上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
プラ移行後1年半経ちましたが、皆さま用具は決まりましたか?
早い段階でプラに移行した私ですが、硬い用具が非常に不利な性質上、大苦戦を強いられました><
中国ラバーから離れなければならないほど難しかった。
元からソフトな用具を使っていた人なら、あまり影響はなかったと思いますけどね。
もっとも、私もグルー時代は日本スポンジにグルーをガンガン効かせてグルー打ちしていたので、
まあソフトなラバーでもいいやと思っていたのですが。
併し、ここへ来て急展開!


プラに合う中国ラバー


がとうとう開発されましたあ\(^o^)/!
「プラ対応」と銘打った中国製は今までもあったけど、実際満足できるかと言われると今ひとつのものが多かった。
タイチ已打底、ナルワン、2015、ターゲットナショナル、本職にしかけた中国ラバーのどれもが、
何かしらの不満を抱えていたわけです。
具体的には、

ソフトすぎて山なり

スピードは出るが引っかからない

スポンジが硬い

スポンジがソフトでスピンが落ちる

などなど。
それらを解消したラバーが出た!
ということですね(^O^)/
それがまさかの、


HK1997(;''∀'')!!


そんなバカなwww
HK1997と言えば、どう考えても初心者向け。
従来品はそうでした。
それがですよ。
パリオが昨年出した、プラ対応の「40+」シリーズから洩れたラバーの内、
HK1997が一段階進化したプラ対応ラバーとしてデビュー!
結果、従来品(バイオHK1997)から多少の値上がりはしたものの、

スピードアップ!

スピンアップ!

気泡化!

「これがHK1997?」と驚くような出来になりましたとさw
ぶっちゃけて言うと、


バイオAK47


に似ています。
似ているんですが、気泡化されたことで見事プラに対応したという感じですね。
それじゃ、具体的に書いていきましょーか。

パッケージはこれ。

3IMG_2770.png

別段ジャケ買いするようなデザインでもないですが、変にコテコテしたパッケが多い中国ラバーの中で、
まあ分かりやすいんじゃないかと。
「ゴールド」の名があるだけに、中国人だったらすぐ金ピカにしたがるので(爆)、
こらえたのは立派www
パッケの裏には、スポンジ硬度が「48~50度」(日本換算相当)と書いてあります。
中国硬度で言えば大体39度~41度くらい。
普通のスポンジなら、プラでは硬すぎて到底使えない代物です。
因みにバイオAK47は52度。
一般人には硬すぎましたが、私には丁度よかったよw
セルロイド時代であれば(・・;)

3IMG_2768.png

シートは昔と比べ物にならないくらい、綺麗になりましたねー。
今でも品質が変わらん銀河とかスウォードとかあるけどさwww
パリオは向上心があったのか?
コスト的にクリアー出来るようになったのか?
段違いの進化を果たしました。
これなら、売る方も安心して売れるというものですヘイ。
肉厚な中国ラバーにおいて、HKゴールドはとても薄いです。
日本、ドイツと比べても同じくらいのシート厚のため、重量もスポンジ硬度の割に重すぎない。
その代わり、粒は太くないけど低いですね。
スピードと摩擦を両立したシートという感じ。
粘着は結構強めです。
強粘着とまでは言えないかもしれないけど、微粘着の中では強い方かと。

3IMG_2769.png

さて今回の目玉、気泡化されたスポンジデース!
濃い黄色のスポンジで、金ではないけどバラクーダみたいな見た目www
50度なので、目立つような気泡じゃないもののハッキリ分かります。
指で押してみると、ぷにゃぷにゃという感じではないけれど、食い込みもある強めのコシ。
丁度、ドイツスピン47度くらいの感覚ですね。
ラザントグリップと同じくらいで、ラザントパワーグリップのが硬いんじゃね?というくらい。
意外というか、中国製気泡スポンジでこれくらいの硬さのものって、
今まで


なかった!!


