※現在アバロンは仮休止中です。
更新は最低限なのでご了承ください。



集え!
日ペン信者よ!!
ついに神は現れり!



いや…


悪魔かなwwwwwwwwwwwwwwww←をいwww


まさにドイチェは悪魔の国ですたorz
中国でもここまで酷くないだろう!ってくらいトラブりまくって、
個人ゆぬーまさかの1か月半。
業者に届いてからは早かったんですけどねー…。
ワタス、これが欲しかったんですよおおおおおお!!!

NimatsuChimeraBlackMamba_269.gif


キメラブラックマンバ!


ドイツのクセに何故か日本語が飛び交う不思議などマイナーメーカーw
ニマツの主力商品・キメラの特殊バージョンでごんす。
何と言ってもパッケが世界一カッコいい( ̄▽+ ̄*) ゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆
キメラといえば、ゲエムやファンタジー好きなら誰でも知ってるあの怪物。
ヤギ、ライオン、蛇の頭を持つ合成生物でごぜえます。
僕が1番好きなキメラといえば、


FF1のゴーキメラですかねwwwwwwwwwwwww


マイナーにもほどがあるだろwwwwwwwwww
さてブラックマンバとは蛇の一種ですが、ここではキメラの尻尾たる蛇のことを指しておりんす。
キメラでわざわざ蛇の方にスポットライトを当てるとはニマツもやりおるなwww
併し、このブラックマンバは廃盤(というか従来のキメラシリーズ全体がモデルチェンジ)になっていたのですよ。
勿論それを承知で、まだブラックマンバを売っているサイトを探してゆぬーしよーとしたんですが…
送られてきたのはこれだった。

1image 810954435


うををををををををををををいいいいいいい・°・(ノД`)・°・ノワアアアアン!!!


信じられねーずえー!!
ブラックマンバを頼んだのに、結局現行モデルのキメラバランスに摩り替わってしまったという…。


人の金で勝手に違う商品を買うな。


もうメチャクチャですわ…orz
キメラには違いないが、こんなスーパーだっせえパッケージになっちまって…(ノ◇≦。)エーン!
一応、ブラックマンバとバランスは同じ仕様ではあります(;^_^A
正確な名称は「キメラバランスド」ですが、そこはまあ日本らしくキメラバランスでいーんぢゃないの(笑)?
ドイチェゆぬーの目玉だっただけに、落ち込みようときたらハンパなかったですが、
まさか後で大逆転が起きようとは夢にも思わず…。

凹みまくった天座君(;^ω^A、しょーがないのでキメラバランスを分析してみた。
まずはパッケ。
…………!?

1image 810954437


Factory tuned∑(゚Д゚)ガーン!?


そんなバカなあああああああ!!!
まさかドイツでこんな言葉を見かけるとは、思いにもよりませんでしたお!
翻訳サイトで色々調べてみたんですが、「溶剤を使わない」とは書いてあるものの、
「補助剤を使って」とは書いてありませんでした;
単純にテンションラバーとしてテンションをかけていることを意味しているのか、
本当にテンションプラス補助剤でパワーアップを図っているのか、真相は分かりかねますな。
因みにファクトリーチューンドの上に書いてある「スポットグルーテクノロジー」は、
マニアな方ならもしかして記憶があるかもしれませんな。
これ、サンフレックスのサンパワーなどでも採用されていた、
粒の部分だけに接着剤を塗ってラバーのたわみをアップさせる技術でごぜえます。
サンフレックスとニマツがどーゆー関係にあるかは、さっぱり分かりませんがwww

1image 810954438

これは上がラバー全体(?)、下がスポンジ硬度。
キメラバランスの全体の打球感は50度程度で、スポンジ硬度は46.5度でごんす。
キメラというラバー自体よく分からない(ITTFリストロゴを見ても、産地すら不明)ながら、
まあロクソン450かへくさーHDくらいの感覚なのかなあと思いますた。
それがそれが、見事に後で驚くことになろーとは…!!
今回引っ張ってばかりですなwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


「真相はCMのあとで!」


みたいなwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

1image 810954439

これ、パッケの内側でごんす(爆)。


…キメラドライブと使いまわしwwwwwwwwwwwwww


どーせどっちかしか使わないのに、これは意味があるのだろーか( ̄ー ̄;
それとも、よっぽどパッケを仕分けるのがメンドいと思うのか。
因みにキメラドライブはキメラバランスよりもハードなモデルでつ。

さて待望の本体ですが、見て驚いたーーーーーーーーーーー!!!

