昔は今ほど外国製ラケットが日本で流通せず、
スティガなども「知る人ぞ知る」通好みのブランドだったわけですよ。
かくいう僕もドニックをさっぱり知らず、
突然ヤサカが代理店を始めたその不可思議なブランドを見て、


ドニ夫


という仇名をつけていたくらい(笑)。
そんな中、ヤサカ自身もガシアンとの契約を機に、
自社でもスウェーデン製ラケットをラインナップするようになりますた。
ニッタクみたいに、日本製ラケットを進化させつつ並行して売ればよかったのにね。
ラインナップの殆どをスウェーデン製にしてしまったことから、
マニア向けの歴史を歩むことになってしまいます(;^_^A
逆に今頃日本製ラケットを増やしても、誰も注目していない(苦笑)。
ヒノキレオとか誰か持ってますか(笑)?
新しく増えたカット用ラケット、名前覚えましたか(笑)?
僕は覚えてませんwwwwww

ただ当時、個人的にヤサカのアローデザインはスティガよりカッコいいと思ってました。
高校時代、日本式をやめ中国式を目指しかけた頃に、
とにかくスピードの出るラケットが欲しかったのと、
デザイン的にも気に入って買ったのがガシアンマックスウッド中国式でございます。
スウェーデン製のラケットは初めてで、
「とにかくスピードを追求したラケットです」と書いてあったものの、
どんな性能なのかはよく分かりませんでした。
今と違って昔は、用具の性能や性質を知るのが難しいから行き当たりばったりなのですよwww
それまで日本製のラケットしか使ったことのない僕が、
スウェーデン製の「フィーリング」を感じるのはどだい無理な話です( ̄ー ̄;
スレイバー辺りを貼ったのかな?
当時最高の弾みを持つラバーを貼ってもなお、


弾まない…


それどころか、


硬い重すぎる…


だって、97gあったんですよ(((゜д゜;)))!?
片面しか貼らなかったけどいくら何でも、振るのは無理っす(>_<)!
7枚合板も初めてだし、バタフライの合板と比べたら弾みはどうしても落ちます。
そんなわけで、ロクに使わずあえなく弟の友人へ、


粒高用


として騙して売却してしまいましたとさwwwwwwwwwwwww

さて現代(爆)。
当代一の用具マニアとなった僕は、勿論スウェーデン製ラケットの特徴もよく分かってます(笑)。
華麗なる失敗談であったガシアンマックスウッド(笑)、
記録より記憶に残るラケットとして脳みその片隅で輝いていたわけですが(^o^;)、
その折、郭躍藍鯨が主たるラケットを失って処遇が浮いていますた。
パープルスポンジの郭躍藍鯨に、ハードで弾む安価な


紫の


ラケットはないかと思案していたところ、
真っ先に浮かんだのが、


ガシアンマックスウッド


だったわけですよ(笑)。
中国では今でも販売してますが、
丁度店長K様の「卓球ラケット激安中古販売」(宣伝♪)で安く売られていたのもあって、
記憶を呼び覚ますべく購入決定ーーー(笑)!

マニアック卓球用具王国・アバロン

そして届いた美中古がこちら!
僕はグリップの端まで合わせて貼るので、グリップが深く削られていると使えないんですよね。
その点、届いたこれはほぼ削りなし!
ありがたい限りです(*^▽^*)
写真を取る前に表面へラバーを貼ってしまったので、
裏面の画像になってますが気にしないでくださいwww
5枚合板にして紫のアローデザインを復活させれば売れるんじゃないの?
と思うセクシーなグリップですよねーv
ヤサカはスティガと違い、表面にニスが塗ってあるので板が傷みにくいです。
その上板はリンバ。
ヨーロッパラケットの定番ですな。
あ、「卓球ラケット激安中古販売」(また宣伝♪)では97gとありましたが、
うちのスケールで測ったら94gですたわーい(=⌒▽⌒=)