んですよ(;^ω^)
大抵が38度以下の気泡スポンジなため、ドイツ45度以下くらいのフィーリングになってしまう。
ドイツスピンのが硬いじゃねーか!
なんて逆転現象が起きていたのが、今までのプラ事情だったわけです。
食い込むので確かにボールは入りますが、擦れるか?と言われたら、


NO!


だったんですねー。
でも、従来のみっちりスポンジでは、どうあがいたって硬い。
硬すぎてボールに跳ね返されてしまいます(-_-;)
ソフトなみっちりスポンジもあるにはあったけど、そうなると粘着ラバーらしさが低くなってしまう。
あくまで、粘着ユーザーは擦りたいわけです。
硬すぎず軟らかすぎず、擦れるラバーこそが正真正銘の、プラ対応中国ラバー。

最初、性能を全く期待してなかったので、守備用の薄い7枚合板に貼ったんですよ(^▽^;)


だってHK1997だし(爆)?


ところが、触ってみると「あれ?思ったより弾むじゃん…」「スピンしっかりかかるじゃん」「思ったよりフィーリングよくね?」
評価がうなぎ上りwww
カツーン、カツーンという中国ラバーらしい当たりはあるんだけれども、
みっちりスポンジみたいな跳ね返される感覚がなく、絶妙に食い込むスポンジ。
スリップ感が全くない、しっかり摩擦するシート。
およよよよwww
カットで使うはずだったのに、すぐやめて攻撃ばかりすることにwww
フォア打ちをしてみると、流石に守備用ラケットなので遅いですが、ラケットの弾みを考えたらスピード出てる!
弾道も、ラケット故に山なりなのは仕方ないとして、違うラケットに貼ったら結構真っ直ぐ飛ぶね!という感じ。
しかも、棒球にならず最後にはしっかり沈む弾道。
なので不自然なオーバーミスはないです。
ドライブを打ってみて感動(≧◇≦)!


久々にセルロイド感覚の台上ドライブ\(^o^)/!!


ラケットとの相性もあるにせよ、シートがボールを掴んで飛ばすので、ボールが落ちない!
長らく忘れていた感覚でしたわwww
ストロークでのドライブも、やや低い弧線で理想的に飛び、球が伸びます。
感覚的には擦り7、食い込み3くらいかな。
低い打球点でのドライブ、ループドライブも違和感なく入る。
高い弧線を描く感じではないですが、台より下になってしまっても積極的にドライブを打てます。
それは勿論、


硬めの気泡スポンジ


が成せる業!
サービスも、ソフトなドイツスピンよりは回転がかかります。
エースを取りにくくなったプラボールで、十分エースを狙える回転量。
ツッツキは並みですが、浮いたりすることはまずないのでいいんじゃないでしょうか。

さて、基本的な性能は分かったので今度は攻撃用に組み直しwww
守備用7枚を攻撃にしたような似たラケットを探したのですが、
厳密に同じものがなくて仕方なく、5.7mm5枚合板に。
天座が考えた相性は、

薄くてしなりがある

内側が硬いこと

の2つ。
出来れば5.5mm以下がよかった。
5枚合板だと中芯が厚くなるので、どうしても球離れが早くなりがちなのが嫌だったのですが、
5.5mm以下の7枚合板なんてほぼないwww
しょうがないけれども。
で、探したラケットは打球感がミッド、弾みもミッドくらいのもの。
まあいいかと思っていたら、


流石にスピード不足(^▽^;)


じぇんじぇんスピード出ないし、擦れない弾けない!
無理ゲーすぎてやめましたorz
んー…かといっていいラケットが他にあるわけじゃ…諦め気味に、手持ちの5枚+インナーラケに貼ってみた。


ぷおおおおおおお\(◎o◎)/!?


