ひょんなことから、手に入ってしまった海夫最強ラバー(笑)、

藍鯨?世界大会仕様己打底「郭躍」試合用パープルスポンジ

僕はノーマルの国家隊用己打底パープルスポンジは持ってましたが、

今回は一体、どう違うのか。

本物の国家隊用とはどれほどの実力なのか、それを知ることが出来ようとは…。

紅双喜だったら、こうはいかないね(笑)。

中国のサプライヤーさん、多謝です(。-人-。)


マニアック卓球用具王国・アバロン


日本でも出回り始めた、真空パックの藍鯨。

藍鯨?が霞んでしまうほどの手塩ぶりですが(笑)、

何せ値段は750元(11250円)だ!!!!!!!

尋常じゃないよそれorzほぼテナジー2枚分です…。

世界で1番高いラバー認定( ̄^ ̄)


マニアック卓球用具王国・アバロン


裏面が「国」藍鯨と違うッッッ!!!

窓の中身が、だッッッ!!!

そして、個人的な特注品を示すある刻印が…。


マニアック卓球用具王国・アバロン


「郭躍」


世界2位のフォアハンドを支えた証が、ここにあります

(何かサイプレスMAXみたいな文だw)。

更にシリアルナンバーも刻印され、贋物の可能性は極めて少ないといえますね。


マニアック卓球用具王国・アバロン


パッケージからラバーを取り出した中身でございます?。

おおー、ついに世界最高値のラバーとご対面ヾ(@^▽^@)ノ

まあ、こちらからは「国」仕様と全く変わりありません(笑)。

このフィルム、あとで保護フィルムとして使えるのもいいですね?。

微粘着で結構厚手なので、いい感じで使えるんですよ。


マニアック卓球用具王国・アバロン


1番肝心な裏面。

です。です。ですッッッ(分かった)!!!

勿論、「郭躍」刻印が見えますね?ラバーに壮大なロマンスを感じてしまいます(笑)。

何だか、エロい興奮が沸いてくるような(落ち着け!!)v

スポンジ面には当然、補助剤グルーが塗ってあり、

フィルムで保護してあるので以前よりデコボコ感がなく、フラットです。

驚いたのは、ノーマル己打底に比べ補助剤の量が多い?ヾ( ̄0 ̄;ノ!

いつもは2g程度(ブレード面換算)の被膜なのに、

こちらは5gもの被膜がありました(-"-;A

流石に重いので剥がしましたよ…剥がすとスピードがわずかに落ちるので

(グルー時代に膜溜めたのと同じ理論です)、

ホントは剥がしたくないんですけどね…しょうがない。


マニアック卓球用具王国・アバロン


フィルムを剥がしたトップシート。

しっかりしたフィルムで保護してあるからなのか、

はたまた元のつくりがよくなってるからなのか、

旧藍鯨とは別物みたいにピカピカしてます(=⌒▽⌒=)

やっぱりというか、トップシートがやや厚くなってるような感じがします。

粒は縦目ね。


マニアック卓球用具王国・アバロン


さてお待ちかね、ラバー側面(*^▽^*)

何てセクシーな紫色なんだ(笑)!

本気でエロいです、このラバー。

そもそも、ナゼなのか理由は分からないのですが…

郭躍本人はオレンジ色が好きと言ってたし。

ただ、とにかくこのには魅了されます!

絶妙な色合いなんですよ!

スポンジの色はともかくとして、ぷにぷにしてみるとあれれ?

いつものもちもち感とは違います。

スポンジは勿論凹むのですが、普通の弾力感というか、

腰のある感触です。

見た目には、ノーマルパープルスポンジと変わりありませんが…。


補助剤効いてるのかなあと思いつつ球突きしてみると、ビックリ!

天を突き破ります?(゚Д゚)!!!

ノーマルパープルスポンジから更に、弾みを上乗せしているという。

今までの己打底は「ブライス級」でしたが、

これは完全にブライスです(笑)。跳ねる跳ねる。

ここまで来たか藍鯨よ!恐れ入った!

しかも、ノーマルパープルスポンジと同じ39度の表示ですが、

明らかにこちらのが軟らかい。

食い込みが大きくなってるわけではないですが、

当たりがソフトで、とげとげしくないですね。

ううむ、驚いた!早く開封した価値があったわ(笑)!

史上最強の藍鯨を引っ提げ、早速試打してみましたよーーー!