マニアック卓球用具王国・アバロン

グリップもいいんだけど、珍しいのが紫に染められた添え芯!
というか、超絶クリッパーウッドに似ています(爆)。
板厚は6.3mm、各板の素材、厚さ、生き写しの双子なんですけど(笑)。
いや、少し添え芯が薄いかな?
それでも基本的には似てると思います。
そう思うと、クリッパーウッドより値段は安いし重量も若干軽いし
(WRBでないクリッパーは100g超えも珍しくないので)、
実はいいラケットだったのでは?
そういうところをしっかりアピールしたらよかったのに?(-з-)
流石ヤサカ、営業が弱い…(苦笑)。
クリッパーウッドよりやや軽いのは何故かというと、ブレード長が160だから。
これが絶妙な重心バランスと重量の削減に貢献してますね。
グリップ形は、相変わらずのコニックインクライン(笑)。
根元ほど細くなるコニックですなwww
僕、腕の病気で細いグリップが持てないので、
ティバー製のようにグリップが細くならないコニックがいいんですよ。
ただ、ガシアンマックスウッドは板が厚めなので、
グリップが細くなっても何とか持てます。
持てるのだったら、そのインクライングリップ(笑)がとてもよいラケット操作を実現してくれます。
握ってみると、外へ面を開きやすく、
ミドルの処理がやりやすいし韓陽のフォアハンドのように、
綺麗な弧を描いたスウィングになります。
それにより、理想的な重心移動と踏み込みを伴ったフォアドライブが出来まする。
スウィングって、用具と密接な関係があるんですよ?
中国式のフォアドライブの理想のスウィングには、
スウェーデン製の6.3mmラケットが1番です!!
該当するのはクリッパーウッド、オフチャロフセンゾー、マックスウッド辺りですかw

クリッパーウッドに瓜二つのマックスウッド、
十数年ぶりの実打は当時の印象そのままか?
それとも、スウェーデン製ラケットの「違いが分かる」人間に進化したのか?
試す時が来たようですwww
で、打ってみました。
「…!!!」
飛ぶ!!
ぶっ飛ぶ!!
郭躍藍鯨を貼ったのもあるにせよ、最初は球を制御できずオーバーミス連発;
個人的にはヘタなカーボンラケットより弾む印象。
激速とまでは言わないけど、フツーの中学生では制御不可能な組み合わせですね(笑)。
郭躍藍鯨、已打底効果なんてとっくに切れてるのですが、
全盛期だったらどうなるんでしょうwwwwwww
そしてメッチャ硬い!
球離れが早くてちょっと怖いんですが(;^_^A
カーボンよりボールをつかむ感じはあるけれど、代わりに弾むからなあ?。
ただ、やっぱりというか7枚合板って球軽いですね?。
藍鯨がいけないのか(笑)?
とはいえ、ソフトすぎる合板に貼ると藍鯨の良さが出てこないので、
マッチングとしてはこれでいいのだと思います。
表ソフトみたいに球離れが早くて、激速ドライブが打てる組み合わせ。
つくづく、藍鯨って上級向けのラバーなんだなと感じる。
速いボールは打てるけど、球の伸びは殆どないですね。
思いっきり直線的で、ずごーーーんと抜けていく。
それでもフォアドライブは最高っす!
凄い弾道でガンガン打てますから。
ミドルを突かれても、肩甲骨を駆使してぐるっと肩を回すドライブで返球出来る!
ストロークが弾む一方で、台上はちょっとナーバス。
硬いラケット+藍鯨の組み合わせでは、止まりすぎてしまってネットミスが出てしまいます;
ハードなラケットは、入力が小さいと反発は弱くなりますからね。
但しフリックや台上強打はかなりのスピードが出るので最高です!
裏面もまあまあやりやすいですね。
中国式は160mmあれば十分ですよ。
無駄に166とかあっても重量がかさむだけなので(苦笑)。

