上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
※只今アバロンは休止中です。
今回は仮営業による更新なので、コメレスは復帰後行います。



昨年のワールドカップで話題沸騰、グリップスがついにJTTA公認の運びとなりましたーヾ(@°▽°@)ノワーイ
まだ正式な市販はされてないですが、レアアイテムとは言えないのでブログ扱いです(爆)。
JTTAが已打底に対して一定の見解を示したことで(テキトーに事を済ませただけかも知れないがwwwww)、
已打底ラバーの販売が一気に加速。
併し、だ…世の中にはいまだ、


「JTTAAのないラバーは使えない」


「オレは、オレはそんなの信じねえぞ!!」


「オレ様がルールなんだよ(#`ε´#)!!!!!」


と思ってる輩の多いこと多いことwwwww
地方へ行けば行くほど、その人数は増加の一途wwwwwwwwww
なのでやぷー知恵袋でも、わざわざ「JTTAAの入っている藍鯨はないですか?」
なんて質問する人まで現れる始末。
そう、已打底ファンにとって、グリップスは希望の星だったのです…゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆
その質問者様に僕は、「グリップスが発売されるのを待ちましょう♪」って回答しましたが、
時が流れること幾星霜…頭の回転の鈍いJTTAの連中を相手に、やっと認可されることとなりますたorz
その間、ワールドカップの覇者さむそのぷは藍鯨?にラバーを替え、
他にもスーパー中国ラバーが沢山出現したことにより、藍鯨?ユーザーは激減。
「グリップスいらねんぢゃね?」と思わざるを得ない状況になっていました…( ̄□ ̄;)!!
僕も郭躍藍鯨、使わなくなっちゃったしね(^▽^;)

ただ、「已打底はグレーなので使うのをやめよーよ」って主張する人は少なくなりましたねー。
アジアの専売特許だった已打底が、ティバー及びヨーロッパの大御所・ヨーラからも已打底ラバーが発売されたことにより(両方とも海夫製ではあるが)、
已打底が「アジア憎し、アジア叩き」の口実にはならなくなってしまいました( ̄ー ̄;
これだけ広まると、シャララ大王のクリーン思想ってなんだったの?という話ですよ。
そもそも世界最大の已打底(爆)、テナジーがトップ選手の半数以上に広まってますからねw
結局大王1人では何も出来ないのかな?と勘繰ってしまいまする。
僕の大嫌いな、荻村伊智朗のような超絶ワンマン主義だったら出来るのかもしれないがwww
僕からすれば、モンスターペアレントのごとく「VOCが1ccでもあったら危険」みたいな発想が間違ってるんだよ!!
そもそも無理があるってことです。
第一、ITTFだけが理想主義で動く誠実な団体であるわけがないのでね。

何はともあれ、JTTAA入りの藍鯨?ことグリップスがついに日本上陸!!
卓球界にも「OEM」という言葉を広めた功労者というべきかな(笑)?
もっとも、正確な意味でのOEMは違う企業の商品を製造するということであって、
自前の商品を他企業にも供給するってのとはちょっと違うんですけどね。
用語としてはアリでしょう。
そもそも、ドイツラバーにせよ中国ラバーにせよ、ある会社が沢山の会社に商品を供給しているのはよくあることで、
グリップスが珍しいわけではないです。
有名なOEMメーカーといえば、「テンゾーテクノロジー」のESN社や中国天津套胶研究所(フレンドシップ)などがあります。
それこそ、今までのティバー中国ラバーってフレンドシップ製なんじゃないの?

マニアック卓球用具王国・アバロン

ヨーロッパで既に公開されていた、パッケージを改めてご覧いただきましょう!
「GRIP?S」のロゴの後ろに、意味深な煙が昇っているのですが…wwwww
これって、


補助剤のガス


だよね:*:・( ̄∀ ̄)・:*:!
わーいENEZミキサー捕まえてみーなさーいε=ε=ε= ヾ(*~▽~)ノニゲロー
パッケージの下に「オプトラテクノロジー」だのなんだの書いてあるけれど、意味が分かりませんwww
三流ゲームのシステム名みたいだwwwwww
ハッキリ「補助剤使ってます♪」って書けばいーのに(をい)。
藍鯨?の、どう見てもシャチみたいな鯨よりカッコいいパッケージですな!

