上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
~勝手にオヌヌメ(コラ)~

4nepg.jpg←クリック!

いつでもどこでも、「戦艦少女」(≧▽≦)!
艦これユーザーにお薦め、中国が本気を出した艦これパクリゲーの大本命(をい)!
野良アプリとしてAndroid及びiPhoneにインストール可能デース!
えっちい中破は勿論、改造やオリジナル要素のスキル、更にはケッコンシステムまでも再現w
日本艦のみならず外国艦も多数登場、無課金で十分遊べるので暇つぶしにいかがwww


(広告)ラバー提供元:卓球中国ラバー専門店MASAKI
エアー製品のお求めはこちらへどうぞ!

logo.jpglogo.jpglogo.jpg
logo.jpglogo.jpglogo.jpg


SIMロック解除義務化が新作スマホのみで超絶がっかりの天座でございますorz
iPhone5が相変わらずMVNOへ移行できず、歯がゆいばかり。
ファクトリーアンロックするしかないのかと思ってますが…(何言ってるか分からん人はぐぐって)。
日本って利権意識ばっかでつまらんねホントに。
MVNOだって、普及率は数パーセントでしかない。
わざわざ利権にぼったくりなお金を払ってる皆様方、ご苦労様です←
多分、ここに来てる95%の人はそうなんでしょう←
そんな中、スマホでもMVNOを利用した「ほぼスマホ」なるものが登場しましたが、
卓球界にもその波が来たっ!
かつてあまりにも凄まじい性能ゆえに、
利用者以外のブーイングを受けあっけなくルール改正へ追い込まれた伝説のラバー、
アンチ粒高。
アンチ粒を失って以来、様々な代替案が出たものの未だその性能を求めて彷徨っている、
幽霊船 ユーザーは多いはず。



アンチ粒ってこんな感じ。
奥側のゾルヤが当時使っていたのが、ヨーラの中国製アンチ粒・ファキアー。
ゾルヤがバック面で打った時、りーちゃんたんがとんでもないミスを連発しているのが分かります。
結局はフォアを狙われるんですけどね。
さてそんなアンチ粒を、とうとう


ほぼアンチ粒


まで仕上げてきたラバーが登場しましたよ\(^o^)/!



ぱんぱかぱーん\(^o^)/!
ぱんぱかぱーん\(^o^)/!
ぱんぱかぱーん\(^o^)/!
それは何と、まさかの方針転換を果たしたUPPROでございましたw

20150501045128988.jpg

シート表面。
かつてのアンチ粒を知っている人なら、全然テカってないので「あれっ?」と思うかもですが、
あくまで


ほぼアンチ粒


なのですw
なのですw
なのですwww
完全にアンチ粒ではルール違反なので、厳密にはわずかに摩擦力があります。
しかし、一般的な粒高と比べたら遥かに


つるっつる(@_@)!!


ヤバいです(;^ω^)
公認を受けている以上問題ないとは思いますが、これ大丈夫かと思うくらい滑ります。
裏ソフトで言ったら、他がテナジーに対してマイクロとかダンとかそこら辺のレベル(爆)。

20150501045129069.jpg

布目は細かく、粒は細いけど密集している感じです。
もし布目なしだったらコントロール不可になりそうですからねえ~(^▽^;)
粒自体はそんなに硬いわけではないですが、詰まっているので倒しやすいタイプではなさそう。
むしろ、ほぼアンチ効果を出すためにわざと倒れないようにしてあるというべきか。
シート裏にも布目があって、クッションの役割を果たしそうです。

実際に打ってみましたが、











\(^o^)/
ホントにほぼアンチ粒ですw
比較的スリップ効果のあるカール、タレントなんて目じゃないです。
かなり滑ります。
滑るので弾道が非常に低く、浮くことやオーバーミスは皆無。
どんな強ドライブでも簡単に止められます。
少なくとも、愛たそくらいのドライブなら100%止まるwww
今回、ミッドに近いミッドスローの攻撃用ラケットに貼ってこれなので、
粒高用ラケットに貼ったらもっと凄いと思うよ!
攻撃用ラケットに貼った場合、台から出るかでないかくらいのところで落ちるので相手は非常に取りにくい。
また、回転の変化が読みづらくわずかに回転が残っていたりいなかったり、
その読み間違いで細かなミスを沢山誘えます。
更に、ナックルの球質がとても重たいので、粒高のスペクトルと言っても過言ではあるまい。
但し、あくまでほぼアンチ粒なのです。
アンチ粒そのもののような大きな変化はなく、ボールがブレまくったり強烈なバックスピンと言ったボールは出ないかな。
先にも言った通り、粒が倒しにくいことも1つの要因かと。
摩擦力が低いゆえに、球離れが早くて粒が倒れる前に飛んでいるのかもしれない。
ただ私は粒高本職ではないのでこの程度ですが、本職の人だったら粒を倒せるんじゃないかなあと。
その場合は、凄い変化が出そうな予感はありますね。
低弾道なため、ネットミスが出やすいのもコントロール上は難点かも。
併し、浮くよりはいいんじゃないかなあ。
アンチ粒みたいなコントロール激ムズというほどではないです。
感覚としては、ファキアーみたいな中国製アンチ粒ではなく、
バンブーカールのような日本製アンチ粒に近いと思います。
やや規則的な弾道で、イレギュラーは少ないもののとにかく止まる。
そのブロック性能は現状の粒高界ではダントツなんじゃないでしょうかね。
ほぼアンチ粒というのが逆に幸いした部分では、わずかに摩擦力があるため反撃が可能です。
ファキアーなんて攻撃出来るのか!?というようなコントロールの難しさでしたが、
新UPPROなら普通に攻撃できます。
とはいえ、スピードが出るはずもないのであくまでオマケです。
スマッシュくらいは何とかなるので、相手のループを狙い撃つのもいいかも。
気になるのが粒の耐久性ですが、かつての中国製アンチ粒はポロポロ粒が取れて酷かったものとは別です。
普通に使ってる分には、粒が取れることはないでしょう。

アンチ粒が現代によみがえったらと思っていた人は多いと思いますが、
その限界まで挑んだのが今作。
これ以上のものは無理でしょwww
それを願っていた人は買うしかないよね、やっぱり。
ただ、この記事を書いている


2015年5月時点ではまだ販売していない


ので、販売開始を待て(≧▽≦)!
そもそも、サンプルだってスポンジ付きすらなくてOXしか試せてないのだからねえ;
ペン粒のみならず、


何でも止まるカット用粒高


としてもいけそうな気がするのですよ、ええ。
ダイナというのは本来、スポンジ名?らしいので、スポンジ付きも出るんじゃないかと。
ブチ切れタイプのノイバウアー・No1とはベクトルの違うラバーではありますが、
ひたすら止めて止めて止めまくる守備的戦術には合うはず。
また、プラでも通用する粒高ラバーとしても貴重です。
あとまあ難点を言うなら、相変わらずロゴがデカいので空けて貼るしかないよねってことくらい(^▽^;)
シェイクでも、別に空けて貼ったってルール違反じゃないのよ?
見た目の問題ですからwww
以前一旦小さくなったのに、また元に戻すってどういうことだよ;;;
…と、そんなことはどうでもいいくらい驚愕のラバーなので、ぜひ皆さん使いましょう\(^o^)/
当たり前ですが、値段も


No1のうん分の1


ですからwww
昔よりノイバウアーもマシになったとはいえ、相変わらず高い。
高すぎる!
新UPPROなら3枚くらい買えそうですw
スポンサーサイト
05/12|エアー||TOP↑
-PR-注目の情報-PR-

激安ラバーを売ってるお店は?
ラバー新しくしたいけどお金がない!
そんな庶民の味方!MASAKI




ぢゃぢゃーん\(~o~)/!!
つひにあのエアーが、


ラケットプロジェクト始動!


