上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑

今回は、ラバー本体はないけどパッケージだけあるよという、

少々残念なラバーたちを紹介していこうと思います(笑)。

ラバーというよりはパッケージの紹介というべきか(苦笑)。


マニアック卓球用具王国・アバロン


まず最初は、先日の「バタフライ情報」でもちらっと見えた、

60年代のパワーラバー・テンペスト。

当時の主要ラバーは同じ名前で裏・表があるのが主流で、

テンペストも表ソフトバージョンが存在しました。

勿論これは裏ソフトのもの。今でもたまにオクで見かけますね☆

他に表ソフト版があったのは、TSPのスペクトル(例外的に、表のが有名なパターンですが)、

ニッタクのマジックカーボン、ヤサカのオリジナルなどです。

テンペストは確か’89年まで裏ソフト版が存在し、

パッケージの選手は「ジェットドライブ」の長谷川信彦選手でしょうかね(笑)。

見ようによっては、90年代に活躍した



増田秀文選手



にも見えますな(笑)!←失礼A=´、`=)ゞ

長谷川選手本人は全盛期、オリジナルを使っていたと思いますが。

併しテンペストは、最初表ソフトだった伊藤重雄選手が、

その凄まじいスピンのドライブに驚いて裏ソフトに転向したという伝説があります(笑)。


マニアック卓球用具王国・アバロン


裏面にはテンペストの構造説明が。

最近ではニッタクのスパイラル、ヤサカのトルネードと同じく、

表面と粒付近でゴム質が違う二重構造になっています。

これにより、従来のコントロールラバー以上の性能を実現していたわけですね。

そこから’69年に、バタフライのスレイバーやヤサカのマーク?が登場して、

更なるスピード化が図られるわけですが。

スレイバーもそうでしたが、当時は粒形状に違いがあって打球感が変わりました。

因みにテンペストのスペックは、スピード9.25、スピン8だったかな?

フロイラインと大差ないですが、間違ってたらスミマセン(笑)。


マニアック卓球用具王国・アバロン


お次は、何としても入手したい半粒表ソフト、マグニチュード。

パッケージのデザインが断層を意識した楽しいデザインで(笑)、

そもそもネーミングが面白いですよねw

後年、バタフライの半粒でレロップがありましたが、全然面白くない(笑)。

やっぱいかにもなネーミングのマグニチュードでなきゃwww

因みに、使った感触は確かに粒高効果があります。

時々ボールが揺れるんですよ。それでいて、打っていけばスピードもそこそこ出ました。

スペックはスピード8、スピン4.5です。


マニアック卓球用具王国・アバロン


コピーは「イボ高効果のある表ソフトラバー」。

当時は半粒とか変化系なんて言葉もないし、あくまで表ソフトということを強調しているようにも見えますね。

そして、粒高ラバーを「イボ高」と呼ぶ呼び方自体が、

卓球のマイナーさを表しているともいえます( ̄ー ̄;

フツー、粒を



イボ



で例えるか;;;!?

今でもイボ高と呼ぶ人はいるけど、それが気にならないのが不思議。

僕は気持ち悪いと思う(苦笑)。だってイボですぜイボ。

それで通用してしまう卓球の世界も問題。

やっぱ粒高って呼んでほしいですね。

英訳なら「long?pimple」ですが、「long?verruca」(長いイボ)とは呼ばないでしょう(笑)。


マニアック卓球用具王国・アバロン


さて、ついに登場しましたよ、スレイバーシリーズ最強の亜種・

スーパースレイバー(笑)。

パッケージからしてスレイバーらしからぬ(笑)、ポップでべたーっとしたデザイン(≧▽≦)

どんな性能なのか、さっぱりうかがい知ることが出来ませんwww

せめて虹色とかにしたら、少しは凄そうな感じがするのに(^_^;)

そしてダイナミックに書かれた「SS」の文字。

しかしながら、



パワー不足



な感じがするのは僕だけでしょうか(苦笑)。

スペックはスピード9.75、スピン8。

0.25下がってるスピードの差は何(笑)?スーパーじゃないの(笑)?

