はいちゅーもーく(ノД`)・゜・。ウワアアアアアン


今回は、マイナーすぎて日が当たらないが(爆)、天座がオヌヌメしたいラケットをごしょーかい☆彡


みんなと同じラケットじゃヤダッ!!!


というTTSタ○ハシみたいなキャッチコピーが好きなそこのアナタ!
うわべより本質で語れば見えてくる世界を、ぜひ体験してみてくでい(・ω・)ノ

1本目は、

トスポのカンピオーネだお(・∀・)


22p26004.jpg

このラケット、ブレード構成は


ちもALCと大体同じ


であるwwwww
それだけでもうよいラケットと言ふのは分かりますな。
なのに、値段は


9450円(´▽`)!


やすうううううい!
ちもALCを買うお金がない人に最適ですお。
でもって、カンピオーネ独自のメリットもあって、1つは


板厚が6mm


なんですなー。
ちもALCより厚い分、すこーしマイルドな感触になり申す。
あの打球感は好きだが、もう少しだけ食いつき感が欲しい人に向いてるんじゃないかと。


かなりマニア泣かせのセッティング


ですなwwwww
まあね、このわずかの板厚の差ですが、わたしゃ常々


ストサムが6mmあったら名品足り得ただらう


と思ってやまないので(今でも悪いラケットじゃないんだがw)、やはり板厚は重要かと。
そして2つ目のポイントは、153×150といふ


たれぱんだ形状(*´▽`*)←


これ、フォアとバックの切り替えが非常に早くなるので前陣に最適なんですわー。
あとラバーを貼った時の重量も軽くなるしね。
ますますマニア泣かせwwwwwwwwwwwww
ワタスがこのラケットに好感を持っている更なる理由というのが、


開発マソさん「カンピオーネはトスポラケで最もハードです」


とはっきり言ってること\(^o^)/!!
どっかのUSOつき性能表みたいに、ALCラケット=ソフトなんて書いてるとんでもメーカーより信頼できるわい( `ー´)ノ!
用具に真摯な方は違いますな(・∀・)


お願いだから中国式作ってええええええ(ノД`)・゜・。←


2本目は、


ドニ夫のリピンキテックスだお(・∀・)


22BL047F.jpg

見事なまでにマイナー連発だなをいwwwwwwwwwwww
値段が高いのが難点かと思いまふが、


ちもALCより1000円高いだけやんwwwww


心理的なマジックとは恐ろしいものですへい。
そりゃーね、


中国製に13000は払えんお!


という気持ちも分かる(爆)。
併し、中国製にしては珍しく


アナトミックがありまんねんヽ(^o^)丿


猛烈にレアぢゃwwwwwwwwwwww
このラケット、上板がヒノキでインナーテキサリウムといふ


どマイナーを地で行く唯我独尊ラケ


なんどすがwwwww
ワタス、じょーらのパンサーなるテキサリウムラケ持っとりまんねん。
グルー時代はよかったんどすが、ノングルーでは硬さが身に染みて結構堪えまふ(^▽^;)
パンサーだと、5.8mmでちょっと薄い。
ノングルーでは軟らかいらばあにはいーんどすが、硬いらばあだときちいわけでwww
その、パンサーで感じた敗北感の


仇を討ってくれそーなんでしwwwww


その武器パート1は、


和材パワーヒノキ(^O^)/


わたしゃ先日も書いた通り、ヒノキ+中国らばあは合うと思っているので、
このまったり感がパンサーのシャープさを解消してくれるのではないかと。
武器パート2は、


6.2mm板厚(^O^)/


似たよーなラケットでヲタクタスのカルテットスピードがあるんどすが(下手すると同じ工場製か!?)、
5.8mmなだけにちょーっとシャープ気味なんですな。
それが好きな人もいるでしょうけど、もし中国らばあに合わせるとなるとどーしてもシビアなわけで。
もう少し、


ぼよおおおおおおんw


と飛ばしたいわけじゃありませんのwww
へい、言ってしまえばリピンキテックスは、


パンサー+カルテットスピード


っつー


どマイナーすぎて例えが分かんないwwwww


素晴らしいラケなんですよん☆彡←
もう1つ言うなれば、最近孔令輝スペシャル後継のレイガンドが出たわけですが、


スッカスカ&アナトミックがない(/_;)