1image 810954432

シートの色が濃い。
そんな、まさか、ウソだろ、おーい、バカな、何で、信じられん、


スピン系(-_\)(/_-)三( ゚Д゚)!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


確かに値段は高かったが、所詮どマイナーメーカーの三流ラバーだろと本気で思ってましたので(完全にパッケ目当てw)、
ドイツ製スピン系ラバーだとは予想もつきませんでしたああああああああああああ( ̄□ ̄;)!!
但し、他社のドイツスピンと比べるとやや透き通っているので、もしかしたら合成比が50:50ないし70:30かもしれぬ。
キラースピンのフォルテシモのようなね。


ハーフスピン系って言ってもよひ(-^□^-) ?


1image 810954434

ロゴあーっぷ!
キメラという名称とは裏腹に、シンプルでスマートなロゴ。
ニマツのロゴも最近になってデザインが変更され、やや現代的なものになりました。
ま、これはこれで悪くないと思っとります。

1image 810954433

シートにも驚きましたが、1番驚いたのは何と言ってもこのスポンジ。
ちょっと赤みがかったオレンジ色で、見た目はへなじいを思い出させますw
まあ、そんなものはいい。
みなしゃん、よく見てくらはいw
何かおかしいと思いませんか?
お手持ちのドイツラバーと見比べてみて、何か違うと思いませんか?
引っ張りすぎ?
ああそーですか(爆)www
それでは種明かしをしませう!


気泡の詰まったスポンジを採用しとります(`・ω・´)シャキーン!!!!!!


そう、ドイツ製スピン系ラバーと言えばほぼ全て、スカスカスポンジを採用してますねw
元がへなじいのパクリだからしょーがないwww
少なくとも現時点で日本にあるラバーは全て、気泡が粗いスポンジ。
それがこのキメラは、スピン系でありながら通常のスポンジを搭載すると言う荒業(?)をやってのけたのである!
ああ、そーか!


スピン系シートにガチスポンジをフランケンしたからキメラ(合成)なんだ(違)wwwwwwwwwwww


…待て。
何か大切なことを忘れてやしないか。
そーだ…


ファクトリーチューンドなのか(・_・;)?


スポンジ表面を見た感じでは全く油のかけらもありませんでしたし(爆)、
ラバーが反ってるわけでもない。
スポンジを触ってみたら何か分かるかもしれないと思い、つまんでみますた。
すると…


じゅわ…じゅわ…


と聞こえたよーな聞こえないよーな(どっちだよwwwwwwwwwww)w
確信は持てませんが何か秘密があるかもしれませんねえ~。

正直、キメラのよーなラバーを夢見てたわけですよ。
へなじいもドイツスピンもスカスカスポンジが邪魔をして、


フニャ○ン極まりないwwwwwwwwwwwww


食い込みすぎて全然使えん!
ペンドラには全く向かない、まさにシェイク選手だけを想定したラバーですからねえ…。
ノングルーになって1番とばっちりを食らったのは、日ペン選手。
そもそもハードヒッターが多いのに、スポンジスカスカでは使い物になるわけがない!
日ペン信者は怒っていた…彷徨っていた…事実、僕の元へ駆け込んで質問してきた人も多数いる。
だが、それももう終わりだ!
キメラという名の悪魔ラバーが降臨し、全ての日ペン信者に力を授ける。


最悪ヽ(゚◇゚ )ノwwwwwwwwwwwwwwww←悪魔には褒め言葉だぞこれwwwwwwwwwwwwwwwwwww

さーいーあーくっ!
さあああいいいいああああああくうううううううううぅ!!!←
キメラよ、その知られざる力を解き放つがよいっ!!!

実打をしてみましたー!
ラケットはちょい厚めのカーボンラケットね。
中国ラバーに合わせるにはちとキツいかなー…という硬さながら、カーボンとしては軟らかめのリジディティ(剛性)でごんす。
フォア打ちすると、おお流石によく飛ぶねー!
中国ラバーに慣れてると、ドイツラバーは弾みがやっぱりいいっす。
でもスカスカスポンジのよーに勝手に潰れてすっ飛んでいくのとは違って、しっかり手応えを伝えながら確実に飛ぶイメージ。
その代わり打球音は鈍いですけどね、せいぜいバチッという音くらいしか鳴らないです。
飛び方が不規則で不安感を煽るスカスカスポンジとは違い、絶対的な安心感がありますねっ♪
但しラバーが硬い分、インパクトが弱いとちょっと詰まってしまうかなと。
まあ、このラバーを使える基本のしっかりした人なら、全く問題ないレベルですw

