上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
※只今アバロンは半休止中です。
今回は仮営業による更新なので、コメレスは復帰後行います。



ラバー提供元:卓球中国ラバー専門店MASAKI

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ 広告゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

卓球中国ラバー専門店MASAKI では、激安中国ラバーを多数揃えています!
W/R/M(スラッシュ入れるなwwwwwwwww)でも売ってない、
「真のレアラバー」ならMASAKI2号店がいいど!
日本じゃ買えないあーんなラバー、こーんなラケットだって、
中国で売ってればお取り寄せ?(但し液体物以外、正品に限ります)♪
発送も安価に書留で届くという信頼性!
「売れればよい」ではつまらないと思っている真のマニアよ、
「何コレ?このラバー…」はここにこそある!!
みんなMASAKI をチェックしようぜ(o^-')b!!!

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ 広告゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚


まさか、


2000枚売れちゃった(自称)あのラバーがいらなくなる


なんて思ってもみなかったんだぜ(`・ω・´)
褒めてんのかけなしてんのか分からんよーなレビューでしたが(^▽^;)、
一応僕の本職で採用されたのは確かだったのさ。
このラバーさえなければ…極太粒で今でも突き上げていたはずwwwwwwwwwwwww
それが、思わぬところで


中国製非粘着ラバーの最高峰


に出会っちまったんだからな!!
…いえ、「中国製」というのは多分、ですがwwwwwwwwww←をい!!
スポンジはドイツかもしれないですが、シートはほぼ中国製でせう。
あ、ここでまずお断りをしておかなくてはいけないですが、
ぼかあ新もーふぁを使用したことがありませんwwwwwwwwwwwwww
なのでマサキさんの意見を伺いながら、総合的に見て「最高峰」という文言を盛り込むことにしました。
少なくとも、ボムのいやんなゴム質が嫌いな僕からすれば、
同等であってもこっちのが最高峰ですなwwwwwwwwwwwwwwww

まあ前々から目を付けてはいたのですが、性能面での不安(ブランド自体の信頼性も含めて)もあったので、
買おうかどうか迷ってますた。
併し、やってくれたのです…彼のラバーは。
マニアがうなる凄まじい高性能をよお!!!
僕より早く入手した2名のマニアwwwwwwwwwwwwwwwwwwwの方から、
「かっ飛びます」との情報が!!!!!!
ぬおおおおおおおおおお(-_?)(/_-)三( ゚Д゚)!!!
MASAKI2号店に猛ダッシュして、
「○○○○ゆぬーしてくださああああああああああいいいいいいいいいい!!!」と押しかけたら…
「こんなこともあろうかと、もう1枚購入しております。」
ちょwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


あまくら は まわりこまれてしまったwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


思考を読まれ、先回りされてました(;^_^A
ってなわけで、僕も急遽入手が可能になったわけですが。
そのラバーこそ、エアーのイルミナでごぜえます。

マニアック卓球用具王国・アバロン

パッケージはあまり派手ではないですが、なかなか渋いクールなデザインだす。
イルミナっていうと、キムチに詳しい人ならいちいち反応してしまうかもしれませんが(爆)、
この際無視しませうwwwwwwwwwwwwwww
推測ではありますが、イルミネーションという言葉から来る造語ではないかと。
まさか、某秘密結社のことを言ってるわけではないでせうwwwwwww

マニアック卓球用具王国・アバロン

パッケージ裏面。
何だかパッケージの形が巨乳、もとい巨龍に似ている気がする…。
マサキさんが問い合わせたところ、「エアーの名前すら知らなかった」そーでぷwwwww
エアーの硬度表記は独特で、今回入手したのは「X25」というタイプなのですが、
これが「41度」だそーで。
現時点で分かってるものでは、X90が「37度」、X30は「30度」とのことです。
ひっじょーーーーに分かりにくいwwwwwww
MAXは2.3mmあるらしい…この「2.3mm」スポンジが設定されてるのがイルミナのミソなのですが、
今回は手に入りませんでしたorz

マニアック卓球用具王国・アバロン

さてっ!!
ラバー本体をご紹介??????o(^▽^)o
エアーのラバーはどれも皆、ロゴがデカいですwwwwwwwwwww
初期モデルは中国式で余して貼らない限り、たとえカット用だろーとロゴをぶったぎってしまいます(爆)。
どーやって貼れとゆーのだ( ̄_ ̄ i)?
イルミナは幸い、ロゴが反っているので何とか貼り上げが可能です;
シートは見てのとおり一応綺麗なのですが、触ってみるとあまり引っかかりのよさそうな感触ではない…;
最初、「コントロール系か?」と思っちまいましたのでwwwwwwwwww
ただ、2000枚売れちゃった(自称)ラバーと比べると干からびてる感じではなく(笑)、
水を与えてやれば(爆笑)何とかなりそーな気はしますwwwwwwwwwwwwwwwww

マニアック卓球用具王国・アバロン

ロゴあーっぷ!
…しても殆ど意味がないくらい、幅が広くて拡大できねーよーwwwwwwwwwww
ロゴの右端にあるピカソみたいなイラストは(笑)、イルミナの象徴的な技術である「ナノステクノロジー」。
従来品よりパワーを20?25パーセントも上昇させるという、画期的な技術でごぜえます!
シートを見て驚くのが、2000枚売れちゃった(自称)ラバーとは対照的な、


粒の過疎化( ゚-゚)( ゚ロ゚)(( ロ゚)゚((( ロ)~゚ ゚エエエエエエエエエエ!!!!