わけで、そこをカバーしてくれるのがこのリピンキテックスだとおもてまふ♪
まあレイガンドほど弾かない&スピードが出るわけじゃないですが、目をつぶれば気にならないwww

3本目は、


キムチオンのディーヴァだお(・∀・)


220480010000142.jpg

このラケット、つかキムチオンラケ自体どマイナーなんだが(爆)、ワタスとしちゃあ


中国らばあ向けラケのスタンダードに育てたい


んですおー<`ヘ´>
一部ではコルベルみたいなラケットとか言われてるが、それはちげー。
コルベル役はオフェンシブエスだwwwwwwwwwwww
現在、中国らばあ向けラケのスタンダードと言えば、恐らくマリエキだと思ふ。
一見、スタンダードだ。
併し、よ~く考えてみたまへ。
ウォールナットだってあくまでハードウッドの一種であり、一般に使われる木材とは違う。
でもって値段も7140と、やや高い。
「とりま使ってみっかあ!!」といふには「?」なところがあるわけで。
そこで、この


でーば(・∀・)


値段が5775円とやすううううううい\(^o^)/
中学生のお小遣いでも買えるっ!
でもって、


コトラケ


なんどすなー(*´▽`*)
例えばだが、マニアがありがたがっている伝説のコトラケとして、ぶってるふりーのレグーがあるわけですが、


レグーから0.2mm削ったラケ


だと思ってもらえばよろしwwwwwwww
いやいやいや、


孔令輝から0.3mm足したラケ


だと思ってもらってもおkwwwwwwwwwwww
なんちて(爆)w
厳密には合板構成も若干違うし、流石にかっとびのぶってるふりーとは弾みが違うので、
でーば自体そんなに飛ぶわけじゃないけれど(実際にはぶってるふりーのミッド程度?)、
コトによる適度な硬さと素直さ、そして


パキーンという甲高い打球音


はマリエキで感じる違和感を洗いざらい消し去ってくれる、
まさにオプティマムな中国らばあ向けラケットではないかと思ふ。
文句があるとすれば1点。


これも中国式ないよ松下シャチョー(ノД`)・゜・。ウワアアアアン


シェイク買ってグリップぶった切ったら、空洞が出てきそうで怖い。
チャンピオンのなんつー名前のシャチョーだか会長でしたっけ?
直訴してもらえませんかぬええ~。

4本目は、


ボサカのデュラングルだお(・∀・)


2ra_durangle_ch.jpg

トップギアと言いながら、どこら辺がハイスペックかイマイチ分からなかったこのラケ。
実物を見て確信しますた。
ある意味、


中国らばあ向けラケットの完成形


なのではないかとおおおおおおおお(゜o゜)!!!
ここではその秘密にせまーる!
ひみちゅその1。


上板がコト(`・ω・´)


そもそもコトラケ自体珍しいんである。
たまたまちもブレに使われてるだけであり、各社パクリラケを出しているので多くなってはいるが、
それがなかったら一体どれだけの人がコトラケを使っているのか!?
そう、世の中の大半の洋材ラケは、上板リンバかアユースなんである!
比較的採用しているトスポのが


おかしい(爆)。


洋材ラケの代表たるすちがに至っては、1本もなし。
そこへ敢えて、ボサカ初のコトを持ってくるこだわりぶりwwwww
中国らばあに有利になったのは、言うまでもないwwwww
ひみちゅその2。


超軽量80g(`・ω・´)


カーボンを搭載していながらこの重量!
フツーは85g行っちゃうのが当たり前なのに、どーやったらこの重量を保てるのだ…(・_・;)
それは勿論、おも~い中国らばあを貼るのに心強い味方となってくれよう!
「何でデュラングルは1万もすんだよー」と思いきや、この軽さで10+といふハイスピード、
よ~く考えたら普通じゃないっすねやっぱwww
ひみちゅその3。


6mmといふ絶妙な厚さ(`・ω・´)


さっきオヌヌメしたでーばも悪くないが、やはり薄いのでノングルーには合わない状況が出てくることがあるはず。
上に飛んでしまう弾道を矯正するにはやはりそれなりの板厚が必要なわけで。
天座が弾きだした理想の板厚「6mm」をクリアーしているっ☆彡
中国らばあ向けの条件ばかり挙げてしまいますたが、むしろスピン系にも男子にも女子にも、
よっぽどでなきゃどんな人間だって使える、