マニアック卓球用具王国・アバロン

そりでは中身を公開ーーーo(^▽^)o!!
購入に際し、ティバージャパンの「使える方の」玉田さん(「使えない」玉田は某蹴球日本代表の方wwwwwwwwwww)に、
グリップスの特徴を幾つかお伺いしました。
それによると、グリップスは「36?39度」「藍鯨?より軟らかく、弾む」ということだそうです。
グリップスが話題になり始めた頃、玉田さんがツイッターで「GRIP?Sはグリップエスじゃなくてグリップスですよ」と、
しきりに吼えていたのが懐かしい(´∀`)
見た目はまるで藍鯨?ですが(当たり前)、最近の藍鯨?についている粘着保護シートではなく、
ペラペラなフィルムなのは寂しいですね;
あれ、そのまま保護シートとして使えるからなあ?。
品質維持としても、あっちのがいいんじゃないの?と思うのですがどうなんでしょう。

マニアック卓球用具王国・アバロン

逆に裏が凝ってますね!
ティバー独自の説明書きが記してあります。
JTTAA入りが命のラバーなのに、日本語は4番目なのねw
さっき書きましたが、グリップスは硬度差が大きいので、重量を指定しないと安定した硬度が買えないです;
なので1番重い在庫をお願いしましたwwwwww
そうしたら、袋から出した時点で何と…


90g以上


(爆)。
アポロもビックリだあああああああ(;´Д`)ノ
勿論、軽いやつは10gくらい開きがあると思いますけどねw

マニアック卓球用具王国・アバロン

フィルムを剥がして処女膜状態(イミフ)っすvvvVVV
実は新藍鯨?を1度も新品で買ったことはないのですが(;^_^A、補助剤の膜が藍鯨?より薄いのは気のせい?
藍鯨?って、補助剤がめちゃ厚ぼったいんだけど、グリップスはかなり薄いです。
旧鯨と変わらないくらいかなあ。

マニアック卓球用具王国・アバロン

というわけでぢゃっぢゃーーーーん!
ラケットに貼り付けましたーヾ(@^▽^@)ノワーイ
ロゴがかっけーーーーー!!
藍鯨も中国ラバーとしてはカッコいいのですが、同時に渋いw
あくまでスマートな、ティバーらしいデザインにこだわるのなら断然グリップスですね。
ち・な・み・に・だ…ラケットに貼った時点での重量は、


65gキタ━━━(゚∀゚)━━━!!!


重い!
素晴らしく重い!
ある意味感動した(☆。☆)!!
ラケット80gでも、余裕で全重量が190g行きました☆
重量もさることながら、粘着がかなり弱いんですけど…旧鯨より多少マシって程度?
拡販するようになってから、藍鯨って品質落ちたよね。
シートのムラも、わずかながら見受けられます。

マニアック卓球用具王国・アバロン


ラバー側面。
ここから見ると、ハッキリ藍鯨?だと分かりますねー。
粒形状やスポンジの質感が、藍鯨?そのままです。
重い在庫を選んだだけあって、スポンジの硬さは39度くらいかなと思います。
いや、それよりもなんだか硬い!?
僕は藍鯨?しかあまり使わないので、藍鯨?と比べると?のが軟らかいんじゃないのかと思いまする。
補助剤の量だとか、スポンジの質感なども含めて。
藍鯨?が女子向け、ラリー重視というのもうなずけますな。
球突きしてみると、ゴキンゴキンと独特の金属音が鳴る。
あんまり食い込む感じじゃないような…。
粘着もメッチャ弱いので、中国ラバーにしては引っ掛かりが物足りない。
その代わり、シートの厚ぼったい打球感も軽減されてるような?
一応新鯨?已打底の中古は持っているのですが、藍鯨?のがスポンジが主張してくる感じ、
藍鯨?はシートで掴む感じがします。
グリップスと藍鯨?の違いは、ハッキリ言って分かりませんですスイマセンwww
基本的に同じラバーだしねえ。

実打ですが、やっぱり重い在庫を選んだからかな?
藍鯨としてはすんごく重い球が出ます(;´▽`A``!!
球が軽いのが最大の特徴(爆)だった藍鯨で、こいつぁ驚きだったぜ!
ドゴーンと砲丸が飛んでいくような威力ですw
ただこのドライブが曲者で、食い込ませて打つとさっぱりスピンがかからず、棒球になってオーバーミスしちゃいますorz
已打底ラバーのくせに、擦って打たないと回転がかからないジレンマです;;;
硬いスポンジだけに、擦り打ちでもいけますよってのは幸いですけどね♪
回転をかけなくてもよいのなら、食い込ませて打てばパカパカどんなボールでも、
それこそ横殴りでも手打ちでも入ってしまう懐かしいグルー時代のよさを満喫出来ますwwwww
弾道はとても直線的で、よっぽど日本製ラバーのが曲線を描くんじゃないの?
というぐらいw
おかげで下回転に対するドライブは、中国ラバーとしてはかなり弱くて弱点とも言うべきでしょう(-"-;A
直線的な弾道のおかげでショート、ブロックはやりやすいです。
藍鯨パクリラバーことブラックパワーは、直線的すぎてネットミスが激しかっただけに本家のバランスのよさと已打底の威力を感じることが出来ますね。
粘着がとても弱いので、サービスには不満と不安を覚えます。
こんなんでサービス出したら狙い打たれてしまうだろ?と。
ツッツキも短く止まるのはいいのですが、鋭く切るのは苦手なのでサービスともども、短く安全にやっておきましょうf^_^;
回転かからないのに不思議と入るラバー…ということはやっぱり「勝てるラバー」なのかなあ。
NEOは使えば勝てるとは限らないので(腕のある人が使ってこそ勝てる)、
藍鯨及びグリップスが勝てるラバーとしての意義はテナジーに勝るとも劣らないですね。

