皆様は、かつてTSPが発行していた、TSPトピックスをご存知ですか?

卓球王国の今野編集長が仕事していたのも、このTトピです。

バタフライの卓レポでカメラマンの仕事をしていた高橋発行人と手を組んで、

現在の卓球王国が創刊されたわけですが。

誰でも癖なく読める卓レポに比べ、Tトピは独特の語り口で気になります(笑)。

やたらメンタルとか戦術、戦型を意識した文章が多く、

技術や初心者を意識した卓レポに比べると、哲学書のような雰囲気がありましたね(^_^;)

僕はニッタクニュースだけ1回も買ったことがないのですが。。。

…存在が地味すぐる。


マニアック卓球用具王国・アバロン


僕が持っているTトピは2冊だけですが、これは91年4月発行の5月号。

中学2年に買ったやつですね。

既に廃刊とはいえ、著作権を無視するわけにはいかないので表紙のみの掲載です。

91年世界選手権、幕張大会の直前特集が組まれています。

この大会で中国、日本ともに惨敗を喫し、低迷の時代を歩んだわけですが、

その後の歩みは両国で雲泥の差がありますね。

反面、スウェーデンが黄金期を迎えます。

表紙を飾っているのは、この大会でチャンピオンになるペション パーソンと、

低迷期を支えた中国のエース・馬文革(マ・ウェンガ)、

カリスマ的な日本女子のエース・星野美香、

韓国式前陣速攻を完成させた韓国女子のエース・玄静和(ヒョン・ジョンファ)。

玄静和は現・韓国女子監督ですから、知ってる人もいますよね。

男女とも、優勝候補筆頭だったワルドナー、鄧亜萍(トン・ヤーピン)の写真が載ってないのもTトピらしい(笑)。

長いものには巻かれない(笑)?


マニアック卓球用具王国・アバロン


どーでもいいかもしれませんが、裏表紙。

当時の新作だった、スペンスシューズの宣伝です。

最近まで売ってたスペンスとは違いますよ。

この頃から、卓球シューズの近代化が始まって、それより前は体育館シューズのような、

グリップ力、クッション性、耐久性、ブレのなさ、デザイン性など、

どれを取っても古い時代のものしかありませんでしたね;

まあ、僕はバタフライのジョイライトというシューズを履いていましたが(笑)。

スペンスは弟が履いてたよ。


さて、Tトピの中身なんですが、この号は非常に貴重で、

89年までの世界選手権優勝者のリストが、全て載っていますo(〃^▽^〃)o

これにより、僕は卓球を知らない時代、生まれてなかった時代の卓球を知ることが出来ます。

因みに、第1回世界卓球選手権(というよりイギリスでのオープン大会みたいなものでしたが…)優勝者は、

男子がハンガリーのヤコビ、女子もハンガリーのメドニアンスキーという選手で、

団体は男子しか開催されず(女子は8回大会から)、やはりハンガリーが優勝しました。

女子はダブルスもなかったもんな?。競技人口の少なさが伺えます。

メドニアンスキー選手は、50年代のロゼアヌ選手の6連覇に次ぐ、5連覇を達成しています。

37年の11回大会では、女子シングルス決勝で2日かけても試合が終わらず、

当時没収試合で優勝者なしになっていたのがリストに記載されています(^_^;)

近年になって、「2人とも(アメリカのアーロンズとオーストリアのプリッツィという選手なのですが)優勝」という裁定がなされ、

彼女たちは数十年経って栄誉を手にした事になります。


あと91年当時の世界ランクも載っていて、

まだ偉関選手や羽佳ニッタクコーチが中国代表で戦っていたり、

日本男子の宮崎監督や79年世界チャンピオンの小野誠治も世界ランクに載ってます(笑)。

ああ、セルビア卓球協会会長のカリニッチも現役(笑)。

ハンガリー三銃士のクランパもランクに残ってますねw

今でも現役で戦っている選手では、ソ連(現ロシア)のデミトリ=マズノフ、

ドイツのロスコフ、スウェーデンのパーソン、ユーゴスラビア(現クロアチア)のプリモラッツ、

ベルギーのジャン=ミッシェル=セイブ、

ソ連女子(現在はオランダ)のティミナ、中国女子(現在はアメリカ)の高軍くらいかな。

因みに当時は卓球記者同士で選手名の統一がなされてなくて、

Tトピではガシアンが「ガティエン」と呼ばれていたし、卓レポでは「ギャシェン」でした(笑)。

スペルでいえばガティエンじゃないのかなあ(;^_^A

それが、記者同士で協議して「ガシアン」に(笑)。あまりにも変わり果てて吹いたwww

僕は今でもガティエンだと思ってますが…(_ _。)

他にもプリモラッツはTトピでは「プリモラク」(笑)、卓レポでは「プリモーラッツ」でしたね。

ロスコフは卓レポでは「ロスコップ」と書かれていて、やはりというかロボコップイラストが投稿されてました(笑)。


Tトピの連載記事で代表的なのが「卓球選手の用具考」、「荻村伊智朗氏に聞く卓球上達のヒント」、「TALK」など。

用具考では松下選手と渋谷選手が載っていて、面白いのは松下選手の記事。

粘着ラバーの保存ポイントは、「ツバをつけるのがポイント」だって(笑)。本気か、それwww

荻村さーんは僕は嫌いなんだけど、当時世界卓球連盟会長でありながら、

一雑誌に寄稿しているのも凄いよね( ̄□ ̄;)!!

