以前パッケージのみ紹介した伝説の半粒表ソフト・マグニチュード。

今は単品として販売されているわけではありませんが、

相変わらずITTFラバーリストには載っています。

実を言うと、「ユキ」ラケットの裏面、つまり貼り上がり用ラバーとして存命しているのです(笑)!

併し何でまたマグニチュードなんだ(笑)。

キム・ユンミみたく揺れる裏面ブロックをやれってのかwww

まあ、今やモリムだって貼り上がりラバーだしなあ(^o^;)

単品ラケットからの降格は無残なものです。。。


マニアック卓球用具王国・アバロン


単品で販売されていた時のパッケージはこれですね。

半粒による「揺れ」を地震の断層のずれをイメージして描いたような、

味のあるパッケージです。

紫基調というのは凄いけど(^_^;)

マニアック卓球用具王国・アバロン


そして現存する数少ないマグニチュードの姿をご覧あれ!

オールドファンなら目がウルウルするはずですぞ!

実は他のバタフライラバー同様、ロゴが現在のものへアップデートされてます。

スポンジが薄い方のが変化は大きいのですが、

残念ながら成品拍なのでスポンジがユキと同じ厚さ、中になっています。


マニアック卓球用具王国・アバロン


ロゴ部分近影。

しっかり見える「MAGNITUDE」の文字、そして細く長い半粒!

いかにも変化を想像させてくれて楽しいですよね!

MAXスピードを常に開拓してきたバタフライが、

まるで



サーメット



のごとく中途半端な性能のラバーを出すってのは(笑)、

珍事とも言えるので凄くマニア心をくすぐります♪

じゃあサーメットがツボかと言えば、そんなことはないけど(苦笑)。

やっぱりマグニチュードの、いかにも性能が想像できるネーミングがないとダメなのです。


マニアック卓球用具王国・アバロン


粒を更に拡大してみました。

布目はそんなに強くなく。

縦目で、半粒と言っても表ソフトなので安定性も重視してるということですね。

粒を触ってみると、フェイントロング?程じゃないけど案外軟らかいです。

これはアタック8も同じですよね。

半粒は粒高よりも低いので、ソフトな方が粒が倒れやすく変化が出ます。

逆を言えば、硬い半粒ってどんな目的で使ったらいいのか見当もつかん…( ̄_ ̄ i)

粒形状は円柱+台形で、粒が表ソフトより高い分根元の台形で支えている感じ。


球突きをしてみたのですが、

スポンジが中なのでどうしてもユキより飛びますね(笑)。

カタログでのスピードは8.5という表記なんですけど、

それくらいは確かにある。

だけど昔のスポンジとちょっと違う?

気泡の多いオレンジのスポンジで、

随分軟らかいのでまるでラージボールラバーのような感触を受けます。

マグニチュードでラージやったら、弾みはともかく粒がよく倒れてスピンがかかりそうだw

あと、スピン4.5あるんでそこそこ切れますw

粒もフェイントよりは太いのでサービス出せると思う。

回転量の分からないサービス出して撹乱出来るかもよ(B?DASH!)←ワラ


さて、実食(みなさんのおかげ?)←ワラ

裏面で打ってみましたよ(笑)。

いや、案外打てます!でも粒がふにゃふにゃしてるので安定感は今一つ…。

次にペン粒スタイルでブロックマンw

半粒なんですが、これが行ける!結構止められるし、ボールの揺れも大きくて速い変化プレイが可能です。

最近の潮流である、攻撃的な粒スタイルをもっと簡単に実現できるかも?

ツッツキは粒高より切れるし、ミスなくスマッシュが打てボールもそこそこ揺れるので。

まあ、実際には粒高より変化はないですが、その代わりスピードが出るわけだし。

守備的なスタイルの延長として考えれば、マグニチュードもありです!

惜しむらくは、スポンジが厚いのでマグニチュードの本領が分からないなあと;

せめて薄で打たせてほしい…。

一応、プッシュすると少し沈みます。あとナックルに対してボールが揺れる。

粒の軟らかさが幸いしてるようで、「粒が倒れてるな」と実感できますね。

それにしても両ハンドのストロークはよく入る(笑)。

ユキのときもそうだったけど、スポンジが激ソフトなのでパチンパチンと打ちまくれるんですよw

バックハンドが打ちやすいのも相変わらず。

少し揺れながらバックスマッシュが飛んでいくと、面白すぎるwwwww

あるいは半粒特有の低い弾道でスマッシュが飛びます。

ムチャクチャ速いわけじゃないけどね。

うむ、アタック8に負けてないと思う!