まるで、


ど田舎


みたいな粒間隔の広さだぜwwwwwwwwwwwwwww
要は仮想ヘナジー64として設計しているのでせう。
実物のヘナジー64とも見比べてみましたが、明らかにイルミナのが間隔が広い。
うっわー…これはすげーじぇい(`・ω・´)!!
こんなラバー見たことねえ!!!
そこから想像出来る性能としては、


いとも簡単にシートの引き攣れを起こすことが出来る


ということ!

マニアック卓球用具王国・アバロン

ラバー側面。
某白サメにそっくりなイエロースポンジが目に付きますw
いや最初、マジで海夫製かと疑ったもんなあ(違いますが)。
スポンジは非常にソフトでぷにぷに、シートに比べると品質感がとても高いので、
恐らくドイツ製スポンジではないかと思います(エアーはドイツのメーカー?という不確定情報が…)。
シートはまず中国製ですけどね!
なのでさっき書いたスポンジ硬度も、ドイツ硬度だと思ってくれればよいでせう。
それに加えて粒密度の低さ、更にここで気付いて欲しいのが、
シートがとっても薄い!!
中国製シートとしては非常に画期的な、


めちゃうす(/ω?)イヤーン


なんですよwwwwwwwwwwwww
厚ぼったい中国ラバーの感覚が嫌いな人でも、イルミナならドイツラバーに近い打球感が得られます♪
それとともに、やはりシートの変形を助長するといっていいでしょうね。
先ほど言った、2.3mmスポンジはこのめちゃうすシートの賜物だと思いまふ。
新シロッコでも採用されたこのイエロースポンジですが、
「ネガトロンスポンジ」というネーミングでエアーラバーの象徴的な技術になってるよーです。

まずはラバーに貼って球突きしてみましたが、やっぱり


弾む!!


ビックリするくらい弾む!!


因みに「跳ねる」という言葉は物体が自発的に弾むことを言うのであって、
ラバーが弾むことを指すにはおかしな言葉なんだぜwwwwwwwwwwww
例えば人がジャンプして「跳ねる」のは分かるが、道路が「跳ねてる」わけじゃないだろwwwwwwwwww
みんなもちゃんとした日本語使ってくれよなwwwwwwwwwwww


ぼかあ今までヘナジー64、フェニックスなど「暴発系」ラバーを使用して来ているので、
弾むラバーのスペックは分かっているのですが本当に遜色ないです。
ただブラスピと比較してどうかまでは分かりませんが…m(_ _ )mゴメンチャイ
間違いなくクエン酸はかる?く超えていますwww
シートが薄いので、打球感覚がすぐスポンジに伝わるのも中国製としては新しいですね!
スポンジは凄く軟らかくて、ガンガン食い込む上に金属音が激しいです。
球突きするたびカキンカキン鳴りますわwwwww
回転をかけてみましたが、これについてはハッキリ言って及第点レベルです;
表面の摩擦力が足りないかな?と感じますが、フツーのラバーと違うところがここでも!
ちょっとスピンをかけてみるだけでも粒がひん曲がった感じになるwww
なのでサービスはともかく、ドライブはこのまま同じではなさそうだぞ(`・ω・´)ゞ!