基本打法をしてみると、うをををををををををを!!!!!!!

補助剤が効いているのか、どんな感じでもパキパキ入ります!

旧藍鯨や、ノーマルパープルスポンジさえも凌駕する、ミスのなさ。

特にドライブはヤバいわーこりゃw

スピードは勿論パワーアップしてます!

併し、弾みすぎてミスすることはありません、ラバーが勝手に入れてくれます(≡^∇^≡)

39度なのでスカスカ感はないし、それでいて軟らかい。

ダメだ、これはまさに素晴らしい弾力を持った女の乳だ(笑)。

カーボンラケットに貼ったにもかかわらず、硬さをあまり感じさせません。

楽に入れられる反面、マイルドすぎてクセ球があまり出ないのは気になりましたね。

とてもよく躾けられた、優等生みたいな感じ。

今までの暴れ馬とは違います。

弾みがよくなってる分、藍鯨の弱点だった自分で打たない時に止まりすぎるボールも、

非常に減少。

台上強打も更にやりやすくなってます≧(´▽`)≦!

中陣からのドライブでの盛り返しもお手の物。

ラリー戦に強い藍鯨ですね(b^-゜)!

逆に難しくなってる技術は、相手の回転を潰して返すカウンター。

軟らかく感じるので少し球持ちが長いかな?

あと、サービスとストップが弾む分少し球足が長くなり、浮く印象。

でも、些細なことです。弾まないラケットを使う人なら、関係ないでしょうからね

(僕はカーボンラケット)。

それにしても凄すぎる…こりゃあ、世界で勝てるわけだ(笑)。

このラバーを使えば、確実に強くなれます(°∀°)b !

まさしくラバーのおかげです(笑)。

一言でいえば、何でも入る。僕はへたっぴなのでミスもしますが、

上手い人が使えばおよそ、ミスが出るとは考えられません。


というわけで、これは郭躍ファンの方、世界2位になりたい方(笑)、

いい女をラバーで感じたい方におススメです(爆笑)vvv

そうでなければ、1万以上もかけて維持する意味ないですよん。

多分「国」藍鯨でも、それほど違いはないと思いますし。

僕は、このパープルスポンジに惚れたんです(///∇//)

東大クラスの学力で、それでいてスタイル抜群の生徒会長みたいな女を想像します(笑)。


05/18|海夫コメント(6)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
1 ■いいないいないいないいな
ハーァ
うらやましい…
さっさとテスト終わらせて卓球したいな?
From: ぽんた * 2009/05/18 16:51 * URL * [Edit] *  top↑
2 ■無題
藍鯨?と郭躍さんと、エロス。

ここに最高の組み合わせが揃いましたね。

欲しいけど、我、世界3億8千万位くらいですからね・・・
From: 第六天魔王 * 2009/05/18 23:42 * URL * [Edit] *  top↑
3 ■ア・リ・コ☆
>ぽんたさん☆

いいないいなといえばアリコ(かんけーないw)。僕も逆に、「国」藍鯨を持ってないので羨ましいですよ?。もう買うだけの財力がありませぬorz
テストはともかく、部活で沢山卓球出来るぽんたさんが羨ましいですー。大人になると、せいぜい週1しかできませんから、学生のうちの部活は熱心にやるのが1番です。
From: friendship729sp * 2009/05/20 02:37 * URL * [Edit] *  top↑
4 ■では、僕は5億位(苦笑)
>魔王さん☆

いやあ、世界の卓球人口、3億8千万人もいませんよ(笑)。中国でもせいぜい1億人くらいですし、他の国は日本も含め、中国の数分の1しかいないでしょうから。
日本はレジャー層合わせ、50万人くらいです。韓国などは、競技人口が4000人しかいません。

それを考えれば、魔王さんは元県トップクラスの実力も考慮して、余裕で10万位以内にいると思われます(笑)。1万位は難しいかも知れませんけどね…。
From: friendship729sp * 2009/05/20 02:43 * URL * [Edit] *  top↑
5 ■無題
いきなりですが、藍鯨?国家隊用や、己打底って日本で使うとまずいですよね?
ブースター塗ってる噂あるから…
検査されたら一発でアウトですよね?
From: イッシー * 2009/05/25 19:29 * URL * [Edit] *  top↑
6 ■ルール解釈
>イッシーさん☆

