不肖私、今までスティガラケットが自分に合ったためしがありませんでしたのw
元がシェイクハンドなんだから、ペン向きじゃないのも致し方ないのかもしれぬ。
同様にドニックも、ラバーは好きだけどラケットはさっぱり合いませんでしたねー。
元来、スウェーデン製は素材ラケが苦手で、フィーリングを重視すると飛びがない、素材を入れると不自然になる。
最近ではハードウッドに手を出して、無闇に硬いラケットばかりになってしまったよ(´-∀-`;)
それに関しては、スウェーデンに限らず私が7枚合板を好きでない理由の1つでもあって、
7枚合板は硬さの割に弾みがなく、重いので使いにくいという印象。
では、

フィーリングはそのままに弾みが上がったらどうなるか(@_@)?

オマケに

シンプルさを超えたデザインもプラスされたらどうかw←個人的な問題w

ずっと今まで気になっていたラケットが1つ。
全面が黒と赤(少しだけ青)で塗りこめられ、なおかつ

9枚合板というアルティメットレアwww

なラケット・その名もハイブリッドNCT。
値段が高く、重量も強烈ゆえに躊躇すること幾星霜。
ついに、

比較的軽い96g(爆)

の個体を安く入手することが出来ましたあ\(^o^)/!

3000.jpg

うえーい!
カッコいいずら!
黒と赤というのは、色の中で最も対比するカラー。
私、もう1つ別のメーカーの真っ黒ラケ持ってるけど、カラーブレードのラケットが好きなんだと思ふw

3002.jpg

ナノコンポジットテクノロジーことNCTは、スティガHPにも説明があるけれど、
ヨネックスのソフトテニスラケットなどで使われている「カーボンナノチューブ」を接着に用いる技術。
カーボンナノチューブは密度が低いので、当然強度はあるけれども

しなりの大きいカーボンモシュ。

よって、反発力と軽量性を備えながらも硬すぎないフィーリングになるのが特長ですね。
ま、正直どこまで体感出来ているのかは不明であるがwww
真っ黒ブレードゆえ、上板の種類が非常に分かりにくいものの、
恐らくリンバだろうとは思う。
基本的にクリッパーウッド+2、王道の合板構成。
ってゆーか、9枚合板でコトやハードウッド使ったら死ぬわwww

3001.jpg

側面も黒と赤で統一。
何だか5枚合板に見えるけれど、よく目をこらえると黒の板にうっすら線が見えます。
それを数えると、ちゃんと9枚合板。
今回入手したのはスティガ版で、板厚はだいたい6.4~6.5mmくらいかなと。
ラケットが96gなので、工夫しないと簡単に200gを超えてしまうwww
せめて185gくらいになってくれればいいけど、やはり190gは覚悟しないといけないかと。
スティガHPでのNCTの解説にも載っているけど、NCTはさりげなくWRB搭載。
ハイブリッドNCTもWRBなわけで、グリップは空洞です。
重心が外なのは止むを得ないですが、WRBがなかったら

何gありゃ気が済むんだwww

WRBなのに100g超えがザラですからね(^^;)

さて、重量に見合った弾みを期待したいですが、勿論木材ラケを選んだからにはフィーリングも重要。
重いラケットは得てして猛烈に硬かったりするので、そういうことがないといいですな。
結果…

弾むね(゜o゜)!

弾むのは当たり前かもしれませんが、弾みとフィーリングのバランスがいい!
これは驚いた!
まず硬さ、当然9枚なので硬めではありますが、あくまでボールを持つ範囲での硬さ。
いやいや、かなりボールを持つ感覚があります!
ペンホルダーとしては球を持ち過ぎてるかも(;^ω^)
シェイクだったら絶妙ですわ、これ。

スウィートスポットが深い(コラ)

というか、例えばインテンシティなんて上板が硬くて、勝手に飛んで行ってしまう不自然なフィーリングだけど、
ハイブリッドにはそういうところがない。
まあ、クリッパーウッドがちょっと硬くなったくらいですよホント。
それでいて、しっかり硬さを感じることも出来る。
一般的な選手であれば、これで丁度いいメリハリのある弾きと掴みだと思います。
おおおおお、このバランスに感動~( ̄▽ ̄)☆
その上で、しっかり弾みがあるのでこりゃスゲエ!
ただ、ペンホルダーや表ソフトだったらもうちょっと真っ直ぐ飛んでほしいかな~と思う感じ。
私には少々ボールが上に飛んでしまいますね。
ラバーの調整次第では、何とかなるかもしれないけど。
当然、球を持つ分初速は遅めで、ぶってる7枚などのようなすっ飛び感覚ではないです。
あれよりは断然軟らかい。
その代わり、スウェーデン木材ならではの、