そりでは!
待望の実打といきませう!!
裏面に貼ったのですがまずはフォア打ち。
うわあ…


飛びすぎて入らねえ(-"-;A


いつもブラスピ使ってる方、恐れ入りますm(_ _ )m
クエン酸ではそんなこともなかったが、イルミナはぼーーーーーーーーーんとぶっ飛んでいきますwww
感触としては、新バイシャ?にそっくりです!
「シートが薄くなった」バイシャ?だと思ってもらえばよいかと。
フォアドライブはめちゃくちゃやりやすいですね!
摩擦力が低い上にソフトなのでドライブがやりにくいかと思ったらそうではない。
カット打ちしてみると、粒の引き攣れによってボールを掴まえ放つので、
中国ラバーよりカット打ちがやりやすいという驚くべき事実に出くわしてしまいましたわ!
「ソフトなラバーは下回転に弱い」という概念がまず破れたΣ(=°ω°=;ノ)ノノワー?
そもそも、ドライブ自体スピードグルー使用の感覚に限りなく近いです。
シートが変形する、あの懐かしい 感触(´∀`)v
新バイシャ?レビューで「最もスピードグルーの感覚に近い」と評しましたが、
イルミナはそれを上回りました(・ω・)/
スピードグルー体験者なら、思いっきり「カッキーン」と食い込ませて強烈な引き攣れでカットを打ち抜く、
あの感覚がわかりますよねwww
ドライブの回転量も、スピン系には劣るものの一般的なドイツラバーよりは多いです。
新もーふぁを使ったことはないけれど、ボムのゴム質を考えればイルミナのが勝ってるなということは、
想像出来るものです。
ショートもやってみましたが、非常にソフトなので反射角が狭くて鋭いボールが返って行きます♪
普通のラバーじゃ考えられないタイミングでショート出来るwww
ここら辺、やっぱりドイツラバーっぽさが出てますね(バイシャっぽさとも言う)。
それにしても、


カッキーン


カッキーン


カッキーン


うるせえwwwwwwwwwwwwwwww


「あっちゃんかっこいーーーーーーーーーwwwwwwwwww」(違)


新もーふぁと決定的に違う点は、爆音生活が満喫出来ること。

<PR>

マニアック卓球用具王国・アバロン

買ってちょ(。-人-。)

さて肝心の裏面で使ってみましたが、やっぱりスピード出るので楽ーーーーーーーーー♪
目を三角にしてぶっ叩かないとスピードの出ない、2000枚売れちゃった(自称)ラバーとは雲泥の差ですwww
そらまあ、その分コントロールは大変なんだけどさ。
ノングルー時代、弾みが落ちて不用意なネットミスはプレイアーが1番嫌うものだと思いますが、
イルミナは


ほぼネットミスがない


ですwwwwwwww
というのも、まず弾みまくる為に余裕でネットを越すこと、もう1つはこの弾性からは想像もつかない、
山なりの弾道。
注意していないと、前陣ではボーン、ボーン、ボーンとはるか遠くにオーバーミスしてしまいますwww
弾むラバーほど直線的な弾道が当たり前だった現代の卓球ラバーで、
こんな弧線を描くラバーあったか?というほど。
スレイバーG3でもここまでじゃないでしょうwww
この時点で、前陣でイルミナを使うのなら特殊素材ラケットか7枚合板にしないとダメですね(;^_^A
弾く感覚のあるラケットじゃないと、あっけなくオーバー連発ですwwwww
硬めのラケットに貼れば、食い込みはあるので何とか前陣でも使用可能になります。
イルミナがネットミスするときは、ソフトゆえに自分でしっかり台上が打てなかったときくらい。
さっきのカット打ちでも言いましたが、意外なほど下回転を持ち上げられるので台上フリックもやりやすいのは、
大きな収穫でもありました☆
前陣でイルミナを使うときは、人工的に弾道を低くしてやらねばならず、
少し横回転を加えてカーブドライブ気味にストロークを打つのがポイント。
そうすれば曲げて球を落とすことが出来ます。
引き攣れは簡単に起こせるので、それほど難しいことではないですよ♪
そうはいっても本来、このラバーは中陣で使うべきものなんだろなーと思いまふ(-"-;A
但しカウンターはさっきのショート同様、かなりやりやすいので弾みを制御出来るようになれば、
恐るべき高速カウンターがバキバキ決まりますじょ(・ω・)bグッ!
僕の代名詞とも言うべき鉄壁のショートを捨てて、王皓みたく全部裏面でやろーかと思うくらいいいですw
グルー時代のように、極めて早い打球点で打てるのも大きいと思います。
これだけ弾むのにもかかわらず、ツッツキは浮くことなく普通にこなせるのでこれまたビックリ。

ドライブ…2回練習したもののいまだ弾みに慣れず、恐る恐る打ってる天座がいます(^o^;)
まだイルミナの全力を出し切っていないっすorz
フルスウィングで最大にスピンをかけたいんだけど、タイミング外すとすっ飛んでいってしまう????;;;
正直、擦って打つのは弧線が高くなりすぎてしまうので、
前陣でドライブする時は面をかなり立ててぶつけるよーに打たないとダメですね。
ストレートにドライブすれば、ほぼ一発で抜けますw
いや、フルスウィングならクロスでも瞬速で抜けますよ。
回転量はスピン系ほどではないのですが、引き攣れが大きい為にスピン量以上のホップする弾道が凄いです!
速い上にホップするので、伸びてから相手が取りにくそうにしてますね?。
中陣からはイルミナの本領発揮で、弧線を描きながらバッチリ高速ドライブが決まりますヾ(@°▽°@)ノ
すんごい楽だと思う!
硬いラケットと合わせても中陣で使えるし、ソフトなラバーながらフォアも任せられるそれなりのパワーを持ち合わせてますよ。
ぷにラバーはフォアでとても使えないパワーに欠けるものが多かったですが、イルミナなら合格点を与えてもいい。
個人的にはクエン酸よりパワーがあると思ったのでね。