というわけで、慣れは必要ですがどうにか扱うことは出来たようです。
やっぱり硬いラケットって、コントロールがシビアですね;
ソフトなラケットに比べると、ボールの入るタイミングが少ない。
だから調子のいい時はガンガン入るけど、
感覚が合わないと全部ミスになっちゃうf^_^;
その代わり、ガシアンマックスウッドは不規則な弾みがなくどんな球でもしっかり飛んでくれる。
手に伝わる情報も確かなものだし、
そこがスウェーデン製のよさだとハッキリ実感しますた(;´▽`A``
そして今では、180g超のラケットでも問題なく扱うことの出来る、
進化した自分がいました(笑)。
昔のが筋力はあったけど、重いラケットに全然慣れてなかったからね。
ラバーの貼り方が違うのもあるし。
当時は2cm空けて貼っていたので、重心が外過ぎて重く感じたんですよね。
両面で重いラケットを扱う際には、思い切って全面にラバーを貼りませう。
それにしても、ガシアンマックスウッドはクリッパーウッドにそっくりでした(笑)。
パープルが認められた今こそ!
スティガが日本から消えた今こそ!!
復活の時ではないのか(笑)?
あの…中国で売ってるガシアンマックスウッドには、JTTAAがついてるものもあります。
クリッパーウッドが欲しいけどJTTAAが…と言う人は、
ショップに頼んでガシアンマックスウッドを取り寄せてもらうといいかもですね?。
但しWRBのような軽さにはならないですが、性能はほぼ同じダス。
01/20|ヤサカコメント(3)トラックバック(0)TOP↑

マニアな私は、ついにこの世界に足を踏み込んでしまいますたwwwww

誰もが憧れる夢の組み合わせ、そう、



自作ラバー



ですっ!!!

王皓のスレイバーブライススポンジは有名ですが、素人だってやろうと思えば出来るんだぜ!

最近じゃあ、韓陽選手のNEOキョウヒョウ藍鯨2スポンジですか。

それらの性能は勿論未知の世界ですが、

こちらも負けじと違う意味合いで未知のラバーを作ってみたいと思いますw


そもそも事の発端は、ヤフオクで1枚のトップシートを手に入れたこと。

そう、僕が長年追い求めていた伝説の中国ラバー…





もとい(爆)



DO(ドゥー)



でしたヽ(゚◇゚ )ノ

後年発売されたDO うP(違います)DO UPは微粘着にマーク?スポンジと、

それはそれで自作ラバーっぽい面白さを備えてはいましたが(笑)、

初代DOは神がかり的な性能でしたからね、色んな意味でw

何せシート表面が、これでもかと言わんばかりの粘着量でテッカテカ☆彡

更に恐ろしく硬く、重く、弾まないスポンジとの組み合わせで、

日ペンカット済みで60gという鉄アレイ仕様(笑)。

おかげで、ボールが一度くっついたら離れない、

まさにピラニアのような粘着ぶりでございましたf^_^;


マニアック卓球用具王国・アバロン


そして20年近くたち、再び目の前に現れた神ラバー、

DO様のお姿ですっっm(_ _ )mハハー

これはフィルムを剥がしてないのでテカってますが、あとで全貌をお見せしますw

このロゴもマニア心をくすぐる素敵なデザインなんだよなあ?♪


…で、手に入れたからにはスポンジをくっつけねば使いものにならない!

というわけで色々探してみたのですが、

折角だから見た目が目立って、しかも軟らかめで弾むものがいい!と考え、



パープルスポンジ



を組み合わせることにしました(=⌒▽⌒=)

流石に海夫の紫海綿を手に入れるのは無理ですが、

他のものでよければありましたw


マニアック卓球用具王国・アバロン


それがコイツ(≧▽≦)

エクリプスよりはしっかり紫してますよっ(笑)!!

しかも見ての通り、日本製。

だから弾みもあって、ソフトさも兼ね備えDO様をパワーアップさせるにはとてもよいと思いますね!


マニアック卓球用具王国・アバロン


こちらがパープルスポンジのパッケージ。

「櫻の花」と書いてあるけど、恐らくコクタクとは何のカンケーもないです。

ただ日本製っていうだけで。

右上に76元と書いてありますが、やはり日本スポンジは結構高めですね。


マニアック卓球用具王国・アバロン


裏面。

色々厚さや硬度の種類があるようですが、手に入れたのは2.2mm、46度。

触った感じもいい意味での硬さや弾力がありましたね。

中国ラバーのスポンジとしたら、だいぶ軟らかい方ですが。


2つ揃え、いざ貼り上げ!といきたいところですが接着剤を何にしようか迷った…;