その、ダメだった5枚合板より弾みが増したのは当然のこと、
インナー素材がシャープさを生み、薄い7枚合板に近い打球感になった!
もしかしたら、これはいけるかも?と期待しながら実打したわけですよ。


結果www


\(^o^)/←
ラケットがややハード、ラバーも結構ハードなので組み合わせとしてはプラで限界くらいの硬さですが、
これがバッチリ!
硬い中にもラケットのしなりがあり、ラバーもスポンジがわずかに食い込むことで、
プラに対するコントロール性をギリギリで保っています。
こりゃスゲエ!
言ってみれば、セルロイド時代のような感覚が戻ってきたわけです。
このラケット、以前私がぷよっぷよなタイチ已打底を貼っていたラケットだからね(爆)w
それでいいと思えるようなフィーリングのラケットに、今硬めのラバーが貼れている。
信じられませーんw

そのラケットに貼ってみて、何回か打ったけど違和感は全くなかったので、OKを出していいと判断しました。
あと、愛たそにも攻撃用7枚合板のフォア面に貼って使ってもらったけど、


化けるね(@_@)!


ミッドファスト以上、ややハードなラケットに貼るという条件付きながら、
その組み合わせで使ってみた感想。
まずスピードは、実際にはそんなことないはずなんだけど、やや劣化したテナジーに匹敵するような感覚。
多分、実速以上に鋭さを感じるのでそう思うのではないかと。
打ってる身としては、明らかにドイツスピン辺りよりも弾まないんだけど(;^ω^)
やはり中国ラバーの威力、重さ、そういうものを感じるドライブが出ます。
具体的な反発力として、中国ラバーでもトップクラスのスピードを持つナルワンと同等か、
それよりちょっとだけ遅いくらい。
未打底のはずなのに、


巨龍已打底と全く変わらないよ(^O^)/


ということは、スピードは推して知るべし。
てゆーか、


HK1997ごときがだぞwww


もう初心者向きじゃねえっすw
それだけのスピードがありながら、擦り打ちもいける。
完全擦り打ちは流石に無理なものの、7割擦りくらいなら出来ます。
強粘着とまでは言えないのと、スピードが出るので粘着が少なくなってくると、
球離れが早くなって擦りにくくなる。
併し、同程度のスピードを持つナルワンや2015などに比べたら、断然擦れます。
カーブドライブ、シュートドライブも自由自在!
私はカーブで何発も打ってみたり、愛たそにはシュートドライブで何度も抜かれましたwww
ラバーとしてのベクトルは、

擦れる キョウヒョウ-トップエナジー已打底-HKゴールド-國套-タイチ已打底-ドイツスピン47度-イルミナパープル-ターゲットナショナル-2015-テンキョク-ナルワン-ドイツスピン40度 擦れない

って感じですかねえ~。
なので、擦り系ラバーの中ではスピード重視という位置づけで、私のように当てこすりをする選手には向いてるんじゃないかと。
擦り度だけで言えば國套のが上なのですが、國套は粘着の質がイマイチで、
思ったより回転がかかっていないのでこの評価w
サービスも、さっき言ったようにしっかりかかるので高評価。
プラでも滑ることなく回転がかかるのは素晴らしいこと。
プラボールが出た当初、中国ラバーは軒並みスリップ連発で、「もう中国ラバーはダメだ」って言いましたからね、私。
そこからよくぞここまで(ノД`)・゜・。
ペンホルダーでは重要なショート、これもOKを出せる要因になったわけなのですが、
全く山なりにならず弾き飛ばすことが出来、なおかつ相手のスピンの影響を受けず安定したショート、
ブロックが可能。
不規則感も全くなし!
ソフトなラバーなら食い込んでスピンに鈍感なショートが出来るものの、
多少の不規則感とフォアでの物足りなさを感じる。
ハードなラバーは確かにショート向きですが、スピンの影響を受けてオーバーミスすることもある。
それなのに、HKゴールドは硬さを有しながら、相手のスピンに鈍感で鉄壁のショートを実現!
不思議だな~と思うのですが、もしかしたらシートが薄いことで、
多少なりどもボールを包んでいるのかもしれないです。
ハッキリ言って、


ショートは100点あげていいwww


セルロイド時代含めて、これほどショートがやりやすいラバーはなかったデース。
止めるブロック、ナックルショート、ストレートへのプッシュ、打球点の早いショート、
どれを取っても一級品。
あとは…カウンター。
どちらかと言えば、藍鯨系の弾くカウンターになります。
ただ、あそこまで弾く感覚ではないため、カウンター一発で抜けるような威力があるわけではなく、
フォアショート的な感覚になりますが、一応出来ます。
まあ、2球くらい連続で決めたらいけるでしょwww
狙うというより、咄嗟に出すくらいのものでいいんじゃないでしょうか。

そんなわけで、現状私が使ったプラ用粘着ラバーでは、
最高の性能を持っています!