但し、HPにあるあの画像とは、全く違うモデルになるみたいで。


毎度お馴染み、大迷走が得意なエアーですからwwwwwwwwwwwwwwww


それはともかく、エアーがラケットでどれだけ実力を持っているのかは、全くの未知数。
弾みはあるのか、個性はあるのか、それ以前に商品として成り立つ品質を持ちうるのか。
ラバーで言えば性能は初期より落ちているものの、品質は悪くないですね。
ラケットでも同程度の品質に仕上げてくれれば、取り敢えずは十分と言えよう。
で、とーとーエアーからラケットが送られてきましたあああああwwwwwwwwwww
2本あったのですが、ぬわんとどちらもグリップ同じ(爆)。


とりまつけたおwwwwwwwwwwwwww


的なてきとー臭が漂いまくりwwwwwwwwwwwwwwww
いかにも試作品だと分かる見栄えがしますのお。
それはともかく、驚いたことにエアーというブランドを展開するこの会社(社名は知らぬwwwwwwwwwwww)、
以前存在したセブンというブランドを覚えている人はいるだろーか。
あれ、


どいちぇ人とエアースタッフが組んで作っていたブランドらすいwwwwwwww


らばあリストから消滅するも、いまだ中国ではらばあやラケット出したり健在なのだがwwwwwwwww
さて肝心のエアーラケット第1弾だお(・∀・)

2kurorake.jpg


真っ黒wwwwwwwwwwwwwwwwwwww


まさかの黒ラケwwwww
グリップのてきとーさも驚きに拍車をかける(爆)。
何の木か分からないくらい塗りこめていて、まさに漆黒。


黒ラベル


って呼んでいいっすかwwwwwwwwwwwwwww



黒ラベルと言えば、たっきうでお馴染みこのCM!
大多数の人間が気付いていないと思うが、最初をよーく見てけれ。
らばあがぬわんと、


UQwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


もし、これに気付いている人がいたらすげいと思ふwwwwwwwwwwwwwwwwww
ラケットが何かまでは分からないが、多分トスポ製なんでせう。
世界トップ選手だったら、


ネッジ(ネット+エッジ)


でも取れちゃうくらいだから、このネッジだって決まるとは限らぬ。
エッジ取る練習してるくらいだしねえ。
ネッジが決まらない世界があるんだということを、世間に知ってほすいwwwwwwwwwww
後年、色んなバージョンが制作されたが、どーせなら


ネッジ取っちゃったバージョン


を作ってくれないすかねえwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

2kurorake2.jpg

そりでは本題に戻る。
ラケット側面を見ると、添え芯まで黒wwwwwwwwwwwwwwwwwww
うーん、一体何の木なんだこりゃ…。
真っ黒すぎて全く分からん!
中芯は、桐だということが分かるけど。
薄そうな見た目ですが、実際には思ったより厚めで6mmありまふ。
重量も87gと、若干重め。
グリップが98mmでやや短いのと、ブレード形が縦160mmなので重心が少し外にありますね。
ワタス好みではあるが、ブレードはもう少し小さくてもいいんじゃなかろーか。
市販品がグリップこのまんまで出るかは分からんが(爆)、形はけっこー好きっすね。
途中までストレートみたいに細く、裾が急激に広がっている形状でおます。

らばあを貼って球突きしてみると、


何じゃこりゃあああああああああああああああああああああああああああ!!!


ってくらい硬い!
びっくりするほど硬い!!!
ええええええええええええええwwwwwwwwwww
まるでカーボンラケットかのよーな硬さ。
特に外側が硬く、まるで


エバンホルツみたいなイメージっすw


今まで色んなラケット使ってきたけど、ここまで硬い木材を使ってるラケットって見たことねーずえーwww
但し、中芯は桐なので闇雲に硬いだけではなく、少し食いつきを感じるんですな。
そこがすちがのハードウッドシリーズと違うところ。
あっちはアユースだからね。
弾みはまあまあ。
ミッドファストと言ってもいいくらいだけど、そんなに暴発するよーな飛びではないです。
いんてんしちーよりも確実に飛ばない。
ストラタスさむそのぷバカボン(爆)よりは弾むかな?というところ。
中国製ということを考えれば、らばあに頼らなくても弾みが確保出来るのは滅多にないことであり、
エアー製ラケットの基本性能の高さをうかがい知ることが出来ますな。
併し、この性質は極端だwwwwwwwwwwwwww

さあ、実打ですお!
フォア打ちをすると、パッキンパッキン音が鳴るwwwwwwwww
つか、かってえwwwwwwwwwwwww
ワタスの使ってるラケットが全体的に軟らかめというのもあるが、すんげー真っ直ぐ飛ぶし、硬い。
あれだ、最近真っ黒で猛烈に硬い、話題のらばあがあったじゃないですか。


タウwwwwwwwwwwwwwwwwwww


そう、エアー黒ラケはまさに、ラケット版タウでござるよwwwwwwwwwwwwwwwwww
厳密に言うと、タウはクセがありすぎて難解ならばあでしたが、
エアー黒ラケはめっちゃ硬いんだけど中芯桐のおかげか、使えないレベルではないです。
弾みが強すぎないので、球離れが思ったほど早くないのもあるかもしれぬ。
球離れの早いいんてんしちーや、硬いくせに不自然なしなりのあるエバンと比べたら、
硬い割には自然なフィーリングですかのお。
硬いけど使いやすさもある、ちもALCと似た感触もありますな。
どりゃーぶを打ってみると、貼ってるらばあのせいもあるかもしれないが飛距離はやや短めです。
まあ、こんだけ硬いしねえwwwwwwwwwwwww
シェイク選手だとほぼ無理だと思う。
実際、あぴたそは硬さに負けてどりゃーぶボトボトネットに落としてましたわwwwwwwwww
併しペン選手なら、この硬さが真っ直ぐ飛ばせる丁度いい弾道になるんじゃないでせうか。
そう、ノングルー以来ワタスが常々言ってきた「軟らかいとオーバーミス」というのが、
このラケットではまずオーバーしない。


こんなに硬くないと解消されないのかwwwwwwwwwww


うーん、絶句したくなるが今後の天座理論に影響を与えそーではある。
試作とはいえ、よくこんなラケットをリリースしたなエアーよwwwww
硬い割には、回転量も悪くないですお。
あまりにも硬さを感じる場合は、無理やりにでも擦ってラバー表面で打ってやれば多少は解消されるけど。
すんごく低い弾道で弧を描く様は、まるで


レーザーラッシュにミクロパワー35lbsで貼った気分wwwwwwwwwwwwww


2bef.jpg

ああ皆さんは分かりませんねwwwwwwwwwww
ワタス、全国大会行ってる人のガットも張ってますのよ(´▽`)
バックハンドは軟らかいらばあを貼ったのもあるけれど、こちらの方がフツーの人には合いそうですな。
どんだけラケットが硬いからって、らばあをソフトにしてやれば何とかなるもんですよ。
とかく上へ飛びがちなスピン系らばあでも、エアー黒ラケなら真っ直ぐ飛ばしてくれるんじゃなかろーかwww
絶賛すべきはブロック。
何というか、ペン粒でブロックしてるよーな感覚で、
カット気味にブロックしてやるとどんな剛球でもコートへねじ込んでやることが出来ますwwwww
ボールが落ちてネットすることなく、絶妙な弾道。
外が硬くて内が軟らかい合板構成が、功を奏しているやうだ。
なので、どんなどりゃーぶでも正確に、いとも簡単にブロック(・∀・)!
これはすげーっすね。
ペン粒ラケとしてはやや弾みが強いものの、もしかするといけるんじゃないのかwwwww
でもこのラケット、


