「ターレス…やっと来てくれた…やっと、来てくれた…」

「ひとつに、なれる…必ず来てくれると思ってた…」

「ずっと、ずっと待ってたんだよ…儀式を、しよう」

何の儀式をするんですかーーーーーーーーー(((( ;°Д°))))!!
元ネタはこちらwww



中学の頃友人に譲ってもらい、
そのうち上板をダメにしてしまい捨ててしまった、
思い出のラケット、ターレスCO。
ちょっとハードな打球感や、今にはない独特の形状を保つコニックグリップで、
ずっと忘れられずにいました。
ターレスを失ってから、18年くらい経ったのだろうか。
思わぬ形で再会したターレスCO。
いきさつは先日書いたのでここでは書きませんが、
同じターレスでもFLじゃダメなんです。
FLとCOでは、グリップだけでなくブレード形状が全く違います。
僕でなければ見分けられなかったであろう、かつての恋人の姿(爆)。
長い間待ち続けた甲斐がありましたね。
八重と紗重は死後40年も待ち続けましたがw

注:意味が分からない人は「零?紅い蝶?」をプレイしてください(;^ω^A

念願かなってひとつになった、僕とターレス(何かえろいw)。
ラケットの感触を忘れられなかっただけに、
初恋どころか初体験の味を思い出したようなものですね(#⌒∇⌒#)ゞ

マニアック卓球用具王国・アバロン

これが伝説の(?)、ターレスCO。
まさに、地味で幼さが残るJCのような外見(笑)?
JC大好きな僕にはたまらないんですがwwwwwww
だけどこのコニックの形状はたまらない形のよさ、
気持ちよさがあるのですvvv
僕、ペンなのにシェイクに惚れるなんて滅多にないですよ。
梅村やレッドシャンクのCOは細くて、全然フィットしないのです。
ターレスのCOは、幅が広くて平べったい。
これがホントに素晴らしいんですよね!
ただ、ニス加工は滑るので勘弁してほしい…orz
本当はラケット名のデカールがついていたのですが、
経年により剥がれてしまったようです。

マニアック卓球用具王国・アバロン

ターレスを知らない人からすれば、
一見、プリモラッツにも見える外観。
併し、ターレスCOの最もな特徴である、エラの短さや、
少しグリップ真ん中のラインが太かったりニス塗りだったり、
上板がヒノキだったり。
昔懐かしいラケット構成であるといえますね。
特にエラは6.5cmしかありません。
最近のデカロゴラバーじゃあ、ハッキリ言ってロゴが切れてしまいます;
ラバーを貼って球突きしてみると、ポコンポコンという打球感が…(*^.^*)
少しだけハードで、あまり弾まず、昔ながらの感触。
懐かしいなあ、自分の力で打っていくタイプのラケット。
38mm時代にはそれが当たり前だったのですが。

試打には、中国ラバーと表ソフトを貼って使ってみました。
やっぱりというか、あまり弾みませんね。
といっても飛びが抑制されてしまうような感覚ではなく、
自分で打てば結構スピードも出せますし、現在で言えばミッドくらいの感覚です。
あ?、何より、独特のCOグリップが持ちやすくて最高です(=⌒▽⌒=)
特に、バックが手首を固定して打てるグリップになって、
表ソフトのハーフボレーやブロックが凄くやりやすい。
フォアも、面を立ててカチーンという音を立てながら中国ラバーで、
ドライブ連打するのに向いてますね!
フォア、バックともにあんまり、面を寝かせて打つタイプのグリップではないかと。
少しハードですが上板のヒノキの感触でソフトさも感じられ、
バック面は食い込ませながらブロックが安定してできます。
表ソフトのハーフボレーが効かなければ、
ドライブを多用してもいけるんじゃないでしょうか(笑)。
表ソフトでもドライブが容易にできるソフト感があります!
ここら辺、ヒノキさまさまですな(o^-')b
手首をむやみに使いすぎないグリップのおかげで、
台上処理も非常にやりやすく、
フリックからの前陣速攻連打に適したラケットだと思いますp(^-^)q
38mm時代には、この弾みでホントに十分だったんだよな?。
カーボンラケットみたいな、ハイリスク快速速攻とは違いますが、
テクニシャンが多様な技と安定性を駆使しながら、
長いラリーを支配する戦い方になるかと。
力のない人にも扱いやすいですしね。
何十年ものロングセラーになったバランスの良さと、
唯一無二のグリップ、ブレード設計は何物にも代えがたいものがあります!