バタフライクオリティのトップシートなので、

アームストロングのクセのあるトップシートより素直なボールが出るのはしょうがないですが、

僕はこっちのが好きだ(笑)。

アタック8より切れるので安定感があります。


更に面白かったのは、カット(笑)。やってみましたよ!

スポンジが厚くてたまにぶっ飛んでいってしまうのが難でしたが、

ヘタな粒高ラバーより切れると思った!

うにがカットをやったのですが、時々切れが鋭くて本気で持ち上げられない時がありましたからね。

半粒でカットって、自分のやりやすさだけで変化や切れが落ちるのではないかと思うのですが、

マグニチュードの場合は速いカットが切れて入ってくるんですよ。

粒が軟らかいのって素敵ですねー☆

反撃は当然、表ソフトのそれですから。

1番困ったのは、切れているか切れてないか、スウィングで全く分からないこと(°д°;)

もしかして、粒が不規則な倒れ方をしている!?



これは ヤ バ イ (((( ;°Д°))))



粒高だと切れるしかないのですが、半粒は切れるか切れないか非常にイレギュラーです。

自分でも切れてるか分からない、まさに闇回転(笑)。

単品ラバーでマグニチュードが復活したら、絶対カットの選択肢に入ると思う!

但し弾むラバーでもバックカットが出来る人だけね。

あーおもしろ。こりゃ傑作ですわ!


10/26|バタフライコメント(4)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
1 ■無題
いろいろと面白いラバーあるんですね
From: LIKE@卓球 * 2009/10/26 16:51 * URL * [Edit] *  top↑
2 ■アースクエイクのが…
>LIKE@卓球さん☆

あのバタフライでも、こんな珍ラバー作ったりするんですよねw
今だったら絶対製品化されないだろうとw
マグニチュードというネーミング、地震のことをイメージさせたいなら明らかに間違った使い方ですけどね!
アースクエイクってつければよかったのに。
でも、マグニチュードという名前は好きですw
From: friendship729sp * 2009/10/27 18:16 * URL * [Edit] *  top↑
今更ながらオークションでゲットしてしまいましたよ笑
これは本当に表なんですかねぇ…
From: シナジー * 2014/09/27 21:59 * URL * [Edit] *  top↑
何か共感?
今手元に中学時代愛用したマグニチュードと、何年か前に買って放置していたアタック8が並んでいます。

懐かしくて、久しぶりに卓球したくなりました!
From: いろは * 2014/10/01 02:01 * URL * [Edit] *  top↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

friendship729sp

Author:friendship729sp
性別:男性
誕生日:6月4日 8時頃
血液型:O型
お住まいの地域:愛知県







自己紹介:Yahoo!知恵袋卓球カテ元1位、「friendship729sp」のIDは当時使用していたラバー名が由来。
「天座澪一」は同人用HN。
アバロンはかつて存在していた自クラブで、旧アバロンウェブサイトは用具レビューの先駆けであった。
既に公式大会を引退、趣味で並行用具等を試す日々。
プレイスタイルはサービス主体(爆)の前陣ドライブ攻守型。
ヘッダーのおにゃのこはアバロンマスコットキャラ・七瀬巳優(みゆう)。

コンセプト:私は懐古厨でもレア好きでもない、変なものが好きなんだよwww
そこんとこ勘違いされませぬよーに( 一一)

傾向:ペンドラなので、概ね硬めの用具に対する評価が高め。
以前はスピード重視の傾向があったが、プラ以降はスピンを重視、弾みは二の次。

好きな選手(引退含む、順不同):韓陽、オヤマ、マツモト、金擇洙、キム・ソンヒ、王晧、松下大星、于沈童、楊影、劉国梁、田崎俊雄、グルッバ、小山ちれ、ハラホバ、郝帥、孔令輝、クランパ、ホーマン、邱貽可、馬文革、ビルト、李倩

使用ラケット:ロキ・赤炎中国式
使用ラバー:ティバー・エボリューションMX-S・黒・MAX
ヴィクタス・V01スティフ・赤・MAX


使用ラケット2:サンフレックス・サイクロプスSAT中国式
使用ラバー2:三維・T88-1・黒・39度・MAX
三剣・紅龍ブラックスポンジ・赤・MAX


※ご用のある方は、ブログテーマ「メールフォーム」からご連絡ください。








安心・安全・低価格
アバロン提携並行卓球ショップ
↓「卓球中国ラバー専門店MASAKI」↓

アバロン提携並行ショップ「卓球中国ラバー専門店MASAKI」


にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ
にほんブログ村



ブログパーツ
最新の記事一覧
ブックマーク
ブロとも申請フォーム
ブログテーマ一覧
ブログ内検索
アーカイブ