ゴム同士をくっつけるのには、多用途目的の接着剤を使わないとダメで、

結構種類があるのですが1番好まれてるのは、

セメダインのスーパーXという接着剤のようですね。

でも僕は速乾性を重視してコニシの接着剤を購入しました。

併し貼り合わせる時になって至極後悔…

速乾接着剤は1分以内に塗って貼り合わせないとダメなのですが、



スポンジ全面に1分で塗れるわけねええええええええええええ。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。



ま、1分超えても大丈夫でしたが接着剤も上手く伸びてくれないし、

かなりしんどい作業になりましたよ…;

やっとの思いで貼り合わせ、5分ほどで何となく接着、

1時間で取り敢えず打てるようになり、完全な接着には1日要しました。


マニアック卓球用具王国・アバロン


そして出来あがったラバーがこちらヾ(@°▽°@)ノ

帰ってきたDO様ですよーーーーーーーーーー!!!

この画像を見ても分かる通り、ラバーに背景が映り込んでますね*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

この角度でこれだけ映ってるラバーはDO様だけですw


マニアック卓球用具王国・アバロン


ロゴあーーーっぷ!

見よ、この境目(笑)。

粘着のある場所とない場所の、異様なまでのテカりの差が笑えますwwwww

今時こんなの、強粘着で有名なノーファーや地球でもないですよ(;^_^A

因みに、キョウヒョウより強粘着だった当時の双喜主力ラバー、

PF4でもここまでの粘着はなかったですね。

TSPの730は言うに及ばず。

ヤサカ…とことんマニアなラバーを作ってくれます(笑)。

おっと、JTTAAついてますが現在のリストには載ってないので試合には出られませんぜ;;;

何で消したんだよおおおおおおおお・°・(ノД`)・°・

DOの赤シートはワイン色と言えるほど濃い赤です。

どーせ全然飛ばないくせに、何故か粒配列は縦目というおかしな設計(笑)。

悪いことは言わないから、横目にしときゃいいのにねー。


マニアック卓球用具王国・アバロン


お待たせしました、側面ですo(^▽^)o

夢の競演(?)、世界一の粘着DO様とパープルスポンジとのミスマッチwwwww

この画像でも、笑っちゃうくらいのテカりが強烈な粘着量を伝えてくれます!

DOでパープルスポンジでも優越感は全くないですが(笑)、

誰が見ても「何?これ」と首をかしげるのは必定です:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

エクリプスの粘着バージョン…というのはウソでーーーーーーっすwwwwwwwwwww


うーん、接着剤もホントに隅から隅まで塗れたわけじゃないので、

ところどころくっついてない箇所もあって気になるのですが(-"-;A、

概ね接着は良好。

あの猛烈飛ばなかったDO様が、日本スポンジを得てどう変わったのか、

色々試してみましたよ☆

まず粘着ですが、昔の記憶を呼び覚ますくっつきぶり!

ボールをつけたら離れない…逆さにしても最長7、8秒は行きますね(笑)。

もはや磁石やねん。

もっと粘着を引き出したいところなんですが、

粘着保護シートをするとシートが引っ張られて剥がれてしまいそうなので、

使えないのが泣ける…o(TωT )

球突きをすると、おおおおおおおおお!?

軟らかい(笑)!

石みたいに硬かったDO様の面影はどこにもなく、

こりゃあ息子(?)のDO UPそのものです!

簡単に言えばマーク?同様のソフトさということ(`∀´)

そして弾みですが…確かに弾む。

かつてのDO様よりは(苦笑)。

並みの中国ラバー程度の弾みはありますよwww

フレンドシップ729SPトラストと非常に感覚が似ていますねー。

でも、テンションスポンジではないからこれが限界かっ!!!

いやいや、かつてのDO様よりはるかに40mm仕様になってますから上出来でしょう(笑)。


パープルスポンジの形が小さいのもあって、

サイズの合うミッドくらいの弾みのラケットに貼って実打してみました。

さあ、20年ぶりのDO様は…

おお、



相手コートに入りますね



(爆笑)。

かつてのDO様は、38mmボール相手なので入れるのは問題なかったですが、

40mmボールだったら確実にネットしそうなので(苦笑)。

あ、こりゃフツーに打てるわとw

軟らかいのでクセなく打つことができます。

スポンジのおかげですなあ(´∀`)

僕にとっては、ラケットのせいもあるでしょうけどソフトでちょっと合わない感触ですが…。

次!ドライブ!