今、バタフライが売ってるロングセラーといえばサイプレス、
カトラス、日中号スーパーくらいですか。だいぶ変わったなあ…。
新しいラケットもいいですが、たまにはそれらにもスポットを当ててやってみてくださいよ。
もしかすると何十年かあとに、それを持っていたら懐かしがられるかも知れません(笑)。
06/21|バタフライコメント(4)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
1 ■無題
ちょっと懐かしくて、画像を見入っちゃいました。
懐かしいですね。
周りのペンドラの奴等は、ほとんどサイプレスがトレンドだったような事も思い出したり。

思い出させてくれて、ありがとうございます。
From: 第六天魔王 * 2009/06/21 12:46 * URL * [Edit] *  top↑
2 ■僕も懐かしいです
>魔王さん☆

いつかお会いしたときには、魔王さんに使っていただけるといいですね☆勿論、折らないでいただきたいですが(苦笑)。折っちゃったら蒼さんに怒られちゃう(><;)
僕も一時期、サイプレス使ってましたよ。今ほどダーカーが有名ではないので、ネームバリューでサイプレスか、TSPの大和なんかが多かったですね。
From: friendship729sp * 2009/06/22 00:14 * URL * [Edit] *  top↑
3 ■無題
確かに!あのグリップは手首が無駄に動かないですね
ポコンポコンした打球感は再開当初古くなったせいかと勘違いするほどでしたが;
でもいいラケットでした。うん。
From: 蒼 * 2009/06/26 02:37 * URL * [Edit] *  top↑
4 ■不朽の名作
>蒼さん☆

僕はターレスをそう思ってます♪使いやすくて、握りやすいグリップ。現代にアップデートして復活しませんかね(笑)?
形状はそのままに、グリップのデザインを変えニスをなくし(笑)、もう少し弾む合板に変えると。
ホント、譲っていただいてありがとうございます。
From: friendship729sp * 2009/06/28 22:39 * URL * [Edit] *  top↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール

friendship729sp

Author:friendship729sp
性別:男性
誕生日:6月4日 8時頃
血液型:O型
お住まいの地域:愛知県







自己紹介:Yahoo!知恵袋卓球カテ元1位、「friendship729sp」のIDは当時使用していたラバー名が由来。
「天座澪一」は同人用HN。
アバロンはかつて存在していた自クラブで、旧アバロンウェブサイトは用具レビューの先駆けであった。
既に公式大会を引退、趣味で並行用具等を試す日々。
プレイスタイルはサービス主体(爆)の前陣ドライブ攻守型。
ヘッダーのおにゃのこはアバロンマスコットキャラ・七瀬巳優(みゆう)。

コンセプト:私は懐古厨でもレア好きでもない、変なものが好きなんだよwww
そこんとこ勘違いされませぬよーに( 一一)

傾向:ペンドラなので、概ね硬めの用具に対する評価が高め。
以前はスピード重視の傾向があったが、プラ以降はスピンを重視、弾みは二の次。

好きな選手(引退含む、順不同):韓陽、オヤマ、マツモト、金擇洙、キム・ソンヒ、王晧、松下大星、于沈童、楊影、劉国梁、田崎俊雄、グルッバ、小山ちれ、ハラホバ、郝帥、孔令輝、クランパ、ホーマン、邱貽可、馬文革、ビルト、李倩

使用ラケット:ロキ・赤炎中国式
使用ラバー:ティバー・エボリューションMX-S・黒・MAX
ヴィクタス・V01スティフ・赤・MAX


使用ラケット2:サンフレックス・サイクロプスSAT中国式
使用ラバー2:三維・T88-1・黒・39度・MAX
三剣・紅龍ブラックスポンジ・赤・MAX


※ご用のある方は、ブログテーマ「メールフォーム」からご連絡ください。








安心・安全・低価格
アバロン提携並行卓球ショップ
↓「卓球中国ラバー専門店MASAKI」↓

アバロン提携並行ショップ「卓球中国ラバー専門店MASAKI」


にほんブログ村 その他スポーツブログ 卓球へ
にほんブログ村



ブログパーツ
最新の記事一覧
ブックマーク
ブロとも申請フォーム
ブログテーマ一覧
ブログ内検索
アーカイブ