HK1997のくせにwww


既存のラバーではバイオAK47が近いと言ったけど、分かりにくいと思うので敢えて言うなら、


無機龍2を粘着寄りにした


と思ってもらえればいいんじゃないかと。
スピン系+粘着的な無機龍2をグレードアップして、粘着ラバーに仕立てた感じです。
なのでバックには無理だけど、フォアで使うなら無機龍2よりいいよ!
その勝因は、


スリップしにくいシート(勝手に回転がかかるほどじゃないが…)


硬めの気泡スポンジ(これ超重要!)


の2つ。
値段も高すぎないし、1度は試してみてくだせえ!
但し、ラケットとの相性があるので注意。
プラで事足りるスピードを出したいならば、最低でも


ミッドファスト以上の弾み


が必要。
それに加えて、


内側が硬い


こと。
外が硬いと球離れが早くなってしまうので擦れなくなるのは困りますが、
逆に内がソフトでも食い込みすぎてしまうので、スポンジが気泡化してる分擦れなくなってしまいます。
出来れば7枚合板がお薦め、そうでなければ薄手のインナーラケット。
やめた方がいいのはソフトなラケット、桐ラケ、アウターラケ、ハードウッド。
まあハードウッドは弾みがあるので、100歩譲ってまだいけるかもしれないですけどね。
流石に硬すぎじゃね?
オヌヌメするならば、

K6(インナーテクサリウム)

インナーフォースレイヤーZLC(インナーZLC)

オメガヨーロ(薄手7枚)

馬林カーボン(インナーカーボン)

WG7(薄手7枚)


こんなとこですかねw

安心・安全・低価格
アバロン提携並行卓球ショップ
↓「卓球中国ラバー専門店MASAKI」↓

アバロン提携並行ショップ「卓球中国ラバー専門店MASAKI」
01/22|パリオ||TOP↑
プロフィール

friendship729sp

Author:friendship729sp
性別:男性
誕生日:6月4日 8時頃
血液型:O型
お住まいの地域:愛知県







自己紹介:Yahoo!知恵袋卓球カテ元1位、「friendship729sp」のIDは当時使用していたラバー名が由来。
「天座澪一」は同人用HN。
アバロンはかつて存在していた自クラブで、旧アバロンウェブサイトは用具レビューの先駆けであった。
既に公式大会を引退、趣味で並行用具等を試す日々。
プレイスタイルはサービス主体(爆)の前陣ドライブ攻守型。
ヘッダーのおにゃのこはアバロンマスコットキャラ・七瀬巳優(みゆう)。

好きな選手(引退含む、順不同):韓陽、オヤマ、マツモト、金擇洙、キム・ソンヒ、王晧、松下大星、于沈童、楊影、劉国梁、田崎俊雄、グルッバ、小山ちれ、ハラホバ、郝帥、孔令輝、クランパ、ホーマン、邱貽可、馬文革、ビルト、李倩

使用ラケット:双魚・中国玘2中国式
使用ラバー:タットル・ノースポール・赤・37度・MAX
イーケント・ラド・黒・MAX(暫定)


使用ラケット2:スターウッド・ティアナプリンスナノ+3中国式
使用ラバー2:タットル・サウスポール・黒・38度・MAX
デアウインド・レイヘ・赤・45度


※ご用のある方は、ブログテーマ「メールフォーム」からご連絡ください。








安心・安全・低価格
アバロン提携並行卓球ショップ
↓「卓球中国ラバー専門店MASAKI」↓

アバロン提携並行ショップ「卓球中国ラバー専門店MASAKI」


にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ
にほんブログ村



ブログパーツ
最新の記事一覧
ブックマーク
ブロとも申請フォーム
ブログテーマ一覧
ブログ内検索
アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。