これも問題なく打てますw

でもDO様得意の擦るドライブじゃなくて、食い込ませて打つドライブになりますねwww

DO様が進化したーーーーーーー?(゚Д゚)!

球の伸びはまあまあですよ。

強粘着過ぎるラバーの常ですが、却ってうまくスピンをかけられないことが40mmボールではあるので、

このDO様もその類ですかね。

粘着の強さの割にスピンがかからないというか。

まあ高弾性と比べたら段違いですけど!

他、サービスツッツキショートもそつなくこなせます。

いつからDO様、こんなに万能になったんだろう(笑)。

かつてのDO様は、そりゃもう硬くて飛ばなくて尋常じゃない扱いにくさでしたけど、



丸くなったカミナリオヤジ



みたいなもんですかね(`∀´)

やー、カットを相手にやってみましたけど、そこそこ使えますよこれw

日本スポンジなのでどうしても球が軽くなる弱点はありますが、

飛びすぎない分広角にドライブを放って、コース取りで得点を狙うラバーですね。

誰かDO様使ったことがあるかなあ…あまりにもフツーの記事になってしまってますが、

DO様を使ったことがある人なら、これが



異常な内容



であることが分かるはずなんですよΣ(゚д゚;)

あ、そうそう、肝心の耐久性ですが、そこそこ時間打ちましたけど全く剥がれませんでしたね。

いけます、自作ラバー(笑)。

皆さんも機会があったら試してみてはwww

ヤフオクで729のスポンジ売ってる人もいますので。


11/27|ヤサカコメント(16)トラックバック(0)TOP↑

念願の入手に至って、感激至極の我でございます?ヾ(@^▽^@)ノワーイ

どうしてもお菓子のイメージとか(爆)、パッケージのデザインが強烈で気になるし、

興味が沸かないまま廃盤となったヤサカのビスコ。

当時のヤサカカタログって、性能表がなかったのでどういうラバーかよく分からなかったんですよ;

「ヨーロッパで人気絶好調の(新粘着タイプの)ビスコ」

という文章はあったんだけど、具体的にどんな性質かは分からず…(・Θ・;)

粘着ラバーというのは分かるけど、タキネスみたいに弾みの弱い強粘着ラバーだと思ってた。

あ、DOが中国ラバーで、中国ラバーがどういう性質かは、

双喜(当時)の初代PF4を見てたから分かってたんですけどね。

ビスコは…使ってる人も見たことがないし、とにかくお菓子(苦笑)。

2000年くらいまで売っていたけどやっぱり興味がなくて、

そのまま廃盤に…。

それが、用具マニアになった今では欲しくて欲しくて仕方のないアイテムになりました(笑)。


マニアック卓球用具王国・アバロン


カタログでの出会いから19年、初めてお目にかかったビスコの生パッケージですっっっ(笑)!!!

このデザイン、今では凄くツボにハマるけど、

中学生だったらやっぱり受け入れがたいアクの強いデザインだと思うよ(・_・;)

真っ黒な背景にネオンのような「VISCO」の文字、

そしてビスコパッケージの最大の特徴ともいえる、



Grab it!



SPIN!



Give it!



のキャッチコピー(笑)。

中学生には何言ってるのか分かりませんわorz

併し今では、ヤサカパッケージで1番好きかもしれん(笑)。

初代DOと張り合ってますwww


マニアック卓球用具王国・アバロン


そしてそして、待望のビスコ様(様wwwww)とご対面????m(_ _ )m

あのパッケージのロゴが、こちらでも再現されてるのに感激(笑)!←当たり前!

画像が明るすぎてよく見えないかもですが、ヤサカらしい落ち着いた色合いのシートで、

併しながらマーク?と違い、非常に透き通っています。

ぷにぷにしてみると、スポンジが凄く軟らかいし、見た目にも気泡が大きいのが分かります。

かなりソフトだなあ…マーク?ADのスポンジより軟らかいから、

35度くらい?まるで表ソフトのスポンジみたいです。


マニアック卓球用具王国・アバロン


ロゴ部分のアップ画像、「VISCO」のロゴがマニア心をくすぐりますなあ(´▽`)

こういうマイナーラバーを手に入れると、至福の喜びを味わえます(笑)。

で、肝心の粘着なんですけど、驚いた!

