上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
同人の祭典、コミケまであと3か月。
僕もそろそろ本の制作に入らないといけませんね?。
といっても、こんな精神状態では思うようにはかどらず、
せいぜい10P前後のペラ本になりそうですが(><;)
でも、エロですぜエロ(笑)。
うーん、折角東京に行くのですから、
こちらで親交のある方もどなたか、来てくださると嬉しいですけどねw
もし来てくださるのでしたら、それこそ卓球のラケット持っていきますよ(笑)。
何故か同人の祭典で、卓球用具の話に花が咲く(´∀`)

そんなわけで、今回は僕がコミケでサークル参加する、
テクモのホラーゲーム「零」シリーズを、
テーマソングを軸としてご紹介しましょう。
残念ながら1作目はテーマソングがないのですが、
2作目の「零?紅い蝶?」から、
ちょーマニアなミュージシャン、天野月子さんが参加しています。
知る人ぞ知るというか、逆にこの零シリーズでつっこさんを知ってハマる人続出!
メジャー系にはない、独創的でソウルフルな歌声に魅了されるのです。
かくいう僕もその1人で、紅い蝶で使われたテーマソング「蝶」は、
3万回も聴いたという熱愛ぶり(///∇//)
間違いなく世界記録です(爆笑)。



※かなりキツいシーンがあるので、精神的打撃は保障出来かねます(→o←)ゞ

紅い蝶のノーマルエンディング。
散々怖い思いをしてラストまで来た挙句、
呪われた村の忌まわしき儀式に飲み込まれてしまう運命(爆)。
ハッキリ言って、心が壊れますた…(x_x;)
澪たんは可愛いが、運命は残酷だorz
ここで流れるつっこさんの「蝶」と相まって、ホントに涙する人が続出!

おねいちゅわーーーーーーーーーーーーん。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

それにしてもバタフライロゴがよく飛ぶなあ(笑)。
まあ、「蝶」を聴いてくださいよ。
これを聴いて、何も感じない人はいないんじゃないのか。
歌詞の意味が分からなくても(笑)、魂の叫びが伝わるはずですから。
このつっこさん、零シリーズをプロデュースしているテクモの柴田氏という人が、
特に気に入って起用したとのこと。
柴田氏は霊感があって幽霊が見えるらしく(笑)、
零シリーズは全て柴田氏が夢で見た世界を具現化したものなのですが(爆)、
つっこさんの魅力もその霊的な感性に共感するものがあるのでしょう。

結局救われないという、ホラーの王道に反旗を翻すのであれば(笑)、
こちらの救われちゃうエンディングで心を癒しましょう(*⌒∇⌒*)

http://www.youtube.com/watch?v=mmxl7zyrqj0&feature=related

僕はこちらのが好きですね?v
随分あとで収録したのか、澪の声が本編とビミョーに似てない…
神田さん、ご苦労様です(;^_^A
衝撃的なノーマルエンドもさることながら、
こちらはこちらで「蝶」との相性も良いと思うんですけどね。
但し、歌詞の意味が合わなくなってくる(苦笑)。

ええ、僕が描くのは、この主人公澪たんのえっちな本(#⌒∇⌒#)ゞ
絵を描く才能があってよかった????(≧▽≦)
勿論、卓球仲間の方でも購入可ですよ(爆笑)!
18歳未満のお子ちゃまは不可ですが!!!!!!!!!!
カンケーないけど、時々澪たんの顔が、福原愛に見える時がある(笑)。
妙に似てるような、似てないような…(似てないと言ってほしい!)。

本では描きませんが、
零シリーズの3作目が、「零?刺青の聲」。
大切な人の死により、心に傷を負った人たちが夢で幻の屋敷に引きずり込まれ、
消滅していくというストーリー。
前作の澪たんも引きずり込まれ(号泣)、
今作の主人公、ボディコン(死語)怜タソもやがて屋敷に誘われていく…。
因みに、その屋敷は岩手の遠野にある伝承をモチーフにしてますo(^▽^)o
だから「オシラサマ」とか出てきますよんw

今度はゲームはどーでもよいので、
つっこさんのPVで堪能してくだされ。



歌詞の内容がハッキリ言って異常(@Д@;
「声帯を取り上げて」とか、フツーあり得んだろ!!
そしてまんまネタバレ(笑)。ゲームやった人なら分かります。
だけど泣けるのだ、これが!
「蝶」よりも少し大人の、ビター風味。
人の「死」を身近に感じるのは、やはり大人になってからのが多いですもんね。
それを分かるのは大人しかいない。