スーパーオールマイティ


ラケットなんじゃまいかと思うのれす。
ぶっちゃけ、


ちもT5000+いんなーふぉーすT5000


みたいなラケって言ってもいいおwwwwwwwwwwwwww
問題があるとすれば、


しなちく製なので質が落ちる


くらいかwwwwwwwww
もう1つ言っちゃうと、


「謎肉女王」


の異名を持つ(持ってまてんwwwww)、


十一屋貿易のフラクタ(・∀・)

とほぼ同スペックということwwwwwwwwwwwww
2本とも、これで謎が解けますたなwwwwwwwwwww
同じ工場で作ったかは定かでないが、たけー割に性能が謎であったことに違いはなし。
まあワタスだとどーしても、デュラングルよりマイナーな


ふらくたん萌ええええええええええええ(*´▽`*)


ですがwwwww
ワタス個人で言うなら、カーボンじゃなくてグラスファイバーかテキサリウムならもっとよかったのですがwwwww


訳あって、色んな人にオヌヌメしているラケットとして


ゲン(・∀・)


があるわけですが、薦めると返ってくる言葉が


「いい印象がない」だの「胡散臭い」


だのと言われるwwwwwwwwwwwww
んーむ、ゲンスはなんつってもちばーる製なんである!
売ってる店はいざ知らず(爆)、作ってるのはあくまでちばーる。
悪いわけがない。
しかも今や、海外にまで出荷されているワールドモデルでござるよ。
感情はともかく、理論上粒高で「切る」ことに関しては


にったこのゴーリキー


に並ぶ性能があるとおもてまふw
変化では、他のラケットのが上回るのもあるけどねん♪
まあ、併しだ。
よいものを作ってもこーゆー返事が返ってくるというのは用具もカワイソスなもので、
正統な評価を受けられないのは実に勿体ないことであーる。
残念無念。
それとも、自業自得なんすかね(爆)?
いやいや、とばっちりを受けているちばるんがカワイソス(´・ω・`)
10/12|ブログ||TOP↑
プロフィール

friendship729sp

Author:friendship729sp
性別:男性
誕生日:6月4日 8時頃
血液型:O型
お住まいの地域:愛知県







自己紹介:Yahoo!知恵袋卓球カテ元1位、「friendship729sp」のIDは当時使用していたラバー名が由来。
「天座澪一」は同人用HN。
アバロンはかつて存在していた自クラブで、旧アバロンウェブサイトは用具レビューの先駆けであった。
既に公式大会を引退、趣味で並行用具等を試す日々。
プレイスタイルはサービス主体(爆)の前陣ドライブ攻守型。
ヘッダーのおにゃのこはアバロンマスコットキャラ・七瀬巳優(みゆう)。

コンセプト:私は懐古厨でもレア好きでもない、変なものが好きなんだよwww
そこんとこ勘違いされませぬよーに( 一一)

傾向:ペンドラなので、概ね硬めの用具に対する評価が高め。
以前はスピード重視の傾向があったが、プラ以降はスピンを重視、弾みは二の次。

好きな選手(引退含む、順不同):韓陽、オヤマ、マツモト、金擇洙、キム・ソンヒ、王晧、松下大星、于沈童、楊影、劉国梁、田崎俊雄、グルッバ、小山ちれ、ハラホバ、郝帥、孔令輝、クランパ、ホーマン、邱貽可、馬文革、ビルト、李倩

使用ラケット:ロキ・赤炎中国式
使用ラバー:ティバー・エボリューションMX-S・黒・MAX
ヴィクタス・V01スティフ・赤・MAX


使用ラケット2:サンフレックス・サイクロプスSAT中国式
使用ラバー2:三維・T88-1・黒・39度・MAX
三剣・紅龍ブラックスポンジ・赤・MAX


※ご用のある方は、ブログテーマ「メールフォーム」からご連絡ください。








安心・安全・低価格
アバロン提携並行卓球ショップ
↓「卓球中国ラバー専門店MASAKI」↓

アバロン提携並行ショップ「卓球中国ラバー専門店MASAKI」


にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ
にほんブログ村



ブログパーツ
最新の記事一覧
ブックマーク
ブロとも申請フォーム
ブログテーマ一覧
ブログ内検索
アーカイブ