確かに粘着性はあるのですが、超微粘着?ヾ( ̄0 ̄;ノ!!

これって、マーク?XSみたいな感じですよ。って使ったことないけど(をい)。

当時の粘着ラバーって強粘着が当たり前だったので

(タキネスCやスピンスピール、PF4やDO、730など)、

当時使ったらきっとビックリしたよ!時代を先取りしてる!

高弾性の弾みや弾道を維持しつつも、微粘着でスピンを強化しようという狙いが感じられます。

球突きをしてみても、粘着ラバーとしてはとても弾みます。

マーク?よりスポンジがソフトなので弾みは落ちますが、

遜色ない程度に飛びますね。

中国ラバーに比べ、やはりシートの弾力を感じます。

トルネードも自分の好みで思いっきり惚れたけど(笑)、

ビスコにも恋の予感が沸いてきましたよ????(///∇//)


試打ですが、シェイクラケットのバックに貼って打ちました!

まずもって、カット後の重量が軽い!スポンジが厚で30?35gくらい?

先ほど言ったように、表ソフトのスポンジみたいなので、ホント軽いです。

併しそんな軟らかいのにもかかわらず、スピードは非常に出ます。

マーク?よりもソフトな分、スピードを出しやすい感じですね

(絶対的なスピードは、マーク?のが上ですが)。

タキネスDよりは弾むでしょう!弾道を見て、ヤサカの意図がよく分かりますo(^▽^)o

サービスは、そもそもヤサカラバーなのでグリップ力抜群のシートで、

別に粘着なくてもスピンかかるんじゃないの?と思います。

ドライブにしても、粘着があるから孤を描いて入る、

とまで言えるほど大げさなものじゃないですね。

フツーにしっかり打てます(笑)。

マーク?みたいに、ノーマルとXSがあったら引っかかりの違いを体感できるんでしょうけど、

ビスコは単独商品なので違いを比べることが出来ないです…;

ツッツキだけは、ちょっと引っかかりすぎてネットにかけることがありましたね。

スポンジが軟らかいからなー…弾みを吸収しちゃいます。

併しながら、ヤサカラバーらしいしっかり打てばしっかり入る、

扱いやすいラバーとして実に完成度が高いです(*^-^)b


それでもマイナーになってしまったのは、マーク?の存在が大きすぎるのと、

あのパッケージ(;´▽`A``

あと、38mmボールではスポンジが軟らかすぎないかなあ?

ハードなラケットに組み合わせれば、38mmボールでも打てたかもしれません。

例えばカーボンラケットを使っていて球離れが早くなるのを防ぎ、

カーボンでもしっかり回転をかけていく、という組み合わせがベストだった、のでしょうね。

いや、僕はムチャクチャ気に入った(笑)!本気で惚れたよビスコwwwww

仮に、僕が中学生のときにヤサカラバーを受け入れていたら、

日本式ペンなので当時はトルネードを使い、

今なら裏面にビスコを使うでしょう(笑)!!

いや、マーク?ADよりしなやかで微粘着なので、本気で再販してほしいんですが(`・ω・´)!!

軽いし!本当にビスコを裏面で貼り替えたいと思ったよ。

…マニアの欲求を満たすためだけに、再販などしてくれるはずないよな( ̄ー ̄;


さぁ?それではみなさんもご一緒に!!!



Grab it(^O^)!



SPIN(・∀・)!



Give it(b^-゜)!