日本に2本しかないんですシャレじゃねっすよすいませんwwwwwwwwwwww


ぜひ市販してほしーものですが、全く売る気はないらしいから勿体ないorz

結論としては、


エバン+ちもALC


っつーか、


猛烈に硬くしたデュラングル


っつー感じのラケットでおますwwwwwwwwwwww


ラケット界のタウ


でもいいおwwwwwwwwwwwwwwwwww
併しその異常な硬さが理想の弾道を提供し、まさにノングルーに適したラケットと言えるでせう。
基本的には軟らかいラバーとの相性がよく、フツーはイルミナ貼るべきラケットなんでしょーなwwwwwwwwww
ワタスが使うのであれば、軟らかめの粘着らばあにするかと。
アホみたいに硬い上板、添え芯をカバーしてくれるのが、中芯の桐。
もしアユースを採用してたら、とんでもなく硬い暴発ラケに終始して使いものにならなかったと思ふ。
すちがのハードウッドも、中芯桐に替えたら印象が随分変わるんじゃないかと思うけど、
さすがにやらないかwwwwwwwwww
桐ラケはフィーリングが悪く、パワー抜けもあるので設計が難しいんですよねえ…。
最近使った桐ラケインナー2本、デュラングルとファイヤーフォールFCは、
どちらもフィーリングがかなり悪かった…悪夢みたいなフィーリングだったのでwwwwwwwwwwwwww
ビスカリアみたいないい桐ラケに出会えることは、滅多にないし幸運と言えるわけで、
その中でこのエアー桐ラケは


いい桐ラケ


であることは間違いなす(・∀・)!
フィーリング悪くないし、パワー抜けもそんなに感じないですね。
返す返すも惜しむらくは、


市販されないこと(ノД`)・゜・。ウワアアアアアン


市販バージョンのが劣化する可能性の高いいつものエアーだったら、期待薄wwwwwwwwwww
まさかの天才ぶり発揮だったら、イルミナ初期ロットみたく期待してけれwwwwwwwwwwwwww
まあ、ダメな部分を変えようとするといいところまでなくなってしまうので、


多分ダメかな(爆)wwwwwwwwwwwww



-PR-注目の情報-PR-

激安ラバーを売ってるお店は?
ラバー新しくしたいけどお金がない!
そんな庶民の味方!MASAKI

12/02|エアー||TOP↑
※現在アバロンは仮休止中です。
更新は最低限なのでご了承ください。



※注意:今回のエアーラバーは2013年発売予定モデルです。
また、市販品と性能が異なる場合があります。


天座のアイディアによって実現した、


1masaki.jpg × 


夢のコラボ企画!


両店とも許可を取ってませんwwwwwwwwwwwwwwwwww


いえーい独断だぜべいべーwwwwwwwww←

img3299.jpg

七瀬巳優「初めまして、アバロソマスコットキャラクターの七瀬巳優でーすv
今回は夢の2店舗コラボ企画・パナメーラRFE+イーグルファスト中国式を紹介します!
…え?以前にも私を見たことがある?


気のせい


なんじゃない(爆)w
有ると思うなら探してみなさいよほらほらーwww」

200号店「ども、アバロソ


200号店っすwwwwwwwwwwwww


天座さんは3月までえろぽん制作作業に入るので、


質問を与えないで下さいwwwwwwwwwwww


質問送っても無視しますので悪しからずwww」←真面目な話としてご協力くだせえ

七瀬巳優「全部試したわけじゃないんだけど、恐らく世界で最も回転のかかる(?)表ソフト、
エアーのパナメーラ。
ただ、中国製表自体が抱えている弱点を克服出来ない限り、使いようがないわけで。
それは

1:スポンジが硬い

2:飛びが弱い

3:重量が重い

ということ。
新作・パナメーラRFEになってもその弱点は変わらずでした」

200号店「まずはパナメーラRFEがどんなラバーか、旧パナメーラとどう違うか解説していきませう」

1image 810954559

七瀬巳優「シートは別段品質がよいとは言えないけど、スピンピップスみたいにバリはないし、
ドイツ製表みたいにすぐ寿命が尽きることもなさそうだし、合格点だと思いますー」

1image 810954560

200号店「相変わらずロゴがデカいんだけど、ギリギリでシェイクにも貼れるんじゃないかなーw
粒形状はめちゃでっかく、側面はほぼ台形でてっぺんだけ円柱形。
布目はそこそこ強くて、安定して入ってますねwww」

1image 810954561

七瀬巳優「RFEで採用された新ホワイトスポンジ(?)はぼてっとしていて、あまりたわみを感じないのがなあ;;;
33度とのことだけど、日本換算で42度だからスペクトルスピードに近い硬さになってしまうわね。
旧パナメーラよりは弾みがあると思うけど、球突きしてもスピード9くらい…?
多分、スピーディーPO辺りよりやや飛びが弱いといったところかな」

200号店「回転はめっちゃかかるんすよwwwww
表とは思えないくらい引っかかるし、スレイバーやマークⅤレベルのスピンはあるんじゃないでしょーかねw」

七瀬巳優「最初は普通のラケットで打ってみたけど、表としては打球感が硬すぎて使いづらいし、
球離れが早くて折角の回転系粒を生かせない><
飛びも十分とは言えなくて、これじゃ裏ソフトに力負けちゃうよなあという感触でしたorz
まあこれはパナメーラRFEに限らず、ほぼ全ての中国製表に言えることなんだけど」

200号店「スピードが出たとしても海夫のぺそぎんみたいに、球離れが早すぎて滑ったり、
無理ぽスペックなのがなあ…」

七瀬巳優「そこで、天座さんと一緒に中国表の弱点を克服出来るようなラケットを探してみました。
ふと思いついたのが何と!


バルサラケット


という結論でした!!」

200号店「そこで登場したのが、tti-selectshopからモニター用に譲り受けた、
じょーらのイーグルファスト中国式でふwwwwwwwwwwww」

1image 810954463

七瀬巳優「きゃーーーーー!
広島のイメージカラー・赤をモチーフにした広島仕様ラケットっvvvVVV」←巳優は広島出身

200号店「姐さん…天座さんなら紅い蝶仕様って言いますぜ…www」

七瀬巳優「ヨーラの中国式全般に言えることだけど、形がかなり丸くて速攻選手の切り替えには非常に適してるわね」

200号店「最近バルサラケットが少なくなっているけど、ペン選手ならぜひ選択肢に加えてほしーですwww
シェイクだったらドニ夫のブラックデビルとかもあるけどさーーーー」