結論。
イルミナはヘナジー64級のスピードを持ち、スピードグルーの感覚に限りなく近いシートの変形を起こすスーパーラバーです(^∇^)
今までの中国製ラバーで最速だった新もーふぁ、マサキさんに聞いたところではそれよりも弾むかなということでした。
新もーふぁはやや直線的で、対するイルミナはかなり曲線的なので性質は随分異なりますけどね。
ヘナジー64や新もーふぁ以上の弾みと思われる、フェニックスやニアモアとも負けてません!
打球感は新バイシャ?やドイツラバー(プライド40が1番近いか?)に似た感触で、シートが薄いため中国製とは思えないクリアーなフィーリングが味わえます☆
まあスポンジはそりゃー、ドイツ製ですがwwwww
フェニックスはシートがやや硬めでスポンジもコシがあるのでイルミナよりスピンをかけにくく、
それでコントロールを失うことがありましたがイルミナはドライブも容易です(但し飛びすぎ注意www)。
基本的には曲線的な弾道のぶっ飛びラバーを求める中陣選手にオススメしますが、
ラケットを選べばそれ以外の選手でも十分対応は可能です。
X25でさえこのぷにっぷりなんだから、X30なんて一体どーなるんだ!!!!!?????
ただ言っておかなくてはならないのが、イルミナというラバーの幾つかの欠点。

まず…


値段が高いorz


現状では3500円前後かかってしまうものと思われます;
スピンを重視する人には、高い値段だと思ってしまうかもしれないですね。
これなら新もーふぁでもいいと思う人もいるでしょーが、爆音生活とシートの引っかかりはイルミナのが上なので(笑)、
そこに1000円ちょっとプラスしてもいいのでは?
やっぱりお金をかけないと、本当の性能は手に入らないのが分かりますなあ。
2つ目に、


シートが色落ちしまふorz


昔懐かしい、双喜ラバーみたいですなwwwww
保護フィルムには色がついてしまうんだけど、幸い手には全くつかないので気にしない人は気にしないでしょーけど。
とりま卓球の性能には影響がないってことで。
3つ目に、


摩擦力の持続性


が気にかかります;;;
これに関しては、最初「コントロール系かよ」と思った次第でしたが(^▽^;)、
メンテナンスしてやったら何とか摩擦力を維持していますwww
2000枚売れちゃった(自称)ラバーみたいに、手をかけよーが「もーダメだー」状態ではないので、
ひたすら愛を注いで乗り切るのぢゃ(`・ω・´)ゞ!
これらが許容出来る人には、きっと最高のラバーとして受け入れられると思いますじょ!!!!!

スポンサーサイト
11/22|エアー||TOP↑
プロフィール

friendship729sp

Author:friendship729sp
性別:男性
誕生日:6月4日 8時頃
血液型:O型
お住まいの地域:愛知県







自己紹介:Yahoo!知恵袋卓球カテ元1位、「friendship729sp」のIDは当時使用していたラバー名が由来。
「天座澪一」は同人用HN。
アバロンはかつて存在していた自クラブで、旧アバロンウェブサイトは用具レビューの先駆けであった。
既に公式大会を引退、趣味で並行用具等を試す日々。
プレイスタイルはサービス主体(爆)の前陣ドライブ攻守型。
ヘッダーのおにゃのこはアバロンマスコットキャラ・七瀬巳優(みゆう)。

好きな選手(引退含む、順不同):韓陽、オヤマ、マツモト、金擇洙、キム・ソンヒ、王晧、松下大星、于沈童、楊影、劉国梁、田崎俊雄、グルッバ、小山ちれ、ハラホバ、郝帥、孔令輝、クランパ、ホーマン、邱貽可、馬文革、ビルト、李倩

使用ラケット:双魚・中国玘2中国式
使用ラバー:タットル・ノースポール・赤・37度・MAX
イーケント・ラド・黒・MAX(暫定)


使用ラケット2:スターウッド・ルイス55中国式
使用ラバー2:タットル・55A・黒・38度・MAX
デアウインド・レイヘ・赤・45度


※ご用のある方は、ブログテーマ「メールフォーム」からご連絡ください。








安心・安全・低価格
アバロン提携並行卓球ショップ
↓「卓球中国ラバー専門店MASAKI」↓

アバロン提携並行ショップ「卓球中国ラバー専門店MASAKI」


にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ
にほんブログ村



ブログパーツ
最新の記事一覧
ブックマーク
ブロとも申請フォーム
ブログテーマ一覧
ブログ内検索
アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。