ドライブは素晴らしいの一言。
ガツンと引っかかって鋭く飛び、重いドライブが打てますね。
従来のドイツラバーみたいに棒球パラダイスやスピードマンセーにはならず、
中国ラバーに近い弾道で比較的真っ直ぐ飛びながら、最後に沈む弾道です。
この軌道はへなじーよりも自然で扱いやすいと思います。
へなじーはドイツスピンほど腰砕けでないものの、勝手に弧を描きすぎて台の真ん中くらいで沈んでしまうので飛ばしにくいwwwww
キメラなら、極めてナチュラルな弾道でしかも速く鋭いドライブを打つことが可能になります。
流石に、ニアンモー(爆)とかコッパスピードなどのスピードには負けますが(つかへなじーだって負けるしwww)、
スピード重視ドイツスピンと遜色ないのでは。
ハードヒッターが打てば、潜在能力は増すばかりでせうwwwwwwwwww
打った痕が少し白く残るものの、やっぱりドイツスピン同様に従来品より耐久性は高いです。
1日で真っ白なんてことはないwwwwwwwwwwwwww
キメラはへくさーなどより少し粒が高くて間隔が広く、日本製ラバーに近い粒形状。
その上でスポンジがみっちりしてるので、スポンジはあまり変形せずシートのみがたわむ感触で、
ファクトリーチューンドとはちょっと違うかなあ(^▽^;)
いわゆる已打底効果を期待すると肩透かしを食らいますが、日ペン信者にとってはむしろ


そんなもん無用の長物だ(爆)。


硬い分、飛距離を出すにはスウィングスピードが要ります。
楽に打てるラバーではないのは確か。
中国ラバー同様、1回1回しっかりスウィングしないといけませんお!
でもぼかあそれで慣れているので、こっちのが絶対いい!

ショートはこれまた非常にいい!
中国ラバー以外でこれだけショートが違和感なく打てるラバーは、ノングルーで初めてだ(iДi)
うおおおおおおおお感激いいいいいいい!!!
浮くこともなく速いスピードで、球脚長くかなり押していけるラバーです。
素晴らしいのが守備力で、摩擦力が高いのに相手のスピンの影響は受けにくく、オーバーミスが誘発されにくいです。
ま、僕が中国ラバーばっかり使ってるのでそう思うのかもしれませんが、ナーバスになることはまるでなし!
不自然に落ちたり浮いたりすることはなく、高弾性を高速化したような感覚で打てます。
ラバーが硬めなので角度打ちも非常にやりやすく、これまた日ペン使いのは必須能力が得られることになりますな。
中国ラバーだとしなりを得るために薄いブレードしか使えないのですが、キメラなら厚いラケットでもいけるので、
尚更角度打ちがやりやすい!
そこら辺、中国ラバーより融通が利きますなw

サービス、台上は中国ラバーのごとく!?
へくさーHDではボンボン飛んで、


違う意味でのカタパルトでしたが( ̄ー ̄;、


キメラは短く止まるししっかり切れる。
こんなところでも硬いスポンジが効いてるんですね☆
サービスもぶった切れるし、それでいて短く出せる。
ホント、中国ラバーと変わらないですよ。
スカスカスポンジだと台上が飛びすぎてしまうのは、大きな功罪だと思いますね~。
へなじーのがよっぽど台上やりやすいとわwwwww
ただ中国ラバーと完全に異なるのが、台上ドライブ。
流石に非粘着では台上ドライブは無理だ(;´▽`A``wwwwwwwwwwwwwwwwwwww
薄く擦ろうとすると、スリップして落ちてしまいます。
なので台から出るか出ないかのボールは、中国ラバーのが分があります。
ま、その分フラットで打てばいいだけだけど?

いやはや、まさかニマツごときがこんな凄いラバーを作っていたとは!
何で十一屋はゲヲ(爆)なんぞ選んで、ニマツ選ばなかったんだろwwwwwwwwwwwww
折角マイナーメーカーを発掘してるんだから、勿体ない!
とうとう日本人が目をつけ、紹介されたからにはこれからボンボン売れてほしいですなあ(´∀`)
日本は中国の次に位置する世界2位の市場ですからね(金額的にはトップか?)!
えー、散々硬いと言いましたがこれでもまだ、


「バランス」


ですからね?
この更に上があるんですよwwwwwwwwww
エントリーモデルが「キメラエラスティック」(42.5度)、トップモデルが「キメラドライブ」(50度)。
46.5度のキメラバランスでさえ、感覚的には中国ラバーの37~38度くらいだと思います。
藍鯨Ⅱ40度よりはソフトだけど、藍鯨Ⅱ36度よりは絶対硬いっす!
中国ラバー使いでしかも硬めを好む僕が、違和感なく使えたのだからペンドラ御用達になるのは間違いない。
スカスカスポンジは体感的に従来品より10度くらい落ちる印象なので、
そうなると相対的にキメラは10度アップするということですなwwwwwwwwwww
ぢゃあ、キメラバランスは…スカスカスポンジに換算すると、