1image 810954464

七瀬巳優「サイド部分はウッドガードで覆われているけど、削ると極厚バルサが顔を出しますね!」

200号店「上板は染色材、もっと色んなラケットに採用してほしーくらい、いい木材だと思うけどなー」

七瀬巳優「グリップめちゃ太いんだけど、面の出しやすさと安定性は群を抜いていると思います☆」

200号店「解説聞いてたら


バルサに替えたくなってきたwwwwwwwww


でもやっぱ


素材ラケ使ってみたいかもwwwwwwwwwwwww


いや、


7枚合板が自分には合ってるかもwwwwwwwwwwwww


最近フォアドライブが入らないから、


カットに転向しよーかなwwwwwwwwwwww




七瀬巳優「…画面を無駄に使わないでくれる?
とにかく、ぶっ飛びなのに軽くて食い込みもあり、それでいて弾きもあるバルサラケットは、
中国製表の弱点である飛びの弱さ、スポンジの硬さ、重量の重さを全て克服してくれるラケットだと思います!
最初、軽い裏ソフトを裏面に貼ったんだけどあまりにも軽すぎたので、激重裏ソフトを裏面に採用w
それでも余裕で振り切れるくらい軽いです♪」

200号店「中陣からでも飛ばせるだけの飛距離が出ますねーwww
僕でもフォアドライブが入るぞーやっぱ劉国梁好きだし、


フォア表にしよっかなーwwwwwwwwwwwww


もちろん、


USO


でふwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

七瀬巳優「USOつきはどろヴぉーーーーーの始まりって言うわよ。
イーグルファストに貼り替えたパナメーラRFEの印象としてはまず、フレックスが丁度いい!
硬いスポンジにもかかわらず食い込みが出るようになって、普通に打てるようになりました^^
それでいて厚ラケなので、弾きが有って角度打ちやスマッシュも問題なく打てる。
ラケットの弾みがとてもよいので、中国製表でもスピードが出せるようになり、
前陣で使う分にはテンション中国裏ソフトと大差ない飛距離、スピードが出ます!
回転系だからというのもあるかもしれないけど、裏ソフト使用者でも全く違和感なく使えるのは驚き!!
ドライブは流石に少し慣れが必要だけど、フリックやショート、スマッシュは打ち方を変えなくてもいいくらい。
ブロックやショートをしたとき、前陣で丁度台に収まるギリギリの飛距離で飛んでくれるのがいいですね~♪
おかげでストレートを突きやすいし、無駄なブロックミスも激減。
その代わり、回転系粒なので相手のスピンの影響も受けやすく、回転量の多い相手のドライブには神経を使いますが…。
自分では意識しないけどナックルが結構出るみたいで、スピード系ほどのズシッとくるナックルではないにせよ、
相手のミスを誘えるくらいのナックルにはなるようです。
意識してナックルブロックを出してやれば、スピンの影響を受けてのオーバーミスも少なくなるし、
鉄壁のブロックで前陣を死守出来ます!
さすが表といえるのが、フリックのやりやすさ!
裏ソフトとは比較にならないので、ショートサーブは全部払って先手を取れますね!
あまりスピードは出ないけど、コースをついて相手を嫌がらせることは十分に可能です。
ま、そもそも表選手にショートサービスばっか出してるのでは、勝ち目なんてないけどねwwwww
逆に、こちらは裏ソフトに比べてショートサーブを凄く出しやすいです!
しかも見た目以上に切れているので、相手は思わずレシーブミスをしてしまう模様。
スピンが重い球質なのかもしれないですね、体感的には一般的な高弾性ラバー程度のスピンに感じるけど、
サービスエースの数は中国ラバーにも劣らないですよ。
その代わり、バチッとラケットを弾くようなスーパーサービスは出せないので、
あくまでコースを突きながら出すのが正解でしょう。
回転の絶対量は、あくまで表ソフトのそれですからね!
不思議なもので、短く出せるとフォームも自然に余裕が生まれるし、いつも以上にフェイクモーションが有効にwww
バルサラケットによる球の軽さは、あまり感じないわね。
普通のラケットと球威は遜色ないように思えるし、裏ソフトに比べたら気にすることではないと思うけど。
イーグルファストのブレード、グリップ形状が表ソフト速攻にとても適していて、
フォアとバックの切り替え、ミドル処理がとてもやりやすいのでいいですね~♪
敢えて言うなら、リーチが短いので特にサイドを切るボールに対しては、きちんと動いて打たないとダメだけど、
ドライブを頻繁に打つわけじゃないからコンパクトなブレードのがいいと思います。

なお、イーグルファストの難点は、これに限らずヨーララケット全体に言えることだけど、
グリップレンズの接着が甘くて取れてしまうのがね…;;;
またくっつければいいとはいえ、寂しい品質…。
ただ、ラケット自体の性能とは全く関係ないから、ヨーララケットは私も使いたくなるくらいよいです☆
ラバーはビミョーなのばっかだけど…(ぼそっ)w
イーグルファストはJTTAAがついてるから、国内でも安心して使用出来ますv
バルサラケットによって欠点をほぼ解消したパナメーラRFE、唯一残った欠点は、
スポンジ厚が2.0mmまでしかないこと。
キムチオンのザヴァといい、回転系表はアスペクト比による何かしらの制限に引っかかるのかもしれないけど、
2.2mm厚が出たら更にスピードアップと食い込みが期待出来るのになー…
ちょっと勿体ないです><
見た目は2.0というより、2.2mmに限りなく近く見えるんだけどwww」

200号店「姐さん、全部言っちゃったんですねwwwwwwwwwwww
えーとつまり、弱点を克服したパナメーラRFEは、僕が好きな


陳龍燦


や、50代すーぱー表プレイヤーの


何志文


みたいなプレイを可能にしてくれるいぶし銀ラバーでっすwww
裏面の裏ソフトも駆使すれば、より現代的なプレイに対応。
さあ、皆さんパナメーラRFEに期待しませう!
僕は


やっぱやめますwwwwwwwwwwwwwwwwwww




七瀬巳優「…イーグルファストの在庫は残りわずかなので、買うならお早めにvvv」
12/28|エアー||TOP↑
※現在アバロンは仮休止中です。
更新は最低限なのでご了承ください。



注意!!:このイルミナは、現在日本で販売されているものとは異なる、未発売新バージョンです!


最近、澪たんのオパーイ揉むのが日課になってまふwww
いや、


空気嫁


なんぞ持ってませんぞwwwwwwwwwwwww
おっと子供は知らなくていい言葉ですな(をい)。
澪コスは持ってますがv
誰か着てくれるおにゃのこぼしゅーーーーーー!!!
というわけで今回は、


ホントに最近空気になった(爆)


エアーのお話。
久しぶりだね…だいぶ派手にずっこけたもんね…(ぼそっ)。
五里霧中もいいところで、メーカー自ら大迷走しまくったわけですが、
ばたふりゃーですら成しえない、世界最強の性能を誇ったイルミナX25初期ロットが凄まじすぎて、
以後空気を掴むような空しさが蔓延していましたwwwwwwww
X25初期ロットなら、7000円でもバカ売れしたはずなのになあ。

因みに、グルー効果ってのは2種類の効果をもたらす。
1つはX25のような、引き攣れとボールを掴む感覚が増大して、鋭いスピンをもたらすもの。
グルー経験者なら、JOワルドナーにグルーを塗った感覚といえば分かるでしょーかw
X25がスピン系とは言いがたいが、ノングルーではスピン系テンションがその代替となってまふ。
もう1つは、鋭い食い込みと復元レスポンスにより、異常なほどの弾きとコントロールを兼ね合わせるもの。
こちらは旧来のドイツラバーにグルーを塗ったような感覚ですねえ。
あるいはグルーブライスFXくらいなら、こちらに分類してもよかろー。
どちらかというと、グルー時代ではスピンよりも食い込みと弾きが重視されていたように思う。
それにあらがっていたのは高弾性ラバーと中国ラバーですが、正直言って主流じゃなかった。
たとえへなじーがグルー時代に出たとしても、値段は別として選ぶ人は少ないんじゃないでしょーかねw
つまり、強大なスピンを得てもグルーのカタパルト効果の前には無効化されてしまい、
手首で


