上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
アメリカが所望した729という位置づけで(?)、ブランディングされたギャンブラー。
初期は「ガンスリンガー」と呼ばれるシリーズを展開したわけですが、
ネーミング・パッケージともにトランプをモチーフにしていたので、
おのずと種類が限られてきてしまいます。
そこで2009年からは、新シリーズとしてトランプにこだわらない更にクールな路線に変更。
ガンスリンガーの遺作・アウトローからパッケージとネーミングの刷新が図られています。
その中で、ゴシックファンタジーよろしくダークなネーミングをつけられたラバーがあり。
ファンタジー好きなら馴染みの深い、


「死霊」ことレイス。


特に3D・RPGの傑作ウィザードリィでは、レイスシャドウガストワイトと言ったアンデッドの類が、
わんさか出てきます。
不気味な出で立ちとマヒやエナジードレイン、繰り出す魔法の数々は冒険者を苦しめるとともに、
ファンタジー世界の雰囲気を作り出すのに一役買っています。
うーん、ウィザードリィの動画を見せられればいいけど、いいものがないのが残念…;
恐ろしい存在であるのに、そこに魅力を感じてしまう人も少なくないはず。
かくいう僕もその1人。
ギャンブラーの新しいラバーを見たときは、
「やってくれたな!ギャンブラーо(ж>▽<)y ☆!」
と興奮したものです。
もっとも、卓球ラバーに幽霊やお化けの類の名前をつけることはよくあって、
1番有名なのは皆さんもご存知、ヤサカのファントムがありますよねえ☆
ティバーにもファントムエクスプレスがあるし、ジュウイックにはカット用ラケットのゴーストなどが。
併し、これらは総称としての「幽霊」「お化け」であって、
固有名詞に近い形でのアンデッドを名前に据えたラバーは、他には見当たらない。
そこがギャンブラーのクールなところと言えますね。
一体、誰が企画してるんだろう(笑)。

マニアック卓球用具王国・アバロン

それでは肝心のラバーをご紹介。
パッケージは、赤と黒の斬新なデザインを基調にゴシック風の「WRATH」の文字が刻まれています。
正式な名称は「WRAITH」ですが、デザインを考慮してIを抜いているか、Tと兼用したデザインなのかな?
「WRAITH」は死霊の意味なんだけど、「WRATH」だとサタンの別名になってしまい、
全く意味が違ってしまいます。
ちょっと混乱してしまうけど(汗)、ITTFでは一応レイスで登録されてるし、
ラバーにも「WRAITH」と書かれていますので。
そもそもギャンブラーのロゴからしてカッコいいんだよな、
いつも思うけど日本もこういうクールな卓球メーカーが出てきて欲しいです。
「びよよ???????????おん」とか名づけてる場合じゃないから(笑)!
カッコ悪い、日本は。
車も似たようなものだけど。

マニアック卓球用具王国・アバロン

右上の性能アイコンでは、レイス独自の技術が。
「コニックシェイプドテクノロジー」。
…うーん、アイコンを見た限りでは、トップシートの粒形状が円柱+台形になっているということなんだろうか?
日本からすれば、それは特別なことではないけど中国ラバーでは画期的すぎるでしょう(笑)。
要は従来の中国ラバーより、スピードを重視してる設計と言いたいのね?
他、「デザインドフォーアタック」「インターナショナルコンペティション」。
まあ当たり前ですが、攻撃用の競技向けラバーです。

マニアック卓球用具王国・アバロン

ラバー本体はこんな風。
今までのギャンブラーラバーよりもはるかに綺麗で、非常に透き通った赤色です!
例によって天津ラバー研究所の合格シールが貼られていたわけですが(笑)、
間違いなくこれはフレンドシップクオリティ。
流石製造品質のISOを取得しているだけあって、中国ラバーとしてはトップクラスの綺麗さです。
粘着量が多いようには見えないんだけど、フィルムを剥がした当初は結構粘着が強めで、
時間が経つにつれて弱くなってきます。
時間制限があるのもフレンドシップらしい(^▽^;)

マニアック卓球用具王国・アバロン

ロゴアップ。
ガンスリンガーより一回り大きくなったロゴは、物凄くカッコよくなってます!
カッコいいラバーってのもアレですが(笑)、カッコよさはギャンブラーが世界一でしょう(`・ω・´)ゞ
メーカー公表値ではスピードをかなり重視した値になっているものの、
ラバー表面の性能アピールでは「スピンエフェクト」。
確かに粘着はやや強めなんだけどね。
ガンスリンガーでなくなったとはいえ、アイデンティティのトランプモチーフは健在。

マニアック卓球用具王国・アバロン

ラバー側面で例の「コニックシェイプドテクノロジー」を確認してみるも、
フツーに円柱形のような気がする…(苦笑)。
台形の部分が確認出来ないんですがorz
逆を言えば、中国ラバーらしからぬシート設計。
スポンジは案外軟らかめで、中国硬度で言えば37度くらいかなあ。
メーカーはミディアムハードと位置づけておりんす。
球突きをしてみて、最初は粘着があるので弾まない感触ですが、
粘着が少なくなってくると途端に弾む。
従来のフレンドシップのイメージとは異なり、シートにせよスポンジにせよ、
弾力を感じるようになってますね!
一応これでも、粘着テンションだし。
回転をかけてみてもスピンがよくかかります。
メーカー公表値のスピード99はダテじゃないぜ(b^-゜)!

