンジ?(*⌒∇⌒*)
藍鯨?の36度を使った時と、変わらない軟らかさです!
スポンジがやたら厚いから、余計にソフトに感じられるのかも。

球突きをしてみると、あー…
はい、これはいつものフレンドシップ系の打球感です(;^_^A
シートの弾力が感じられません。
その代わりスポンジはホントにソフトで、食い込んでラケットまでボールが届いてる感触。
総じて弾みは大人しめで、藍鯨のようなぶっ飛び感はないですね。
勿論、一般的な中国ラバーよりは弾みますけど。
729?8省用已打底もそんなような感じですよねえ。
ただ、何度も言うようにとにかくソフトなんですよ!
許紹発のラバーってひたすら硬いという話なので、
それを考えたら同じラバーとは思えない異次元ぶりだと思います!
しかも硬度の感覚が、海夫より更に2度下がってる。
なので38度でも、藍鯨なら36度と同じ軟らかさと言っていいでしょう。
今回、ソフトなのを見越してカーボンラケットに貼りました。
あと皮膜が多くないからか、重量も軽かったですね。
皮膜込みで53gです。
郭躍藍鯨が60gだったことを考えると、
仮に皮膜がなくても5g前後は軽そうですね( ̄▽+ ̄*)

さて、お待ちかねの実打です!
フォア打ちをしてみると、やっぱりそれほど弾む感覚ではないですね。
カーボンに貼ってるのに、オーバーミスするような気配はない。
シートが薄い…その感触が気になるんですよね;
併し久々の已打底で、食い込みのあるドライブは懐かしいですね?(‐^▽^‐)
球離れも藍鯨ほど早くはないですよ。
ただ…やっぱりフレンドシップ系?
ノングルーになってからというもの、弾道のアンバランスさばかりが目立ち、
到底納得できない球が連発なんですけど;;;
ドライブの球の沈みが少ないし、ツッツキもそれほど切れず、
その割に相手の回転には敏感で、ショートすると浮いてミスってしまいます。
シートの弾力がないものだから、こちらがしっかり打たないと食い込まずにネットミス。
というか中途半端に直線的な弾道なんですよ!
っこれ、やりにくぅ????????ヾ(。`Д´。)ノ
あんまりにも入らなくてミスばっかりだったので、
どーしよーもなくて仕方なく裏面で使ってみることにしましたよ;

…裏面で使ってみたら、


化けたwwwwwwwwww


メチャクチャ入るでないの!
スポンジが食い込んで、丁度いい直線的な弾道で相手コートに弾くことが出来ます(`∀´)
特にカウンターは相手の威力をスポンジが抑え込んで、
ミスなく確実に弾き返してくれる!
王皓の、裏面カウンターもこれなら出来る(・ω・)b
何より、1番気に入ったのがドライブ!
テナジーっぽいというか、「ビキッ」という音と共に食い込みながら一瞬間を置いて飛び出す感覚で、
しかも物凄くボールが曲がる( ゚-゚)( ゚ロ゚)(( ロ゚)゚((( ロ)~゚ ゚
何じゃあこりゃああああああ!
こんな感覚初めてだ?、何かホントに馬林になったような気分で、
ぐねぐね裏面ドライブを曲げて楽しんでましたwwwww
馬林がよくやる、飛び込みざまの裏面強打も出来ます!
表面ではスーパーダメラバーだったのに、裏面では自由自在、
何でも入るスーパーラバーに大変身を遂げてしまいましたよ(`・ω・´)ゞ
殆ど文句のつけようがないっす(笑)。
ひとつだけ難を挙げるなら、やっぱりもうちょっと飛びが欲しいかなあと。
球は速いですけど飛距離が足らない時が有って、ネットに引っ掛けちゃいますね。
あの不自然な直線的弾道が影響してるのかも(苦笑)。

藍鯨?の時もそうでしたが、
軟らかい中国ラバーって表面やフォア面には全然合わないことがよく分かりました(笑)。
とにかくシートの感触と、球筋が変なんですよ;
だからフォアに貼るなら、硬い中国ラバーのがいい。
ソフトな中国ラバーの生きる道は、ズバリ「バックハンド」。
999LSZ竜巻風は重量も軽いし微粘着なので、
全く問題なく裏面で使用出来ますよ!
僕、今まで使ってきたラバーで1番自信を持って、ミスなく裏面が打てましたもんwwwww
それくらいバックに合ってる。
なので、このラバーはバック専用だと思ってくださって結構です♪
フォアで上手く使いこなせる方がいたら、ぜひお便りください(笑)。
バックで最強ラバーです、ハイ( ̄▽+ ̄*)
11/30|シュシャオファコメント(8)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

friendship729sp

Author:friendship729sp
性別:男性
誕生日:6月4日 8時頃
血液型:O型
お住まいの地域:愛知県







自己紹介:Yahoo!知恵袋卓球カテ元1位、「friendship729sp」のIDは当時使用していたラバー名が由来。
「天座澪一」は同人用HN。
アバロンはかつて存在していた自クラブで、旧アバロンウェブサイトは用具レビューの先駆けであった。
既に公式大会を引退、趣味で並行用具等を試す日々。
プレイスタイルはサービス主体(爆)の前陣ドライブ攻守型。
ヘッダーのおにゃのこはアバロンマスコットキャラ・七瀬巳優(みゆう)。

好きな選手(引退含む、順不同):韓陽、オヤマ、マツモト、金擇洙、キム・ソンヒ、王晧、松下大星、于沈童、楊影、劉国梁、田崎俊雄、グルッバ、小山ちれ、ハラホバ、郝帥、孔令輝、クランパ、ホーマン、邱貽可、馬文革、ビルト、李倩

使用ラケット:双魚・中国玘2中国式
使用ラバー:タットル・ノースポール・赤・37度・MAX
イーケント・ラド・黒・MAX(暫定)


使用ラケット2:スターウッド・ルイス55中国式
使用ラバー2:タットル・55A・黒・38度・MAX
デアウインド・レイヘ・赤・45度


※ご用のある方は、ブログテーマ「メールフォーム」からご連絡ください。








安心・安全・低価格
アバロン提携並行卓球ショップ
↓「卓球中国ラバー専門店MASAKI」↓

アバロン提携並行ショップ「卓球中国ラバー専門店MASAKI」


にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ
にほんブログ村



ブログパーツ
最新の記事一覧
ブックマーク
ブロとも申請フォーム
ブログテーマ一覧
ブログ内検索
アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。