…おあとがよろしいようで。。。


03/30|ヤサカ||TOP↑

今回の紹介は、恐らく世界で1番恥ずかしいネーミングであろう、

ヤサカの「ザ・オモテ」でございます?(///∇//)

カッコ悪????;;;いくら僕がヤサカ党でも、


ザ・オモテ


はイヤですよ(苦笑)。



ザ・オモテ



ですよ



ザ・オモテ


(もう分かったから(;´Д`)ノ)。

しかも絶対に、



ジ・オモテ



じゃないの?という疑問が沸いてくるし(笑)。

名前だけで売り上げ相当損してる気がしますが(爆)、果たして肝心のラバーはどんなんやら(・_・;)


たまたま、うちの会社の社員が卓球研修で、

取引先であるゼット(バタフライ、TSP、ニッタク、ヤサカ、ジュウイック、ヨーラの国内流通は殆ど、

野球で有名なゼットが卸しています)の方から、

ラバー切りの練習用に廃盤となったこの



ザ・オモテ



(しつこい)をもらい、それを僕が払い下げてきたのですo(^▽^)o

厚さが中ってのが何ですが;、まあタダなんだから文句言わないことにしよう。


マニアック卓球用具王国・アバロン


果たして、実物を見たことのある人がどれだけいるか分かりませんが(笑)、

これがザ・オモテだああああああ(`・ω・´)!

…ってあれ?何だかどこかで見たことのあるような雰囲気が…


…?(゚Д゚)!?


粒がスペクトルそっくりですーーーーーー(笑)!

おい!「ザ」がつくほど気合の入れたラバーの割に、

他社のパ○りでいいんですかい!?

シートの色合いまで似てるからな?、名前がなかったら誰でもスペクトルと間違えるよホント。

ヤサカに言わせれば「○クりではない」と言いそうですが…。


マニアック卓球用具王国・アバロン


拡大写真ですが、これでもちょっと分かりづらいかも。

併しホント似てるんですよ!

円柱+台形の形状で、大きさもホントそっくり。

シートは双子みたいですヽ(*・ω・)人(・ω・*)ノ

違うのはスポンジかな。スポンジは非常に軟らかくて、

最初から21スポンジみたいな感触です。

球突きをすると、中にしてはかなり飛びますね。

併しスポンジが軟らかいので、食い込みながら飛ぶイメージ。

スピンをかけても、スペクトル同様結構引っかかります。何かドライブ打てそう。


試打をしてみても、その印象と違いなかったですね。

スピードが結構出ます。飛距離も文句なし。

但しスポンジが食い込むので、潰れすぎてしまうと極端に失速してしまうというか、

ハードヒットには適してないかも…(_ _。)

こちらはコントローラブルに安定感ある打球が可能なんですが、

相手は「嫌なボールが飛んでくる」と言っていたので、案外クセ者です、こやつ( ・д・)/??=≡(((卍

そして、裏ソフトに近い感覚でドライブが打てます!

シートの引っ掛かりがいいし、スポンジが食い込むので表ソフトでドライブが打てるぞ?p(^-^)q

勿論、回転系のようなホップするドライブにはなりませんけどね。

それでも、ドライブばっかりかけたくなる(笑)。

ヤサカの定義する表ソフトのよさとは、オールラウンドでなおかつソフトなラバー、

ということなのかもしれません。

この設計は多分、のちにオリジナルTバージョンへ受け継がれています。


うむ、正直ハモンドFAよりはいいラバーだ(笑)。

あれはスピードがダメすぎて…orz

ザ・オモテは初心者から上級者まで使えますよ。

飛びすぎさえ気をつければね。まあスペクトルよりは飛ばないんで(;^_^A

いいラバーですが、ネーミングだけでみんなドン引きだから(爆)、

名前変えて再出発しないのかな。

もし、



ザ・ウラ



なんて裏ソフトがあったら絶対使いたくないね、やっぱり(苦笑)。


03/15|ヤサカ||TOP↑

マニアック卓球用具王国・アバロン

ヤサカのトルネード、昔持ってたんですけどね。

このパッケージに写っているような、ぬわんと



琥珀色



のトルネードを(笑)。

あ、90年代のヤサカみたく、文字を傾けてみました(笑)。YA・SA・KA!

それにしてもすげー色だなヲイヽ(゚◇゚ )ノ

捨ててしまったのが悔やまれる…(ノДT)

ボロでも取っておけば、話題になったのにいいいいいいいいい!!!!!!