全てが謎の珍ラバーですw


マニアック卓球用具王国・アバロン


そしてついに出た、あまりにものダサさに大爆笑した、



「エスエスと呼んでください」゚・゚*・(゚O゚(☆○=(`◇´*)oドゴーン



この地球上で、ただ1人でさえ「エスエス」と呼んだやつはいるのか(笑)!?

イニシャルで、というのは分かるがカッコ悪すぎる!



「私、エスエス使ってるんですよー」



「エスエスって何です?製薬会社?」



となるのがオチwww

そして「スーパー」たるゆえんというのも、単に粒密度を上げて食い込みを少なくし、

球離れの早い速攻用に仕上げたというだけ!

おかげでノーマルスレイバーより100円高かったです(笑)。

「スーパー」なのに、100円高いだけというせこさw

使ってみたけど、そんなに球離れの違いは感じられませんでしたよ。

スピードが増してるわけでもないし、スレイバー皮つきの方がよっぽどスーパーでしたw

それでもしぶとく、90年代前半まで生き残っていたから不思議です(笑)。


マニアック卓球用具王国・アバロン


アンチといえばスーパーアンチ。

まあバタフライの代名詞的アンチラバーですが、

攻撃的アンチのアブソーバはともかくそれ以外のバタフライ製アンチラバーは、

あまり知られていません。

バタフライにとっての初代アンチが、この「アンチスピン」。

名前がまんますぎますね(笑)。

スペックは分かりませんが、黄色の非常に気泡の多いスポンジで、

スーパーアンチより更に弾まなかったのを覚えています。

スーパーアンチが25度だから、アンチスピンは20度(笑)?

世界で1番ソフトなスポンジだったかもしれんw


マニアック卓球用具王国・アバロン


裏面には、ご丁寧にアンチラバーの性質が説明されています(笑)。

TSPが先にナックルエース出してるってのにねえ?。

ラバー同色の、古き良き時代(?)の遺産ともいえます。

きっと、当時はアンチが売れ筋だったんですよ(笑)。

バタフライが3種類もアンチを用意するなんてねえw

事実、日本でも前原正浩選手や川村公一選手など、

反転アンチレシーブのペンドラが活躍してましたしね。



「色が見分けにくい」とか「音が聞き分けにくい」



とか、文化系の能力が求められるのはなぜ(笑)?


マニアック卓球用具王国・アバロン


近年、強粘着ラバーとして評判が高いのが、

キョウヒョウ、グローブ999、ノーヴァー。

併しかつて、それらをはるかに凌駕する凶暴な粘着性を誇ったラバーがあったのを、

ご存じだろうか…。

それが見るもの全てを爆笑に誘いこむ、伝説のスーパー中国ラバー、

ヤサカのDOだっっ!!!

そもそも、何でこんなネーミングなのか分かりません(笑)。

ザ・オモテも凄まじいネーミングで日本中の爆笑を誘いましたが、

誰もが思ったであろう、



「ど」



と呼ばれるのがオチですわ(≧▽≦)

スペックはスピードが9?、スピンが11だったかなあ。

ただ、このパッケージデザインは相当お気に入りで、

高価なワインをグラスで転がしているかのような深い味わいがありますね。


マニアック卓球用具王国・アバロン


裏面は特筆すべきものがないので、ここで性能の解説をば。

「ど」ですが(やめwww)、僕は当時中国ラバーというものをよく知りませんでした。

試しに買ってみたのだけど、使ってみてびっくり!



ボールがくっついたら最後、離れない(笑)。



それを見た卓球部の同僚一同、唖然(°д°;)

逆さまにしてもボールが離れる気配なしw

何せトップシートが粘着でギラギラしてたし、ボールがバウンドしない(笑)。

しかも恐ろしいほどの低弾性で、さっぱり弾まないしスポンジが異様に硬い。

重量に至っては、厚のスポンジで日本式ペンに貼って



60g



という尋常じゃない重量感(((( ;°Д°))))

これ、シェイクに貼ったらどうなるの?特厚は(笑)?