まず、僕は審判ではありませんのであくまで個人的な解釈として書きます。誤った判断をしている可能性がありますし、ルールの解釈は自己責任でお願いします。1番よいのはご自身でルールブックを紐解くことですね。

日本でダメなものは世界でもダメだと思うのですが、何か日本特有のローカルルールがあるのでしょうか?先日のアジアカップで、郭躍選手がこれと全く同じラバーを使用し、検査をパスし優勝しました。
現状のルールでは、「後加工の禁止」としてラバーを開封後、個人でブースターを塗布するなどの行為は禁止されています。工場での出荷段階における加工は、禁止に当たらないという見解があります。
ENEZによる検査は、健康を害するという理由で禁止した有機溶剤の検出であって、ブースターの検出目的ではありません。先ほども言いましたように、藍鯨は検査で溶剤は検出されません。
勿論ラバーの平坦性が失われれば失格ですが、それがブースターによるものとは限りません。接着剤をうまく塗れないとか、そういうものもあるかもしれないですしね。

「後加工の禁止」というルールについて、議論が交わされているのは事実で、ITTFが見直しを検討しています。ですが今のところは現状のままですし、藍鯨もITTFの公認取り下げは行われていません。
只今絶賛疑惑の真っ只中であるテナジーシリーズも、ブースターの塗布がささやかれていますが、いかんせん我々のアマチュアな判断では確実ではありません。他にも疑惑ののぼるラバーはありますし、それらに対して厳密にルールを適用するかは、大人の事情が絡んできます。藍鯨とテナジー、この2つがなくなったら世界中で大混乱が起きてしまうでしょうからね。

世の中に、完全にクリーンな世界というのは存在しないと思うのですが。勿論イッシーさんは、クリーンな用具を選んでプレイされているでしょうけれども。そうであることを期待しています。
僕はあまり細かいことは考えないので、藍鯨で問題ないと思っています。それどころか、ベビーオイルなんかを後加工している選手もいますしね。結局は用具うんぬんでなく、選手の能力によると思いますので僕は気にしません。
From: friendship729sp * 2009/05/26 15:22 * URL * [Edit] *  top↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

friendship729sp

Author:friendship729sp
性別:男性
誕生日:6月4日 8時頃
血液型:O型
お住まいの地域:愛知県







自己紹介:Yahoo!知恵袋卓球カテ元1位、「friendship729sp」のIDは当時使用していたラバー名が由来。
「天座澪一」は同人用HN。
アバロンはかつて存在していた自クラブで、旧アバロンウェブサイトは用具レビューの先駆けであった。
既に公式大会を引退、趣味で並行用具等を試す日々。
プレイスタイルはサービス主体(爆)の前陣ドライブ攻守型。
ヘッダーのおにゃのこはアバロンマスコットキャラ・七瀬巳優(みゆう)。

コンセプト:私は懐古厨でもレア好きでもない、変なものが好きなんだよwww
そこんとこ勘違いされませぬよーに( 一一)

傾向:ペンドラなので、概ね硬めの用具に対する評価が高め。
以前はスピード重視の傾向があったが、プラ以降はスピンを重視、弾みは二の次。

好きな選手(引退含む、順不同):韓陽、オヤマ、マツモト、金擇洙、キム・ソンヒ、王晧、松下大星、于沈童、楊影、劉国梁、田崎俊雄、グルッバ、小山ちれ、ハラホバ、郝帥、孔令輝、クランパ、ホーマン、邱貽可、馬文革、ビルト、李倩

使用ラケット:ロキ・赤炎中国式
使用ラバー:ティバー・エボリューションMX-S・黒・MAX
ヴィクタス・V01スティフ・赤・MAX


使用ラケット2:サンフレックス・サイクロプスSAT中国式
使用ラバー2:三維・T88-1・黒・39度・MAX
三剣・紅龍ブラックスポンジ・赤・MAX


※ご用のある方は、ブログテーマ「メールフォーム」からご連絡ください。








安心・安全・低価格
アバロン提携並行卓球ショップ
↓「卓球中国ラバー専門店MASAKI」↓

アバロン提携並行ショップ「卓球中国ラバー専門店MASAKI」


にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ
にほんブログ村



ブログパーツ
最新の記事一覧
ブックマーク
ブロとも申請フォーム
ブログテーマ一覧
ブログ内検索
アーカイブ