バキャッと


返されるのがオチだったのであるwwwww
ま、スピンが必要ないと言ってもオメガⅢとかはやりすぎだけどwwwwwwwwwwww
さっすが棒球王。
さて現在、カタパルト効果を重視したラバー群はナルクロスなどがあるけれど、主流はスピン系と逆転してしまった。
ノングルーでスピードが減少し、またスピンを得ることがプレイの安定につながり、
なおかつカタパルトの減少した世界ではスピンの影響が大きくなってるためですね。
カタパルト重視のラバーに未来はないのか。
少なくとも、ドイツ製では未来がないでせうwwwwwwwwwwwww
グルー時代に比べ、食い込みはともかく復元レスポンスが鈍すぎて、以前のような手首で打てるラバーではなくなってます。
これじゃただのプニラバーだwwwwwwwwwww
ラウンデルも頑張ってるんだけどね…やっぱりただのプニラバーにすぎない。
もっと鋭いレスポンスを!!
そこで出るのが


中国製


であります。
ご存知の通り、中国製は元々が硬いラバーで、そこにカタパルト効果を加えたらどうなるか。
ドイツ、日本より復元レスポンスが早くなるかもしれないんですよ!
可能性は今まででも、幾つか感じられるラバーはあった。
ただ、どれもスピードが遅かったので話題性には欠ける。
それが遂に…復元レスポンスとボールスピード、更にはスピンをも克服してカタパルトラバーの復権を目指せる1枚が登場したッ!!
その名も


新イルミナαホワイトスポンジ


でありましゅwwwwwwwwwwwwww

1image 810954514

あっそこ席立たないでwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
X25以後のイルミナでがっかりしたのは分かりますが(爆)、今回はとーとー使えるラバーになって帰ってきましたお!
グルーブライス、は大げさにしても、


グルーどいちぇ


くらいのフィーリングは携えてまふw
いやー懐かしいね~、7年位前のプレイ感覚が戻ってきました♪

実は新イルミナα、ホワイトスポンジとブラックスポンジなるものがあるんですが、
今回のれぶうではホワイトスポンジ版でごぜーますだ。

1image 810954506

シートはいつものイルミナで変わりがないように思える。
併し、いつぞやにあったシートの傷は今では全くありませんな。
そして質感が大幅に改善!


新品にして死骸


のようだったシートは、きちんと新品っぽく見えるようになりますたwwwwwwwwww
ただ今回、サンプルだからかもしれないけどやたらにカットサイズが小さい!
縦が160なかったずえー!?
中国式じゃ貼れないので、仕方なく日本式に貼ることになりましたとさorz
流石に製品版では直ってると思われますが…。
シート表面はなんだかペタペタするよーな気もするが、中国製にありがちなことなので一応非粘着と言ってよろしかろー。

11image 810954507

ロゴは今更アップしなくても分かりきってるので(爆)、さっさと側面行きますおwwwwwwwwww
ホワイトスポンジだってαは今まで搭載してきたじゃん?
というのが大方の意見だと思いますが、今回エアーが言うには、
「ホワイトスポンジはスピードアップ」とのこと。
要は旧スポンジと別物ってわけですな。
実際、色合いとかが若干違う気もする(気のせいかもだけど)。
重量は別段重くなく、カット前で65gくらい。
41度とのことですが、ぷにってみると随分軟らかく感じます。
球突きしてみて唖然。


「何じゃこりゃーーーーーーー!!!」


カキッカキッと金属音を立てながら、激しく食い込みなおかつ弾む!
旧イルミナδもそんなよーなラバーでしたが、こっちのがはるかにカタパルト効果が鋭く、
レスポンスのよさは歴然としている。
あくまで41度なのでコシはあり、それでいて鋭く食い込む様は、まさにグルーどいちぇw
食い込んだ瞬間に素早く復元し、飛び出すのでぷよぷよ感は全くないです。
回転をかけてみてまたもや驚いたのが、イルミナらしからぬ(爆)引っかかりのよさ!
スポンジが食い込むのに、スリップせずしっかり回転がかかります。
スピン系のような、勝手に回転がかかるとまではいえないけど、
自分で回転をかければむしろヘタな粘着ラバーよりスピン量は多いのでは。
いやあ、球突きの時点で驚きまくりましたよ!!
こりゃー実打が楽しみだ♪
ただ、ハードな日本式に貼ったとはいえ食い込みが大きいので、
インパクトに耐えられずスウィングに追いついてこないのではないかと、そこが少々不安ではあります。

それでーは、実打ですーーー!
フォアロングを打つと、おおお、やはりパキンパキンと音が鳴りますな!
X25ほどの、


柿本マフラー大爆音


ではないにしても^^;、硬度を考えたらかなり音は鳴ると思います!
それもさることながら、ノングルー以降ボテボテした打球感ばかりになってしまった卓球ラバーで、
久々に味わうカタパルトエフェクト!
ビッグスラムラバーのように、スポンジが潰れきって戻らないあの嫌な感触や、
スピン系のようにじわっと滲む食い込み方ではなく、あくまでグルーエフェクト。
じわっとといえば、補助剤もじわっとした食い込み方だと思いますが、塗りたくった時の最大値はともかく、
フィーリングとしては新イルミナαホワイトスポンジのがはるかにいいです。
最近卓球を始めた子達は、


グルー打ち


って知らないでしょ?
簡単に言うと、ラケットのヘッドを下げた状態でそのまま水平にひっぱたく。
そうすると自動的にラバーが食い込みと射出をしてくれて、しかも棒球にならず入ってしまう。
現在の卓球では、ヘッドを下げて打つなんて出来ないと思うwwwwwwwwww
サウンドラバーといえどもヘッドは回転させないと入らない。
要は自分でフォロースルーを補ってやる必要があるわけです。
新イルミナホワイトにはそれが必要ない!
言ってしまえば、手首だけで打てるので逆モーションもお手の物ってわけ。
グルー卓球ってそんな風です。
カタパルトエフェクトにメリハリがあり、レスポンスが鋭いのもさることながら、
新イルミナαホワイトはシートの引っかかりもやっぱり素晴らしい!
中国製非粘着(一応)で、これだけカタパルト効果がありながらボールが落ちないとは…。
ドライブを打っても、スリップして落ちたりせず、しっかり引っかかってホップするドライブが打てます!
これはビックリだ!
食い込みが大きい分、楽したくなるのでどーしてもぶつけて打ちまくりたくなりますが^^;、
スピンをかけようと思えば十分かかる。
スピードも旧イルミナδくらいには有ると思うので、総合して感覚的には


ラピッドにグルー


くらいのイメージではあります☆
ひっさしぶりにやってみたのが、


手首で弾いてプッシュ。


グルー時代ならチャンポンロンよろしく、苦もなく出来た技術ですがノングルーでは最高難度でせう。
そんな打ち方したら、多分弧線を描くことなくオーバーミスすると思うwwwwwwwwwww
これが出来るか出来ないかが、グルーエフェクト認定のボーダーラインですが、
新イルミナαホワイトスポンジは


見事にクリアーしましたあ!!


