ま、


今更なんだけど。


ひっさびさに


ブラックあひたそwwwwwwwwwww


とたっきうしたので、そん時あひたそが持ってたらばあ、ラザニアター坊をれぶうってわけですw
あひたその所有物なんで、画像もねーし基礎打ちもなし、よって簡易れぶう。
前作、ノーマルラザニアはあまりにも台上技術に偏りすぎて、


台上バカ


の異名を持っていましたが(・∀・)、卓球ってのは個人競技なんである。
ましてや、現代卓球はトータルオールラウンド(BYTトピwwwwwwwwww)。
野球みたいにワンポイント、代打要員なんてわけにはいかないし、全て自分でこなさなくてはならない。
いくらシェイクが両面貼れるからと言って、特定の技術に特化したラバーは使うべきではないです(除く異質攻守型)。
台上バカとか、レシーブバカねwwwwwwwwwwwwwwww
そこら辺、ノーマルラザニアにはがっかりさせられたので、ターボだったらどうなのか。
使ってみますた。

まずサービスですが、ノーマル同様回転はよくかかりますね。
特に下回転がかかると思いまふ。
シートが変形しないというか、薄く捉えやすいというか。
ただシートに粘着性などあるはずもなく、当然ながら球を持ってがっつりかけるという感覚ではなく、
球離れが早い印象。
それでも、ゴールデンスター辺りよりは安定感があるので出しやすいw
へなじーよりも出しやすいでせう。
横回転はシートが厚く硬いため、ややかけにくいかも。

次にどりゃーぶですが、これがラザニアター坊1番の目玉というべきか。
ノーマルラザニアが擦る打ち方に適していた(といっても接触時間は非常に短く、威力を出すには筋力が必要)のに対し、
ター坊は


スポンジを食い込ませるどりゃーぶ


になってまふ。
というのも、シートが硬いと言いつつ、ノーマルよりは軟らかめに仕上がってるので擦ろうとしても擦れないかもwww
併し、従来のスピン系同様食い込ませると粒が「ぐきっ」と捻じ曲がる感覚が発生し、
ずどーんとどりゃーぶがかかる(・∀・)wwwww
その飛び方も、想像よりかなり真っ直ぐ。
あるえーwwwwwwwwwwww
聞けば、ター坊のスポンジはノーマルより気泡が小さ目になってるそーな。
だからレスポンスが早く、スピン系にありがちな「遅れて飛び出す」感覚がない代わりに、
弧線じゃなくて直線的に飛ぶよーになってしもた(・∀・)w



ラザニア=宇宙開発


だと思ってたから驚いたwwwwwwwww



弧線を描きたい人は多分、この飛び方は気に入らないだろなー。
ワタスにとっては真っ直ぐ飛んでくれるので大歓迎ですがwwwww
いやそれにしても、真っ直ぐだなあという印象。
下手するとブルーファイアより真っ直ぐなんじゃwww
いずれにしても、シート軟らかくなったといってもなお硬め、スポンジも気泡小さくなって硬め
(つってもワタスには軟らかく感じるがwww)なので、力がないと使えないのは相変わらず。
食い込ませられないと、途端にスピンがかからなくなるので注意wwwww
とはいえ、ノーマルに比べればだいぶ万人向けにはなったかなあと思うけどwwwww
ノーマルが異常なんだって気付けよ。
逆を言えば、万人向けになった分、これといった特徴が薄まったのも事実。
台上バカの虜になる人も、そりゃーいるでせうwwwww
ター坊は話題になるほどビッグな性能を持ってるわけじゃないのは確かですな。

食い込まなければスピンがかからず、バーンと飛んでいきます。
これはつまり、裏を返せばショートがやりやすいってことになる。
ドイツスピンとしては驚くほど、ショートがやりやすいです(・∀・)
バンバンバンバン跳ね返せるw
ただ中国ラバーほどいやらしい球が出るわけではなく、そもそもラザニアター坊自体、


それほどスピードは出ない


ので相手にも返されやすいwww
ノーマルよりはマシかというスピードで、正直ヤクザ7(爆)のがはえーんじゃねーのってくらい。
単純な弾性もさることながら、初速が早くて終速が遅いので加速性能に欠けるというべきか。
こんなとこだけノーマルの遺伝子を受け継いでどうするwwwwwwwwww