上のパッケージは、90年代の最終パッケージより1つ前のものだと思います。

最終パッケージも、琥珀色のトルネードをイメージしたものでしたけどね。

皆さんも、ご存知の方いると思います。


マニアック卓球用具王国・アバロン

そのトルネード、運良く十数年ぶりに入手しましたo(〃^▽^〃)o

しかもその状態の素晴らしいこと!今作ったかのようにピカピカです!

保管方法にもよるかもしれませんが、ヤサカラバーの品質の良さが伺えますね。

因みに僕、マーク?の白みがかった色合いが、好きじゃないんですよ(苦笑)。

それに比べると、トルネードは色鮮やかに透き通った発色のよい赤色をしてますねΣ(・ω・ノ)ノ!!

シートの上が高摩擦ゴム、下が高弾性ゴムだそうです。

ニッタクのスパイラルみたいだな…。

写真では写ってませんが、スポンジはドイツラバーそっくりの黄色です(笑)。

見た目、まんまドイツラバーなんですけどwww

併しながら、凄く品質感のよさを感じますね。

久々のトルネード、本当にわくわくしながら打ってみましたよ。


近いラバーがマーク?なので、それと比較してのコメントですが、

弾みはマーク?と殆ど変わりませんね。

テンションラバーと比べれば穏やかなものですが、十分すぎるくらいのスピードを備えてます。

スポンジが少しだけ軟らかいかな。マーク?ADと同じくらいです。

そしてめちゃくちゃスピンがかかるし、しっかりした打球感です!

何コレ、凄くいいじゃん!これで2625円(最終時価格)?信じられん?ヾ( ̄0 ̄;ノ

個人的には、



マーク?よりいいっス(°∀°)b



僕は現在、やぷー知恵袋などで「とにかく安くていいラバー」という質問を受けたときには、

ニッタクのマジックカーボンをオススメしているのですが、

それとは比べ物になりません。ケタ違い。

トルネード、完全に高弾性高摩擦なんだもの(`・ω・´)

長く使ったときの寿命までは分かりませんが、

今すぐにでも復活させてほしいラバーNo.1です!

そうしたら、僕が真っ先に裏面をマーク?ADから乗り換えますよ(笑)。

何より、



シートが白くない



だけに(笑)。スポンジが黄色なのも楽しいね!

僕が中学のとき、ナゼ使わなかったのか非常に落胆するほど、いいですorz←タキネスD使ってたwww


結論。日本の初心者はみんなトルネードを使え(無理!!!)!


02/25|ヤサカ||TOP↑
プロフィール

friendship729sp

Author:friendship729sp
性別:男性
誕生日:6月4日 8時頃
血液型:O型
お住まいの地域:愛知県







自己紹介:Yahoo!知恵袋卓球カテ元1位、「friendship729sp」のIDは当時使用していたラバー名が由来。
「天座澪一」は同人用HN。
アバロンはかつて存在していた自クラブで、旧アバロンウェブサイトは用具レビューの先駆けであった。
既に公式大会を引退、趣味で並行用具等を試す日々。
プレイスタイルはサービス主体(爆)の前陣ドライブ攻守型。
ヘッダーのおにゃのこはアバロンマスコットキャラ・七瀬巳優(みゆう)。

好きな選手(引退含む、順不同):韓陽、オヤマ、マツモト、金擇洙、キム・ソンヒ、王晧、松下大星、于沈童、楊影、劉国梁、田崎俊雄、グルッバ、小山ちれ、ハラホバ、郝帥、孔令輝、クランパ、ホーマン、邱貽可、馬文革、ビルト、李倩

使用ラケット:スターウッド・ティアナプリンスナノ+3中国式
タットル・サウスポール・黒・38度・MAX
デアウインド・レイヘ・赤・45度


使用ラケット2:双魚・中国玘2中国式
使用ラバー2:タットル・ノースポール・赤・37度・MAX
未定



※ご用のある方は、ブログテーマ「メールフォーム」からご連絡ください。








安心・安全・低価格
アバロン提携並行卓球ショップ
↓「卓球中国ラバー専門店MASAKI」↓

アバロン提携並行ショップ「卓球中国ラバー専門店MASAKI」


にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ
にほんブログ村



ブログパーツ
最新の記事一覧
ブックマーク
ブロとも申請フォーム
ブログテーマ一覧
ブログ内検索
アーカイブ