素晴らしいいいいい!!
もっとも、完璧にグルーと同じかと言われると、流石にそうではないですけどね^^;
併し、今あるラバーの中では1番グルー感覚に近いんじゃないかな。
ショートは軟らかい分、ちょっと落ちたりすることがありますが、
慣れればそれほど問題ではないと思います。
グルー時代を思い出せばいいんですよwwwwwwwwwwwww
フラット系打法ではカタパルト効果が最大に発揮されるだけに、フリックでは強みを増します。
多少無理に打っても入ると思う。
かといってスピンがおざなりになってないので、ツッツキも鋭く切れるし浮いたりすることはないです。
唯一難しいのがループドライブですが、食い込んでしまうのでこればかりはしょうがないかな;
食い込ませてのループドライブを習得するしかなかろー。
ノングルーでは死滅した技術のよーにも思えたが、まさか復活するとわwwwwwwwww

日本式はラバーを1枚しか貼らないため、ラバーに命運を任せられるだけの性能がないといけないのですが、
ヘタなラバーより日本式に合う!と思いましたよ。
それも全ては、早い復元レスポンスのおかげですねー。
あとシートの摩擦力。
もっと頼りないと思っていたが、いやいやそんなことはない。
高弾性みたいなボテパワー(何かエロい気がするwwwwwwwwww)でなきゃダメ!ってわけじゃないなら、
日ペンの方は1度試してみて欲しいですね。
但し、ヒノキ単板だと流石にソフトすぎる気がするので、ハードな合板ペンか、桂材単板の人限定ですけど。
ラバー自体の弾みはドイツ、日本ほどではないため、ミッドファースト以上のラケット必須ですお。←高弾性よりは弾むに決まってるがwww
へなじーと比較したら性能は落ちると思うので、フラットも織り交ぜながら戦う日ペン選手ならいける。
逆にへなじーでは入らない球も新イルミナαなら入るボールもあると思いまふ。
特に低い位置からのフラットですね。
41度ならフォアでもいけるし、33度や37度もあるようなので、
更にプニならシェイクや中国式のバックでも使えるでせう!
引っ掛かりがいいので、通常使うようなバック向けラバーとはちょっと勝手が違うかもしれないですが、
最高のカタパルトエフェクトによるバック速攻連打を繰り出すことが出来ますお。
相手のドライブを、こともなげにパキョッwwwwwww
相性のいいラケットは、勿論ハードなラケット。
インナーフォースよりちもボルブレード。
5枚より7枚。
ま、いずれにしてもワタスが裏面捨てて日ペンやってもいーやって思えるくらい、
久々にいいラバーに遭遇しましたな!
中国製ラバー10傑に入るのは間違いないです。
あとはいつ日本に上陸するかってことくらいですけど、実は入荷がまだ先なので気長に待ってくだしゃれw


卓球中国ラバー専門店
masaki.shop18.makeshop.jp
日本で最もマニアックで激安な卓球ラバー専門店。エアー新シリーズもその内扱います(爆)


                                             インタレストマッチ-BYアバロソ
08/29|エアー||TOP↑
※只今アバロンは半休止中です。
今回は仮営業による更新なので、コメレスは復帰後行います。



ラバー提供元:卓球中国ラバー専門店MASAKI

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ 広告゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

卓球中国ラバー専門店MASAKI では、激安中国ラバーを多数揃えています!
W/R/M(スラッシュ入れるなwwwwwwwww)でも売ってない、
「真のレアラバー」ならMASAKI2号店がいいど!
日本じゃ買えないあーんなラバー、こーんなラケットだって、
中国で売ってればお取り寄せ?(但し液体物以外、正品に限ります)♪
発送も安価に書留で届くという信頼性!
「売れればよい」ではつまらないと思っている真のマニアよ、
「何コレ?このラバー…」はここにこそある!!
みんなMASAKI をチェックしようぜ(o^-')b!!!

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ 広告゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚


まさか、


2000枚売れちゃった(自称)あのラバーがいらなくなる


なんて思ってもみなかったんだぜ(`・ω・´)
褒めてんのかけなしてんのか分からんよーなレビューでしたが(^▽^;)、
一応僕の本職で採用されたのは確かだったのさ。
このラバーさえなければ…極太粒で今でも突き上げていたはずwwwwwwwwwwwww
それが、思わぬところで


中国製非粘着ラバーの最高峰


に出会っちまったんだからな!!
…いえ、「中国製」というのは多分、ですがwwwwwwwwww←をい!!
スポンジはドイツかもしれないですが、シートはほぼ中国製でせう。
あ、ここでまずお断りをしておかなくてはいけないですが、
ぼかあ新もーふぁを使用したことがありませんwwwwwwwwwwwwww
なのでマサキさんの意見を伺いながら、総合的に見て「最高峰」という文言を盛り込むことにしました。
少なくとも、ボムのいやんなゴム質が嫌いな僕からすれば、
同等であってもこっちのが最高峰ですなwwwwwwwwwwwwwwww

まあ前々から目を付けてはいたのですが、性能面での不安(ブランド自体の信頼性も含めて)もあったので、
買おうかどうか迷ってますた。
併し、やってくれたのです…彼のラバーは。
マニアがうなる凄まじい高性能をよお!!!
僕より早く入手した2名のマニアwwwwwwwwwwwwwwwwwwwの方から、
「かっ飛びます」との情報が!!!!!!
ぬおおおおおおおおおお(-_?)(/_-)三( ゚Д゚)!!!
MASAKI2号店に猛ダッシュして、
「○○○○ゆぬーしてくださああああああああああいいいいいいいいいい!!!」と押しかけたら…
「こんなこともあろうかと、もう1枚購入しております。」
ちょwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


あまくら は まわりこまれてしまったwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


思考を読まれ、先回りされてました(;^_^A
ってなわけで、僕も急遽入手が可能になったわけですが。
そのラバーこそ、エアーのイルミナでごぜえます。

マニアック卓球用具王国・アバロン

パッケージはあまり派手ではないですが、なかなか渋いクールなデザインだす。
イルミナっていうと、キムチに詳しい人ならいちいち反応してしまうかもしれませんが(爆)、
この際無視しませうwwwwwwwwwwwwwww
推測ではありますが、イルミネーションという言葉から来る造語ではないかと。
まさか、某秘密結社のことを言ってるわけではないでせうwwwwwww

マニアック卓球用具王国・アバロン

パッケージ裏面。
何だかパッケージの形が巨乳、もとい巨龍に似ている気がする…。
マサキさんが問い合わせたところ、「エアーの名前すら知らなかった」そーでぷwwwww
エアーの硬度表記は独特で、今回入手したのは「X25」というタイプなのですが、
これが「41度」だそーで。
現時点で分かってるものでは、X90が「37度」、X30は「30度」とのことです。
ひっじょーーーーに分かりにくいwwwwwww
MAXは2.3mmあるらしい…この「2.3mm」スポンジが設定されてるのがイルミナのミソなのですが、
今回は手に入りませんでしたorz

マニアック卓球用具王国・アバロン

さてっ!!
ラバー本体をご紹介??????o(^▽^)o
エアーのラバーはどれも皆、ロゴがデカいですwwwwwwwwwww
初期モデルは中国式で余して貼らない限り、たとえカット用だろーとロゴをぶったぎってしまいます(爆)。
どーやって貼れとゆーのだ( ̄_ ̄ i)?
イルミナは幸い、ロゴが反っているので何とか貼り上げが可能です;
シートは見てのとおり一応綺麗なのですが、触ってみるとあまり引っかかりのよさそうな感触ではない…;
最初、「コントロール系か?」と思っちまいましたのでwwwwwwwwww
ただ、2000枚売れちゃった(自称)ラバーと比べると干からびてる感じではなく(笑)、
水を与えてやれば(爆笑)何とかなりそーな気はしますwwwwwwwwwwwwwwwww

マニアック卓球用具王国・アバロン

ロゴあーっぷ!
…しても殆ど意味がないくらい、幅が広くて拡大できねーよーwwwwwwwwwww
ロゴの右端にあるピカソみたいなイラストは(笑)、イルミナの象徴的な技術である「ナノステクノロジー」。
従来品よりパワーを20?25パーセントも上昇させるという、画期的な技術でごぜえます!
シートを見て驚くのが、2000枚売れちゃった(自称)ラバーとは対照的な、


粒の過疎化( ゚-゚)( ゚ロ゚)(( ロ゚)゚((( ロ)~゚ ゚エエエエエエエエエエ!!!!