いやー、全てが圧巻でしたねw

後に威(ウェイ)を経てDO UPという後継モデルが出ましたが、

粘着性が低すぎて全然面白くなかったです;

まあ個人的には好きでしたが。初代DOを凌駕する中国ラバーは、

間違いなく永久に現れないでしょうなwwwwwwwwwwwwwwwwww


マニアック卓球用具王国・アバロン


ラストは僕の永遠の憧れ、フレンドシップ878でございます?(*^ー^)ノ

’89年世界3位、現在は中国超級リーグで監督を務めている、

元中国代表・于沈潼選手使用ラバーです。

正確にはRITCバレット878という名称のようですね。

名前のとおり、弾丸をイメージしたカッコいいパッケージです。

于沈潼選手のプレイを実現するために開発されたようなラバーで、

ハイトスロングサービスからのたたみかけるような速攻を成しうるためだけに、

性能を特化させた異様に粒の小さい表ソフトでした。

粒なんてオマケ程度にしかついてなかったもの(笑)。

最初に見た時、こんな粒の小さい表なんてあるの!?と驚きましたよ。

今じゃ形状比率のルールで作ることが出来ないでしょうな。

でも思ったよりはスピンもかかったような。まあナックルは得意中の得意でしたがw


マニアック卓球用具王国・アバロン


まだコクタクが正規代理店をしていなかったので、

輸入販売していたのはヤサカ。

しかもフレンドシップのラバーはこれ1枚でした。

スティガのラバーも「シンクロ」(シンクロンじゃないよん)という1枚のみ。

台湾の唐橋卓球じゃまだ売ってるとか売ってないとか。

まあどーせ、手に入れてもラバーリストから外れているので試合には使えないですけどね。

でも欲しい!アバロックスP700+フレンドシップ878は、

まさに于沈潼テイスト!

うーん、HNを「friendship878」に改名しようかしら(笑)。


09/23|パッケージコメント(9)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
1 ■ども!
アンチスピン、中学の頃、使った事あります。
懐かしい!
From: 第六天魔王 * 2009/09/23 09:29 * URL * [Edit] *  top↑
2 ■無題
10年後、このページにエクリプスが追加される。笑

SSって結局前陣用だったんですか(笑
新製品なのにスペックを下げるなんて今じゃひとつもないですよね?ww
From: ばちぽん * 2009/09/23 10:23 * URL * [Edit] *  top↑
3 ■悪夢
「アンチスピン」

見るのも聞くのもヤなラバーです。
初対戦から調子を崩しまくり、不調と自信喪失の原因になった悪魔の名前(笑)←同色ルール当時

対戦したのは「スーパーアンチ」でしたけどね。
でも出た当時、スーパーアンチは攻撃用アンチとしてデビューしたンですけどね。
いつの間にかアブソーバにその地位を奪われていたとは(笑)
From: ひろ * 2009/09/23 12:43 * URL * [Edit] *  top↑
4 ■なつかしいですね?
どーもこんにちわ 懐かしいラバーのパッケージがいっぱいですねー。 スーパースレイバー、非常に短い期間だけ店頭でみたことありますよ? マグニチュードはペン片面にはちときついラバーでした・・・ 昔のラバーのパッケージは味がありますね? 楽しいです(^∇^)
From: omotemania * 2009/09/23 15:59 * URL * [Edit] *  top↑
5 ■それはそれは
>魔王さん☆

アンチスピンを使用されたことがおありですか!究極に飛ばないアンチラバーで、思わず笑ってしまうほどでしたが現代に復刻しないですかねw
きっと、ひろさんと対戦されたら完勝することでしょうなあ≧(´▽`)≦
From: friendship729sp * 2009/09/24 23:44 * URL * [Edit] *  top↑
6 ■エクリプスは
>ばちぽんさん☆