…ま、結局藍鯨?なのでありふれた感想ばかりになってしまいますw
グリップスならではの性能というのを感じるには至らないですね。
かつての国家隊用ほど性能差があるなら別なんですが…。
藍鯨?(グリップス)と藍鯨?の特徴の違いは、今回でハッキリ感じましたけどね!
香港の李静などは今でも藍鯨?を使ってると思いますが、?は?なりのよさがあるというのが分かりました。
?のが硬めで、ボールの威力が出るのと直線的に飛び(但し粘着は弱い)、
?は軟らかくてボールを掴まえる感覚があるので、安定感とラリー性能を重視する選手向けですね。
ところで、グリップスの値段は何と…


6300円


(TωT)
JTTAの登録料ってめちゃんこ高いのよ!
その分上乗せされちゃうし、ヨーロッパでの値段との兼ね合いもあるんでしょーな。
藍鯨?が6000円…3割引いても4410円ではないかああああああ!!
藍鯨?が実売2200円くらいだとすると、3割引換算で3000円ちょっとですか。
実質倍の値段ってことですよねー。
しかも硬度差あり…(´□`。)
デザインは価値ありですが、一応ルール上はいらないJTTAAのために、2枚分のお金を払いますか(笑)?
大会に出るときだけグリップスに貼り替えて出るって手はありますねw
普段の練習は藍鯨?でwww
おお、そう考えたら使い道はありそーだ!
JTTAA入り中国ラバーとしては、今まで最速だった999ターボをはるかに超えてトップに立ちましたからね。
999ターボ、短い天下だったのう…。
まだ正規販売はしてないですが、やっぱり売らなくなったら寂しいので売って欲しいところです。
唐橋系以外でも店頭に並ぶという意味も大きいですしね!
ショップの店員さんも、売りたくてうずうずしているのでは?
「スピードの出る粘着ラバーありませんか?」って聞かれて「海外のラバー使ってください」としか言えない、
寂しい日を繰り返してきたでしょうからwww

07/14|ブログ||TOP↑
プロフィール

friendship729sp

Author:friendship729sp
性別:男性
誕生日:6月4日 8時頃
血液型:O型
お住まいの地域:愛知県







自己紹介:Yahoo!知恵袋卓球カテ元1位、「friendship729sp」のIDは当時使用していたラバー名が由来。
「天座澪一」は同人用HN。
アバロンはかつて存在していた自クラブで、旧アバロンウェブサイトは用具レビューの先駆けであった。
既に公式大会を引退、趣味で並行用具等を試す日々。
プレイスタイルはサービス主体(爆)の前陣ドライブ攻守型。
ヘッダーのおにゃのこはアバロンマスコットキャラ・七瀬巳優(みゆう)。

好きな選手(引退含む、順不同):韓陽、オヤマ、マツモト、金擇洙、キム・ソンヒ、王晧、松下大星、于沈童、楊影、劉国梁、田崎俊雄、グルッバ、小山ちれ、ハラホバ、郝帥、孔令輝、クランパ、ホーマン、邱貽可、馬文革、ビルト、李倩

使用ラケット:双魚・中国玘2中国式
使用ラバー:タットル・ノースポール・赤・37度・MAX
イーケント・ラド・黒・MAX(暫定)


使用ラケット2:スターウッド・ルイス55中国式
使用ラバー2:タットル・55A・黒・38度・MAX
デアウインド・レイヘ・赤・45度


※ご用のある方は、ブログテーマ「メールフォーム」からご連絡ください。








安心・安全・低価格
アバロン提携並行卓球ショップ
↓「卓球中国ラバー専門店MASAKI」↓

アバロン提携並行ショップ「卓球中国ラバー専門店MASAKI」


にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ
にほんブログ村



ブログパーツ
最新の記事一覧
ブックマーク
ブロとも申請フォーム
ブログテーマ一覧
ブログ内検索
アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。