さて、実打してみましたがやっぱりスピードが出ます!
NEOや藍鯨などのスーパーラバーと比べるのは無理があるけど(値段も違うし…;)、
未打底としてはハイレベルな弾みでしょう!
とにかく、旧来のフレンドシップ系に比べてシートの弾力が桁違い。
おかげで弱点だったスマッシュもギリギリで可能だし、スポンジのコシも感じますね。
比較的軟らかいので、擦って打つよりは食い込ませて打つのに適しています。
前陣で打つのはやや苦手で、ソフトなのでどうしてもオーバーミスが出るけれど、
中陣からは豊富なスピンで鋭いドライブが孤を描いて入ります!
もう、中陣ドライブは大振りでズボラに振ってもバンバン入るヾ(@^▽^@)ノ
スピードの出るラケットと組み合わせてやれば、ダイナミックなラリーも不可能じゃない!
サービスの切れはそこそこだけど、ツッツキはかなり切れますね。
ソフトなラバーは浮きやすいのがフツーだけど、レイスは浮かないし切れる。
全体的にクセがなくて、死霊のイメージは全く浮かんでこないものの(笑)、
誰にでも使える中国ラバーだと思います!
何より、ギャンブラーがこれほどまでに進化したのが目にうろこ(笑)。
但し弱点がひとつあって、ソフトゆえに球が若干軽いかなーと…(-。?;)
なのでこっちもガンガン入るけど、相手も返しやすいのでラリーが長くなります。
あれですよ、LKTの激流にコシを与えて、食い込みを増したようなラバーだと思ってもらえばw
ちょっと粘着でベタベタするけど、裏面でもいけるんじゃない?

フレンドシップ系粘着ラバーでは最速と思えるスピード、併し何より扱いやすいという長所を持っていて、
値段を考えたら掘り出し物ですね(≡^∇^≡)
已打底のようなスーパー弾道が合わない人、弾みは欲しいが球持ちも必要な人。
某強粘着テンションみたいに違和感とカッコ悪さではなく、カッコ強いラバーを求める人には、
レイスが1番です!
アバロンもイチオシってことで、今すぐセールにいきませうwwwwwwwwww

02/19|ギャンブラー||TOP↑
プロフィール

friendship729sp

Author:friendship729sp
性別:男性
誕生日:6月4日 8時頃
血液型:O型
お住まいの地域:愛知県







自己紹介:Yahoo!知恵袋卓球カテ元1位、「friendship729sp」のIDは当時使用していたラバー名が由来。
「天座澪一」は同人用HN。
アバロンはかつて存在していた自クラブで、旧アバロンウェブサイトは用具レビューの先駆けであった。
既に公式大会を引退、趣味で並行用具等を試す日々。
プレイスタイルはサービス主体(爆)の前陣ドライブ攻守型。
ヘッダーのおにゃのこはアバロンマスコットキャラ・七瀬巳優(みゆう)。

好きな選手(引退含む、順不同):韓陽、オヤマ、マツモト、金擇洙、キム・ソンヒ、王晧、松下大星、于沈童、楊影、劉国梁、田崎俊雄、グルッバ、小山ちれ、ハラホバ、郝帥、孔令輝、クランパ、ホーマン、邱貽可、馬文革、ビルト、李倩

使用ラケット:双魚・中国玘2中国式
使用ラバー:タットル・ノースポール・赤・37度・MAX
イーケント・ラド・黒・MAX(暫定)


使用ラケット2:スターウッド・ルイス55中国式
使用ラバー2:タットル・55A・黒・38度・MAX
デアウインド・レイヘ・赤・45度


※ご用のある方は、ブログテーマ「メールフォーム」からご連絡ください。








安心・安全・低価格
アバロン提携並行卓球ショップ
↓「卓球中国ラバー専門店MASAKI」↓

アバロン提携並行ショップ「卓球中国ラバー専門店MASAKI」


にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ
にほんブログ村



ブログパーツ
最新の記事一覧
ブックマーク
ブロとも申請フォーム
ブログテーマ一覧
ブログ内検索
アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。