中まで詰まったあんこのようなフィーリングwww

がいいですな!
自分で打ってるって感じがするよ!
手に響くのでそういうのが好きじゃない人はダメでしょうが、好きな人には手応え抜群。
バシィっと打ち込むので、相手もボールが重く感じるんじゃないでしょうかね。
ラケットが重いので当たり前かもしれませんがwww

ただ流石に、

重いorz

振って振れんこたあないけれど、だんだん疲れてくる(^▽^;)
それに加え、

流石に前陣では弾みが強い!

どうだろう、ぶってるで言えばミッドファスト~ファストくらいの弾みになるんじゃなかろうか?
私がファスト級のラケットを使った履歴では、チャイニーズALがあるけどあれより飛ぶんじゃないですかね。
ただ初速が遅いので、そこまでスピード感を感じないだけで。
中陣からで丁度いいくらいかと。
結論としては、ハードウッドを除く木材ラケットの中では

弦楽器系と並ぶ最高性能

だと思います!
重いのがネックだけどね!
だから

両面手品ー(をい)で振り切れる万力な方以外は(爆)

フォアとバック、どちらか1枚はラバー重量の調節をしないといけない。
あとは球足が長い感じで弧を描くので、9枚合板だからといって弾くラケットを想像すると肩透かしをくらうかも。
あくまでがっつり回転をかける人向けのラケットですね、これは。
少し山なりに飛ぶとはいえ、あとちょっと制御してやれば何とかなりそうな気もするので、
私もラバーを直線弾道のものへ貼り替えて再挑戦してみますwww
09/26|スティガ||TOP↑
プロフィール

friendship729sp

Author:friendship729sp
性別:男性
誕生日:6月4日 8時頃
血液型:O型
お住まいの地域:愛知県







自己紹介:Yahoo!知恵袋卓球カテ元1位、「friendship729sp」のIDは当時使用していたラバー名が由来。
「天座澪一」は同人用HN。
アバロンはかつて存在していた自クラブで、旧アバロンウェブサイトは用具レビューの先駆けであった。
既に公式大会を引退、趣味で並行用具等を試す日々。
プレイスタイルはサービス主体(爆)の前陣ドライブ攻守型。
ヘッダーのおにゃのこはアバロンマスコットキャラ・七瀬巳優(みゆう)。

コンセプト:私は懐古厨でもレア好きでもない、変なものが好きなんだよwww
そこんとこ勘違いされませぬよーに( 一一)

傾向:ペンドラなので、概ね硬めの用具に対する評価が高め。
以前はスピード重視の傾向があったが、プラ以降はスピンを重視、弾みは二の次。

好きな選手(引退含む、順不同):韓陽、オヤマ、マツモト、金擇洙、キム・ソンヒ、王晧、松下大星、于沈童、楊影、劉国梁、田崎俊雄、グルッバ、小山ちれ、ハラホバ、郝帥、孔令輝、クランパ、ホーマン、邱貽可、馬文革、ビルト、李倩

使用ラケット:ロキ・赤炎中国式
使用ラバー:ティバー・エボリューションMX-S・黒・MAX
ヴィクタス・V01スティフ・赤・MAX


使用ラケット2:サンフレックス・サイクロプスSAT中国式
使用ラバー2:三維・T88-1・黒・39度・MAX
三剣・紅龍ブラックスポンジ・赤・MAX


※ご用のある方は、ブログテーマ「メールフォーム」からご連絡ください。








安心・安全・低価格
アバロン提携並行卓球ショップ
↓「卓球中国ラバー専門店MASAKI」↓

アバロン提携並行ショップ「卓球中国ラバー専門店MASAKI」


にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ
にほんブログ村



ブログパーツ
最新の記事一覧
ブックマーク
ブロとも申請フォーム
ブログテーマ一覧
ブログ内検索
アーカイブ