56.5度wwwwwwwwwwwwwwwwww


いやー素晴らすいっっо(ж>▽<)y ☆
実際トールより硬いと思うよ!
トールだと中国ラバーを模しているので、シートが軟らかいんですよね。
2011年はイルミナX25に驚きましたが、今年はキメラに驚愕!!
イルミナほどのインパクトはないものの(あれは世界一の性能だからなあ…;)、
キメラもドイツ製ラバーの中では


最も完成度の高いラバー


だと思いました*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆
つかスカスカドイツスピン、ラバーとして破綻してるね(爆)。
あれを使える人は逆に尊敬しますわwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

ではどんな人にオヌヌメか?
日ペン選手には間違いなく最強のラバーになるはず!
これからはもう、思いのたけを振り絞ってガンガンぶん回してほしい!!!!
キメラバランスでも物足りなければ、キメラドライブがあるwwwwwwwwwwwwwwwwww
中国式の人でも硬いラバーが好きなら使ってもいいと思いますよー。
流石にタクシームなどと合わせると硬すぎるけどwwwwwwwwwww
中国ラバーを使っていて、「流石にもうちょっと飛んだらいいのに」と思ってる人でもいけるはず!
台上ドライブは捨てなければいけないですが、代わりに角度打ちやスマッシュを磨けばよいかと。
ラケットは6mm以上のものに替えた方がいいですけどね。
シェイク選手では、ロクソン500プロを使ってる人でスピンが物足りなく感じる場合に使ってみてはどーでしょーか?
バックで使うには無理がある気がしますが、フォアなら破壊力抜群の豪腕ドライブを約束しまっす!
ああ、はっきり言ってワタクツ、


このラバーでもいい


と思ったwwwwwwwwwww
それくらい中国ラバーの代わりになるwww
問題は…当たり前ですが…


日本で売ってない(ヴァカーーーーーーーーー)wwwwwwwww


現状ではドイツへ個人ゆぬーするしか入手手段がない(´□`。)
沢山買えば、1枚6000円くらいで輸入出来るんじゃない?
ユーロ爆安になってるからこれでもだいぶまともだし、高くても日ペン信者には勝つためにお金をかけてもいいと思う。
使用者が増えれば噂が広まって、どこぞのショップが販売してくれるかもしれないしwwwwwwwwwwww
01/11|ニマツ||TOP↑
プロフィール

friendship729sp

Author:friendship729sp
性別:男性
誕生日:6月4日 8時頃
血液型:O型
お住まいの地域:愛知県







自己紹介:Yahoo!知恵袋卓球カテ元1位、「friendship729sp」のIDは当時使用していたラバー名が由来。
「天座澪一」は同人用HN。
アバロンはかつて存在していた自クラブで、旧アバロンウェブサイトは用具レビューの先駆けであった。
既に公式大会を引退、趣味で並行用具等を試す日々。
プレイスタイルはサービス主体(爆)の前陣ドライブ攻守型。
ショートとチキータが得意。

コンセプト:私は懐古厨でもレア好きでもない、変なものが好きなんだよwww
そこんとこ勘違いされませぬよーに( 一一)

傾向:ペンドラなので、概ね硬めの用具に対する評価が高め。
以前はスピード重視の傾向があったが、プラ以降はスピンを重視、弾みは二の次。

好きな選手(引退含む、順不同):韓陽、オヤマ、マツモト、金擇洙、キム・ソンヒ、王晧、松下大星、于沈童、楊影、劉国梁、田崎俊雄、グルッバ、小山ちれ、ハラホバ、郝帥、孔令輝、クランパ、ホーマン、邱貽可、馬文革、ビルト、李倩

使用ラケット:サンフレックス・サイクロプスSAT中国式
使用ラバー:三維・T88-1・黒・39度・MAX
三剣・紅龍ブラックスポンジ・赤・MAX


※ご用のある方は、ブログテーマ「メールフォーム」からご連絡ください。








安心・安全・低価格
アバロン提携並行卓球ショップ
↓「卓球中国ラバー専門店MASAKI」↓

アバロン提携並行ショップ「卓球中国ラバー専門店MASAKI」


にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ
にほんブログ村



ブログパーツ
最新の記事一覧
ブックマーク
ブロとも申請フォーム
ブログテーマ一覧
ブログ内検索
アーカイブ