因みに僕は、マニアなのでこのPVでつっこさんのボディペイントを担当している、
「ぺんぺん画」という方にオリジナルの「蝶」ペイントジーンズを特注しました(笑)。
それが下の画像でっすw

マニアック卓球用具王国・アバロン

零でも相変わらずのマニアぶりを発揮してますですヽ(゚◇゚ )ノ

4作目となる「零?月蝕の仮面」では、
ゲーム自体が大人の事情絡みすぎで、
あまりにも完成度が低く駄作と言っていい作品です;
実際、僕もプレイしてません。
Wiiだからハード持ってないのもあるし(苦笑)。
肝心のつっこさんも、継続起用となったものの、
自分のプロデューサーである戸倉氏が筋神経の病気で活動がままならず、
また所属先のポニーキャニオンとも色々な事情があり、
離脱となって戸倉氏の運営するインディーズレーベル「音倉レコード」で再出発。
そして月蝕での「ゼロの調律」が最後のビッグタイトルになりました・°・(ノД`)・°・



ゲーム中で使われるのは日本語版ですが、
ゼロの調律は英語版のがカッコいいので、敢えてこちらで(笑)。
歌詞の内容は、「私の記憶がなくなっても私の名前を呼んで」ということです。
月蝕は「記憶」がテーマだから。
ゲーム映像を交えた動画ですが、やっぱWiiの画質ってショボいよなあ?;
PS2や初代Xboxにも劣ると思うぞ。
処理落ちやスローも激しく、折角のホラーが形無しです…orz
PS3で出してれば名作になったのにな…
任天堂の資金援助が必要だったとか、Wiiリモコンなどというオモチャに大の大人が振り回されたとか、
そういうシケた事情でショボくなったのが泣けます(ノω・、)
ホラーって第一に、ビジュアルが大事ですよね?
それを考えればPS3か、腐っても360で出してほしかった…。
まあ一応、テクモらしい乳揺れと海咲のルイージコス、
流歌のサムスコスは変態の極みでしたね(笑)!

…で、つっこさんは引退し、
今はブログを細々と続けながら音楽業界の裏方に回ってるとのこと。
零の続編が出たら、誰が歌やるんですか!
零のときだけ復帰してくださいよーーーー><!!
うおおお、今からでも遅くないから、
零シリーズをプレイして皆様、コミケに来てくだされ(笑)!
これからの暑い季節には、納涼でホラーがぴったりですよん☆
いやあもうホントに、興奮出来るえち本描くんでvvvVVV
05/21|ブログコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

friendship729sp

Author:friendship729sp
性別:男性
誕生日:6月4日 8時頃
血液型:O型
お住まいの地域:愛知県







自己紹介:Yahoo!知恵袋卓球カテ元1位、「friendship729sp」のIDは当時使用していたラバー名が由来。
「天座澪一」は同人用HN。
アバロンはかつて存在していた自クラブで、旧アバロンウェブサイトは用具レビューの先駆けであった。
既に公式大会を引退、趣味で並行用具等を試す日々。
プレイスタイルはサービス主体(爆)の前陣ドライブ攻守型。
ヘッダーのおにゃのこはアバロンマスコットキャラ・七瀬巳優(みゆう)。

コンセプト:私は懐古厨でもレア好きでもない、変なものが好きなんだよwww
そこんとこ勘違いされませぬよーに( 一一)

傾向:ペンドラなので、概ね硬めの用具に対する評価が高め。
以前はスピード重視の傾向があったが、プラ以降はスピンを重視、弾みは二の次。

好きな選手(引退含む、順不同):韓陽、オヤマ、マツモト、金擇洙、キム・ソンヒ、王晧、松下大星、于沈童、楊影、劉国梁、田崎俊雄、グルッバ、小山ちれ、ハラホバ、郝帥、孔令輝、クランパ、ホーマン、邱貽可、馬文革、ビルト、李倩

使用ラケット:スターウッド・ティアナプリンスナノ+3中国式
タットル・サウスポール・黒・38度・MAX
KTL・新レッドダイアモンド・赤・MAX


使用ラケット2:スターウッド・ルイス55中国式
使用ラバー2:タットル・55A・黒・38度・MAX
デアウインド・レイヘ・赤・45度・MAX



※ご用のある方は、ブログテーマ「メールフォーム」からご連絡ください。








安心・安全・低価格
アバロン提携並行卓球ショップ
↓「卓球中国ラバー専門店MASAKI」↓

アバロン提携並行ショップ「卓球中国ラバー専門店MASAKI」


にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ
にほんブログ村



ブログパーツ
最新の記事一覧
ブックマーク
ブロとも申請フォーム
ブログテーマ一覧
ブログ内検索
アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。