まるで、


ど田舎


みたいな粒間隔の広さだぜwwwwwwwwwwwwwww
要は仮想ヘナジー64として設計しているのでせう。
実物のヘナジー64とも見比べてみましたが、明らかにイルミナのが間隔が広い。
うっわー…これはすげーじぇい(`・ω・´)!!
こんなラバー見たことねえ!!!
そこから想像出来る性能としては、


いとも簡単にシートの引き攣れを起こすことが出来る


ということ!

マニアック卓球用具王国・アバロン

ラバー側面。
某白サメにそっくりなイエロースポンジが目に付きますw
いや最初、マジで海夫製かと疑ったもんなあ(違いますが)。
スポンジは非常にソフトでぷにぷに、シートに比べると品質感がとても高いので、
恐らくドイツ製スポンジではないかと思います(エアーはドイツのメーカー?という不確定情報が…)。
シートはまず中国製ですけどね!
なのでさっき書いたスポンジ硬度も、ドイツ硬度だと思ってくれればよいでせう。
それに加えて粒密度の低さ、更にここで気付いて欲しいのが、
シートがとっても薄い!!
中国製シートとしては非常に画期的な、


めちゃうす(/ω?)イヤーン


なんですよwwwwwwwwwwwww
厚ぼったい中国ラバーの感覚が嫌いな人でも、イルミナならドイツラバーに近い打球感が得られます♪
それとともに、やはりシートの変形を助長するといっていいでしょうね。
先ほど言った、2.3mmスポンジはこのめちゃうすシートの賜物だと思いまふ。
新シロッコでも採用されたこのイエロースポンジですが、
「ネガトロンスポンジ」というネーミングでエアーラバーの象徴的な技術になってるよーです。

まずはラバーに貼って球突きしてみましたが、やっぱり


弾む!!


ビックリするくらい弾む!!


因みに「跳ねる」という言葉は物体が自発的に弾むことを言うのであって、
ラバーが弾むことを指すにはおかしな言葉なんだぜwwwwwwwwwwww
例えば人がジャンプして「跳ねる」のは分かるが、道路が「跳ねてる」わけじゃないだろwwwwwwwwww
みんなもちゃんとした日本語使ってくれよなwwwwwwwwwwww


ぼかあ今までヘナジー64、フェニックスなど「暴発系」ラバーを使用して来ているので、
弾むラバーのスペックは分かっているのですが本当に遜色ないです。
ただブラスピと比較してどうかまでは分かりませんが…m(_ _ )mゴメンチャイ
間違いなくクエン酸はかる?く超えていますwww
シートが薄いので、打球感覚がすぐスポンジに伝わるのも中国製としては新しいですね!
スポンジは凄く軟らかくて、ガンガン食い込む上に金属音が激しいです。
球突きするたびカキンカキン鳴りますわwwwww
回転をかけてみましたが、これについてはハッキリ言って及第点レベルです;
表面の摩擦力が足りないかな?と感じますが、フツーのラバーと違うところがここでも!
ちょっとスピンをかけてみるだけでも粒がひん曲がった感じになるwww
なのでサービスはともかく、ドライブはこのまま同じではなさそうだぞ(`・ω・´)ゞ!

そりでは!
待望の実打といきませう!!
裏面に貼ったのですがまずはフォア打ち。
うわあ…


飛びすぎて入らねえ(-"-;A


いつもブラスピ使ってる方、恐れ入りますm(_ _ )m
クエン酸ではそんなこともなかったが、イルミナはぼーーーーーーーーーんとぶっ飛んでいきますwww
感触としては、新バイシャ?にそっくりです!
「シートが薄くなった」バイシャ?だと思ってもらえばよいかと。
フォアドライブはめちゃくちゃやりやすいですね!
摩擦力が低い上にソフトなのでドライブがやりにくいかと思ったらそうではない。
カット打ちしてみると、粒の引き攣れによってボールを掴まえ放つので、
中国ラバーよりカット打ちがやりやすいという驚くべき事実に出くわしてしまいましたわ!
「ソフトなラバーは下回転に弱い」という概念がまず破れたΣ(=°ω°=;ノ)ノノワー?
そもそも、ドライブ自体スピードグルー使用の感覚に限りなく近いです。
シートが変形する、あの懐かしい 感触(´∀`)v
新バイシャ?レビューで「最もスピードグルーの感覚に近い」と評しましたが、
イルミナはそれを上回りました(・ω・)/
スピードグルー体験者なら、思いっきり「カッキーン」と食い込ませて強烈な引き攣れでカットを打ち抜く、
あの感覚がわかりますよねwww
ドライブの回転量も、スピン系には劣るものの一般的なドイツラバーよりは多いです。
新もーふぁを使ったことはないけれど、ボムのゴム質を考えればイルミナのが勝ってるなということは、
想像出来るものです。
ショートもやってみましたが、非常にソフトなので反射角が狭くて鋭いボールが返って行きます♪
普通のラバーじゃ考えられないタイミングでショート出来るwww
ここら辺、やっぱりドイツラバーっぽさが出てますね(バイシャっぽさとも言う)。
それにしても、


カッキーン


カッキーン


カッキーン


うるせえwwwwwwwwwwwwwwww


「あっちゃんかっこいーーーーーーーーーwwwwwwwwww」(違)


新もーふぁと決定的に違う点は、爆音生活が満喫出来ること。

<PR>

マニアック卓球用具王国・アバロン

買ってちょ(。-人-。)

さて肝心の裏面で使ってみましたが、やっぱりスピード出るので楽ーーーーーーーーー♪
目を三角にしてぶっ叩かないとスピードの出ない、2000枚売れちゃった(自称)ラバーとは雲泥の差ですwww
そらまあ、その分コントロールは大変なんだけどさ。
ノングルー時代、弾みが落ちて不用意なネットミスはプレイアーが1番嫌うものだと思いますが、
イルミナは