ただ、読者の質問に対する回答がハチャメチャで、あまり合理的ではなくいつもの持論を展開する荻村節でした(苦笑)。

TALKはTトピの象徴ともいえる、精神論の真髄。何か宗教的な匂いすら漂う連載でしたね、これ(笑)。

今号は山下(現姓・海津)富美代選手の記事で、とても人気があったので絶対売れただろうなあ(笑)。

あー、山下選手は実は、昨年話題になった福井県小浜市の出身です。

「Yes,We can」と言ったかどうかは不明(言うわけないだろ!)。

日本最後のペン粒高代表で、38mm時代の粒高はホントによく揺れたなあ?。


他にも、細かい記事を見ていくと驚くような内容があったり。

既に引退していた85、87年世界チャンピオンの江加良が、

マレーシアのコーチになっていて、しかも用具が裏ソフト(え?)、

更に驚くべきことに、「バックを打つときに裏面でバックドライブを見せる」とある。

実際その写真が載っているわけですが、まさかこの技術が後に、

世界を席巻した「裏面打法」として脚光を浴びるとは、誰も思ってなかったでしょう!

これ、91年の記事ですからね!元祖裏面打法の劉國梁が世界デビューしたのが92年。

だから、日本がこの時点で裏面打法に気づいて習得しておけば、

中国に後れを取ることがなかったかもしれないのにね?…orz

まあ、どうせ今ではシェイクばっかりですが(爆)。

あと、小学生の川越(現姓・岸)真由選手や小西杏選手も写真で写ってる(笑)。

今見るとJS萌えみたいで気になるな?(///∇//)

しかもその写真、申し込めば全員に配布されてたんですよ(爆笑)!

信じられねえ?wwwwwwwwwwww

読者コーナーでは、超笑える投稿があるのでご紹介w

当時のスウェーデン男子監督・グレン=オーストのイラストが載ってるんですが、

オマケでつけられているセリフが爆笑モノ。


「アペル(アペルグレン)、もっとバックを

パーソン、気を抜くな

ワルドナー、やる気あるのか

しょうがねえな、お前ら

けどよくやったよ、お前ら!」


(≧▽≦)(≧▽≦)(≧▽≦)(≧▽≦)(≧▽≦)

あまりにも的を得ていて最高です!!

確かにワルドナーはやる気ない(苦笑)。

後年のワルドナーはベテランの貫禄で安定していたけど、

当時はメンタルの出入りが激しくて、猛烈に神経質だったからね。

それに、水谷選手みたいに試合自体が遊びのような感覚で、

飄々とプレイしていたところがあります。


まあそんなわけで、この号は文献として非常に貴重なので、

今でもボロボロになりながら捨てずに残しています。

今野編集長!1回だけでも卓球王国内で、Tトピを復活させませんか(笑)!

余談ですが、僕はTSPの講習会で今でもTSPのコーチを務めている、

羅武漢コーチの指導を受けたことがありますね。

今でもそのときの写真、持ってますよー。


03/19|TSP||TOP↑
プロフィール

friendship729sp

Author:friendship729sp
性別:男性
誕生日:6月4日 8時頃
血液型:O型
お住まいの地域:愛知県







自己紹介:Yahoo!知恵袋卓球カテ元1位、「friendship729sp」のIDは当時使用していたラバー名が由来。
「天座澪一」は同人用HN。
アバロンはかつて存在していた自クラブで、旧アバロンウェブサイトは用具レビューの先駆けであった。
既に公式大会を引退、趣味で並行用具等を試す日々。
プレイスタイルはサービス主体(爆)の前陣ドライブ攻守型。
ヘッダーのおにゃのこはアバロンマスコットキャラ・七瀬巳優(みゆう)。

コンセプト:私は懐古厨でもレア好きでもない、変なものが好きなんだよwww
そこんとこ勘違いされませぬよーに( 一一)

傾向:ペンドラなので、概ね硬めの用具に対する評価が高め。
以前はスピード重視の傾向があったが、プラ以降はスピンを重視、弾みは二の次。

好きな選手(引退含む、順不同):韓陽、オヤマ、マツモト、金擇洙、キム・ソンヒ、王晧、松下大星、于沈童、楊影、劉国梁、田崎俊雄、グルッバ、小山ちれ、ハラホバ、郝帥、孔令輝、クランパ、ホーマン、邱貽可、馬文革、ビルト、李倩

使用ラケット:ロキ・赤炎中国式
使用ラバー:ティバー・エボリューションMX-S・黒・MAX
ヴィクタス・V01スティフ・赤・MAX


使用ラケット2:サンフレックス・サイクロプスSAT中国式
使用ラバー2:三維・T88-1・黒・39度・MAX
三剣・紅龍ブラックスポンジ・赤・MAX


※ご用のある方は、ブログテーマ「メールフォーム」からご連絡ください。








安心・安全・低価格
アバロン提携並行卓球ショップ
↓「卓球中国ラバー専門店MASAKI」↓

アバロン提携並行ショップ「卓球中国ラバー専門店MASAKI」


にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ
にほんブログ村



ブログパーツ
最新の記事一覧
ブックマーク
ブロとも申請フォーム
ブログテーマ一覧
ブログ内検索
アーカイブ