エクリプスがパッケージしかなくなったら、多分パッケージ捨てます(笑)。中国では10年経っても、まだ売り続けてるんじゃないでしょうかねえw

スーパースレイバーは単なる前陣用です、ハイwバタフライの「政治的意図」はセルビドもそうですが、かなり笑えます。
でも最近のニッタクみたいに商品でスピードが0.1違うとかの方が、もっとあざといですけどねwwwwwもはや性能表自体が崩壊してるwww
もしNEOキョウヒョウとか発売したら、スピード13とか出るんかいな、モリスト並みにwそもそもキョウヒョウの10.2とかムリがあるし;;;
From: friendship729sp * 2009/09/24 23:51 * URL * [Edit] *  top↑
7 ■ぜひ魔王さんと対戦をw
>ひろさん☆

同じ記事で、アンチ使いとアンチアンチ(言葉がおかしい)の方が同時にコメントされるとはwこりゃあ、ひろさんと魔王さんの対戦を見たいですな!魔王さんにフルボッコにされちゃうかもしれないですよ?。
…というのも昔の話で、今ではアンチはチャンスボールにしかならないですしねw対戦しても、ボコボコにしてあげてくださいよ。僕の友人もアンチ使いですがw

スーパーアンチも、最初はアンチスピンより攻撃の打てるアンチという風だったんですよね。でもアブソーバは、もはやはアンチではありませんから(笑)。アンチのくせに飛びすぎて使いづらかったです。
From: friendship729sp * 2009/09/24 23:56 * URL * [Edit] *  top↑
8 ■君はスレイバーマンを見たか!
>omotemaniaさん☆

タイトルは意味不明です(爆)。スーパースレイバーのパッケージを見ると、ジャッカー電撃隊のビッグワンを思い出します(笑)。
マグニチュードをペンで使う人はいないでしょう(笑)。キツいとか言う前に、ミスマッチだと思うのですがw

うへへへへ、スーパースクープを近いうちにご披露するので、楽しみにしていてくだしあwww
From: friendship729sp * 2009/09/25 00:00 * URL * [Edit] *  top↑
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
From:  * 2013/08/18 19:50 *  * [Edit] *  top↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

friendship729sp

Author:friendship729sp
性別:男性
誕生日:6月4日 8時頃
血液型:O型
お住まいの地域:愛知県







自己紹介:Yahoo!知恵袋卓球カテ元1位、「friendship729sp」のIDは当時使用していたラバー名が由来。
「天座澪一」は同人用HN。
アバロンはかつて存在していた自クラブで、旧アバロンウェブサイトは用具レビューの先駆けであった。
既に公式大会を引退、趣味で並行用具等を試す日々。
プレイスタイルはサービス主体(爆)の前陣ドライブ攻守型。
ヘッダーのおにゃのこはアバロンマスコットキャラ・七瀬巳優(みゆう)。

コンセプト:私は懐古厨でもレア好きでもない、変なものが好きなんだよwww
そこんとこ勘違いされませぬよーに( 一一)

傾向:ペンドラなので、概ね硬めの用具に対する評価が高め。
以前はスピード重視の傾向があったが、プラ以降はスピンを重視、弾みは二の次。

好きな選手(引退含む、順不同):韓陽、オヤマ、マツモト、金擇洙、キム・ソンヒ、王晧、松下大星、于沈童、楊影、劉国梁、田崎俊雄、グルッバ、小山ちれ、ハラホバ、郝帥、孔令輝、クランパ、ホーマン、邱貽可、馬文革、ビルト、李倩

使用ラケット:スターウッド・ティアナプリンスナノ+3中国式
タットル・サウスポール・黒・38度・MAX
KTL・新レッドダイアモンド・赤・MAX


使用ラケット2:スターウッド・ルイス55中国式
使用ラバー2:タットル・55A・黒・38度・MAX
デアウインド・レイヘ・赤・45度・MAX



※ご用のある方は、ブログテーマ「メールフォーム」からご連絡ください。








安心・安全・低価格
アバロン提携並行卓球ショップ
↓「卓球中国ラバー専門店MASAKI」↓

アバロン提携並行ショップ「卓球中国ラバー専門店MASAKI」


にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ
にほんブログ村



ブログパーツ
最新の記事一覧
ブックマーク
ブロとも申請フォーム
ブログテーマ一覧
ブログ内検索
アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。