ほぼネットミスがない


ですwwwwwwww
というのも、まず弾みまくる為に余裕でネットを越すこと、もう1つはこの弾性からは想像もつかない、
山なりの弾道。
注意していないと、前陣ではボーン、ボーン、ボーンとはるか遠くにオーバーミスしてしまいますwww
弾むラバーほど直線的な弾道が当たり前だった現代の卓球ラバーで、
こんな弧線を描くラバーあったか?というほど。
スレイバーG3でもここまでじゃないでしょうwww
この時点で、前陣でイルミナを使うのなら特殊素材ラケットか7枚合板にしないとダメですね(;^_^A
弾く感覚のあるラケットじゃないと、あっけなくオーバー連発ですwwwww
硬めのラケットに貼れば、食い込みはあるので何とか前陣でも使用可能になります。
イルミナがネットミスするときは、ソフトゆえに自分でしっかり台上が打てなかったときくらい。
さっきのカット打ちでも言いましたが、意外なほど下回転を持ち上げられるので台上フリックもやりやすいのは、
大きな収穫でもありました☆
前陣でイルミナを使うときは、人工的に弾道を低くしてやらねばならず、
少し横回転を加えてカーブドライブ気味にストロークを打つのがポイント。
そうすれば曲げて球を落とすことが出来ます。
引き攣れは簡単に起こせるので、それほど難しいことではないですよ♪
そうはいっても本来、このラバーは中陣で使うべきものなんだろなーと思いまふ(-"-;A
但しカウンターはさっきのショート同様、かなりやりやすいので弾みを制御出来るようになれば、
恐るべき高速カウンターがバキバキ決まりますじょ(・ω・)bグッ!
僕の代名詞とも言うべき鉄壁のショートを捨てて、王皓みたく全部裏面でやろーかと思うくらいいいですw
グルー時代のように、極めて早い打球点で打てるのも大きいと思います。
これだけ弾むのにもかかわらず、ツッツキは浮くことなく普通にこなせるのでこれまたビックリ。

ドライブ…2回練習したもののいまだ弾みに慣れず、恐る恐る打ってる天座がいます(^o^;)
まだイルミナの全力を出し切っていないっすorz
フルスウィングで最大にスピンをかけたいんだけど、タイミング外すとすっ飛んでいってしまう????;;;
正直、擦って打つのは弧線が高くなりすぎてしまうので、
前陣でドライブする時は面をかなり立ててぶつけるよーに打たないとダメですね。
ストレートにドライブすれば、ほぼ一発で抜けますw
いや、フルスウィングならクロスでも瞬速で抜けますよ。
回転量はスピン系ほどではないのですが、引き攣れが大きい為にスピン量以上のホップする弾道が凄いです!
速い上にホップするので、伸びてから相手が取りにくそうにしてますね?。
中陣からはイルミナの本領発揮で、弧線を描きながらバッチリ高速ドライブが決まりますヾ(@°▽°@)ノ
すんごい楽だと思う!
硬いラケットと合わせても中陣で使えるし、ソフトなラバーながらフォアも任せられるそれなりのパワーを持ち合わせてますよ。
ぷにラバーはフォアでとても使えないパワーに欠けるものが多かったですが、イルミナなら合格点を与えてもいい。
個人的にはクエン酸よりパワーがあると思ったのでね。

結論。
イルミナはヘナジー64級のスピードを持ち、スピードグルーの感覚に限りなく近いシートの変形を起こすスーパーラバーです(^∇^)
今までの中国製ラバーで最速だった新もーふぁ、マサキさんに聞いたところではそれよりも弾むかなということでした。
新もーふぁはやや直線的で、対するイルミナはかなり曲線的なので性質は随分異なりますけどね。
ヘナジー64や新もーふぁ以上の弾みと思われる、フェニックスやニアモアとも負けてません!
打球感は新バイシャ?やドイツラバー(プライド40が1番近いか?)に似た感触で、シートが薄いため中国製とは思えないクリアーなフィーリングが味わえます☆
まあスポンジはそりゃー、ドイツ製ですがwwwww
フェニックスはシートがやや硬めでスポンジもコシがあるのでイルミナよりスピンをかけにくく、
それでコントロールを失うことがありましたがイルミナはドライブも容易です(但し飛びすぎ注意www)。
基本的には曲線的な弾道のぶっ飛びラバーを求める中陣選手にオススメしますが、
ラケットを選べばそれ以外の選手でも十分対応は可能です。
X25でさえこのぷにっぷりなんだから、X30なんて一体どーなるんだ!!!!!?????
ただ言っておかなくてはならないのが、イルミナというラバーの幾つかの欠点。

まず…


値段が高いorz


現状では3500円前後かかってしまうものと思われます;
スピンを重視する人には、高い値段だと思ってしまうかもしれないですね。
これなら新もーふぁでもいいと思う人もいるでしょーが、爆音生活とシートの引っかかりはイルミナのが上なので(笑)、
そこに1000円ちょっとプラスしてもいいのでは?
やっぱりお金をかけないと、本当の性能は手に入らないのが分かりますなあ。
2つ目に、


シートが色落ちしまふorz


昔懐かしい、双喜ラバーみたいですなwwwww
保護フィルムには色がついてしまうんだけど、幸い手には全くつかないので気にしない人は気にしないでしょーけど。
とりま卓球の性能には影響がないってことで。
3つ目に、


摩擦力の持続性


が気にかかります;;;
これに関しては、最初「コントロール系かよ」と思った次第でしたが(^▽^;)、
メンテナンスしてやったら何とか摩擦力を維持していますwww
2000枚売れちゃった(自称)ラバーみたいに、手をかけよーが「もーダメだー」状態ではないので、
ひたすら愛を注いで乗り切るのぢゃ(`・ω・´)ゞ!
これらが許容出来る人には、きっと最高のラバーとして受け入れられると思いますじょ!!!!!

11/22|エアー||TOP↑
プロフィール

friendship729sp

Author:friendship729sp
性別:男性
誕生日:6月4日 8時頃
血液型:O型
お住まいの地域:愛知県







自己紹介:Yahoo!知恵袋卓球カテ元1位、「friendship729sp」のIDは当時使用していたラバー名が由来。
「天座澪一」は同人用HN。
アバロンはかつて存在していた自クラブで、旧アバロンウェブサイトは用具レビューの先駆けであった。
既に公式大会を引退、趣味で並行用具等を試す日々。
プレイスタイルはサービス主体(爆)の前陣ドライブ攻守型。
ヘッダーのおにゃのこはアバロンマスコットキャラ・七瀬巳優(みゆう)。

コンセプト:私は懐古厨でもレア好きでもない、変なものが好きなんだよwww
そこんとこ勘違いされませぬよーに( 一一)

傾向:ペンドラなので、概ね硬めの用具に対する評価が高め。
以前はスピード重視の傾向があったが、プラ以降はスピンを重視、弾みは二の次。

好きな選手(引退含む、順不同):韓陽、オヤマ、マツモト、金擇洙、キム・ソンヒ、王晧、松下大星、于沈童、楊影、劉国梁、田崎俊雄、グルッバ、小山ちれ、ハラホバ、郝帥、孔令輝、クランパ、ホーマン、邱貽可、馬文革、ビルト、李倩

使用ラケット:スターウッド・ティアナプリンスナノ+3中国式
タットル・サウスポール・黒・38度・MAX
KTL・新レッドダイアモンド・赤・MAX


使用ラケット2:スターウッド・ルイス55中国式
使用ラバー2:タットル・55A・黒・38度・MAX
デアウインド・レイヘ・赤・45度・MAX



※ご用のある方は、ブログテーマ「メールフォーム」からご連絡ください。








安心・安全・低価格
アバロン提携並行卓球ショップ
↓「卓球中国ラバー専門店MASAKI」↓

アバロン提携並行ショップ「卓球中国ラバー専門店MASAKI」


にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ
にほんブログ村



ブログパーツ
最新の記事一覧
ブックマーク
ブロとも申請フォーム
ブログテーマ一覧
ブログ内検索
アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。