結論として、まずもって硬めで真っ直ぐ飛ぶ時点でバック向きではないです。
どちらかといえばフォア向きで、速いスウィングスピードが必要になってくる。
バックで硬いラバーを使うなら、弧を描かないとネット越えてくれないんでwww
併し、スウィングスピードがあって食い込ませて打つのが好みな人には、いいらばあだと思いますよー(・∀・)
シートが厚くて硬めで、スポンジが少しだけ食い込んでアシストしてくれる。
しかも真っ直ぐ飛ぶ。
球の出遅れ感もないしwwwwwwwww
んーワタス好みwwwwwwwwwwww
もし粘着が禁止なんてことになったら、ワタスこれ使いまふwwwwwwwwwwwwww
はい、現時点ではノーマルブルーファイアと並んで、


ペンドラ向きらばあ筆頭(・∀・)(・∀・)(・∀・)


なんじゃないでしょーかね?
シェイクの人はさぞかしがっかりしたと思ふwww
以前「ペンドラ向き」と挙げたキメラよりまだまだ軟らかいものの(ぬをい)、
スピン系としては硬めで直線的なので、使ってもよいと思いましゅ。
なお、このらばあもご他聞に漏れず、赤と黒で若干フィーリングが異なるわけですが、
シートの弾性が弱いので赤のが好印象。
赤にすれば、多少シートが硬くなるので飛ばしやすくなりまふ。
黒はぼよんとした弾みでびみょー。
ややネガティブなれぶうになったよーに見えますが、それはシェイクユーザーを意識して書いているからでせう。
正直言って、これよりダメならばあもありますからwwwwwww
自称「プロ仕様」の


V01とかねwwwwwwwwwwwwwww


あれ、プロでも使いたいって思う人いるのかしらん。
どう打っても打ちづらいだけで、使いよーがねーんすけど。
すんげー勢いでぶっ叩くと入るみたいならばあだしwwwww
38mm時代の3球目専用らばあwwwwwwwwwwwwww

粘着ダメなら使いたい、とはいえ難点が1つ。


爬虫類何とかならんのかwwwwwwwwwwwwwwwwwww


まるでグリーンマンみたいな不気味さが漂うwwwwwwwwwww



ここまでカッコ悪い特撮もスゲーですが、ラザニアって昭和生まれの人間から言わせれば、良くも悪くも


昭和のかほり


だよねwwwwwwwww
クールを謳うアンドロがやっちまったってのがwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
平成世代が見たら、カッコいいと思うのだろーか。
ワタスには単なる王政復古にしか思えんが。
08/31|アンドロ||TOP↑
プロフィール

friendship729sp

Author:friendship729sp
性別:男性
誕生日:6月4日 8時頃
血液型:O型
お住まいの地域:愛知県







自己紹介:Yahoo!知恵袋卓球カテ元1位、「friendship729sp」のIDは当時使用していたラバー名が由来。
「天座澪一」は同人用HN。
アバロンはかつて存在していた自クラブで、旧アバロンウェブサイトは用具レビューの先駆けであった。
既に公式大会を引退、趣味で並行用具等を試す日々。
プレイスタイルはサービス主体(爆)の前陣ドライブ攻守型。
ヘッダーのおにゃのこはアバロンマスコットキャラ・七瀬巳優(みゆう)。

コンセプト:私は懐古厨でもレア好きでもない、変なものが好きなんだよwww
そこんとこ勘違いされませぬよーに( 一一)

傾向:ペンドラなので、概ね硬めの用具に対する評価が高め。
以前はスピード重視の傾向があったが、プラ以降はスピンを重視、弾みは二の次。

好きな選手(引退含む、順不同):韓陽、オヤマ、マツモト、金擇洙、キム・ソンヒ、王晧、松下大星、于沈童、楊影、劉国梁、田崎俊雄、グルッバ、小山ちれ、ハラホバ、郝帥、孔令輝、クランパ、ホーマン、邱貽可、馬文革、ビルト、李倩

使用ラケット:ロキ・赤炎中国式
使用ラバー:ティバー・エボリューションMX-S・黒・MAX
ヴィクタス・V01スティフ・赤・MAX


使用ラケット2:サンフレックス・サイクロプスSAT中国式
使用ラバー2:三維・T88-1・黒・39度・MAX
三剣・紅龍ブラックスポンジ・赤・MAX


※ご用のある方は、ブログテーマ「メールフォーム」からご連絡ください。








安心・安全・低価格
アバロン提携並行卓球ショップ
↓「卓球中国ラバー専門店MASAKI」↓

アバロン提携並行ショップ「卓球中国ラバー専門店MASAKI」


にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ
にほんブログ村



ブログパーツ
最新の記事一覧
ブックマーク
ブロとも申請フォーム
ブログテーマ一覧
ブログ内検索
アーカイブ